■八重山日記〜最終話 

August 02 [Sat], 2008, 23:28
羽田空港のロビーに座り、皆を待っていると、行く時から既に、リュックがパンパンのC氏が現れ、リュックを新しく買ったG氏が現れ、クロックスを履いたM氏が現れる。
石垣に降り立ち、沖縄特有のどんよりとして、じめっとした暑い空気に触れ、鼻からお腹いっぱいにその空気を吸い込んだ時、僕等は確かに沖縄にいた事を実感したんだ。
たった3日前・・・。

誰もいない砂利道を自転車でがたがたと揺られ、ジャングルのような道をかき分け出てきた、黒島の海。
大の大人4人で、全く上手く投げれないフリスビーを、ただひたすらに投げ続けたあの日。
夜の仲間川をひたすらに見つめ続け、夜明けを待つ4人。

なんでもないような 事が幸せだったと思う。

■八重山日記〜4日目A 

July 29 [Tue], 2008, 12:33
さて、13時ぐらいだったでしょうか。
無事に石垣港へ到着。
ちゃんSEAが待っててくれました。

まずは飯!って事で、去年もいった食堂きみへ。
ここは、味噌のそばが食べれる所っすね。
久々に食べて、美味かった!

さ、ここからは、土産大会です。

■八重山日記〜4日目@ 

July 28 [Mon], 2008, 2:08
いよいよ最終日の朝を迎えました。

7時半朝ごはんだったのですが、隣部屋の二人が起きてこない・・・。
ベランダづたいに見に行くと、爆睡・・・。
ベランダのドアを必死に叩いて、起床。

ご飯に行くと、急激な日焼けで真っ赤になってる若い女性が一人で食事中。
客は、僕等と彼女だけです。

今日は、由布島へ行って、石垣戻って、、、帰国です。悲しい・・・。

■八重山日記〜3日目D 

July 24 [Thu], 2008, 2:42
さぁ、カヤックで帰ります。ワシ見たいっす。
どうやら、あそこに3人ぐらい立ち止まって見てるポイントがあるから、あそこにいるんだな!
おどき!

って事で、ゆっくりと近づくと・・・。
いた!これがカンムリワシ!?
へ、へぇ〜・・・。

ガイドさんは、「子供ですね。」と。
けど、絶滅危惧種。そう会えるもんじゃない。

■八重山日記〜3日目C 

July 22 [Tue], 2008, 1:56
ご無沙汰です。残りも後僅かっす。もう少しお付き合いを。
ちなみに、自分は8月1ヶ月丸々出張になりそうな気配であります。
辛い時は、この沖縄日記読んで、勝手に笑っていたいと思います。

って事で、滝ポイントに着いた我等4人。
一度、カヤックを降ります。
そこから、トレッキングで滝が落ちるポイントまで歩きます。
このトレッキングが、滑るし危ない!って事で、わざわざコンバースのスニーカーを買ってきたC氏。
ようやく使えるね!

■八重山日記〜3日目B 

July 16 [Wed], 2008, 12:36
先日皆さんで飲んで沖縄話して、相当満足してしまいましたが、終わりまで頑張ります。

シュノーケルツアーも無事に終わり、上原港へ到着。
どうやら女子陣は、午後もシュノーケルのようでしたので、僕等だけが降ろされる。
しかし、「すみません、午前中で相当疲れちゃったので、午後はなしでいいです。」
と女性陣。
そう、普通なら過酷なツアーなんですよ。僕等はこれから、更に過酷なカヤックとトレッキングですからね。

って事で、車を乗り換え、いざカヤックポイントへ向かいます!

■八重山日記〜3日目A 

July 10 [Thu], 2008, 2:33
バラスを後にしたラブシップ。というか、女性陣は、爆睡です。
見えた鳩間島!
と思いきや、手前で船が止まる。

「馬場ちゃん!ここでそのイカリ下ろして!」
相変わらず、コキ使われる馬場ちゃん。
船長が若干イカリポイントを直して、「よし、OK!」
どうやら、第2のシュノーケルの場所のようです。

「くれぐれも、絶対に珊瑚は踏まないようにね!大切なものだから!」
エコな船長が、口をすっぱくして僕等に言います。確かに凄いっす、珊瑚。

じゃ、第2シュノーケルに行くぜー!

■八重山日記〜3日目@ 

July 09 [Wed], 2008, 2:23
長かった2日目を終え、3日目は、朝7時起床。朝ごはん付です。
早々に支度を済ませ、9時にシュノーケル&カヤックを申し込んだツアーの場所へ集合です。
レンタカーに乗り込み、MusicはもちろんC氏の用意したTM。
西表島でTM聞いてたのは、この日我々だけでしょう。
運転はG氏、助手席にはM氏、後部座席にC氏と自分。
TMが掛かって盛り上がるのは、後部座席のみ。
西表島でGift for Fanks。TMサイコー

って事で、明るくなった西表は、まさにジャングルでした。
空が広い!
「イリオモテヤマネコ注意!」の看板が多い!いよいよ、見れるか。

昨日通った道には、やはり色々車で踏まれてしまったカニやらヘビが・・・。
僕等なのでしょうか・・・?
それを食べに来る鳥達。うまく出来てます。

■八重山日記〜2日目E 

July 07 [Mon], 2008, 2:54
レンタカーを手配し、M氏運転のもと、いざ上原地区を目指し、西表島の夜道をかっ飛ばす4人。

道の看板には、至る所
「イリオモテヤマネコ注意!」
「出るよ!ヤマネコ!」
等々の文字が躍ります。

こりゃ、幻の生物、イリオモテヤマネコを見れちゃうかも!
これこそ、最大のサプライズ!
野良猫いたって、ヤマネコだって言い張りますけどね。

街頭すら一切ない夜道をひた走ります。

■八重山日記〜2日目D 

July 04 [Fri], 2008, 13:17
しかし、2日目が長いですね。。仕方ないんですよ、2日目は色々あり過ぎでした。

石垣空港に到着し、タクシーで再び港へ。
何とか、港まで戻って来れました。
ロッカーに入れてある荷物を取りつつ、チケッツカウンターで払い戻し。

飛行機にまで乗って戻ってきて、西表島に行けないんじゃ、意味がない!
欠航してないだろうか・・・。不安がよぎります。

この八重山諸島は、、、島と島の移動は、ほぼ全て石垣からなんですよね・・・。
波照間と西表なんて、正直お隣さんなのに、一度石垣に戻らないといけない。
これが、ちょっと大変であったりもします。
西表に行けるのか、ごめんねボディーズ!