お久しぶり!そして、合併実現!! 

June 26 [Mon], 2006, 22:12
 6月23日、第366回城山町議会定例会が閉会しました。この定例会は、城山町の歴史に残る定例会です。「相模原市及び津久井郡城山町の廃置分合」議案が賛成多数で可決されたからです。私は、モチ、万感の思いを込めて、賛成討論しましたよ。
 「2年前のちょうど今頃、相模原市との合併を望む多くの町民の皆様のお力をいただいて、私は、議会にお送りをいただきました。就任直後、初心を忘れぬよう、その時の気持ちを書き留めました。『合併推進は未来を守るための無血の戦いだ。時代にそぐわなくなった行財政や議会を変えるための無血の戦いだ。小さな町の地方議員ではあるが、明治維新から続く中央集権国家を地方分権国家に変えていく・・・その一翼を担う意気込みで、初心を忘れず、挑戦を恐れず、力の限りがんばりたい。』
 先輩議員の皆様、合併を望む多くの町民の皆さまとともに戦い、手を携えて、今日この日を迎えることができました。何よりも、傍聴席の皆様のご努力に、心からの敬意を表させていただきます。合併推進が公約である私にとって、まさに、今日この日のために議会にお送りいただいたと言っても過言ではありません。
 『さがみはら都市経営ビジョン』や『パートナーシップによるまちづくり』・・・中核市である相模原市の高度で多様な行政サービス、数々の先進事業、やがては県と同等の権限を有する政令指定都市をめざして、相模原・津久井地域の未来に、すばらしい可能性が見えて参ります。来年3月11日からは、私たちも、新相模原市の一員として、新たなまちづくりのスタートラインに立ちます。故ケネディ大統領の就任演説ではございませんが、『新たなる相模原市は、市が市民に対して何をしてくれるかではなくて、市民が市に対して何ができるか、それによって新しい相模原市が誕生する。』
 今ここに、私は、自信と誇りと責任を持って、議案第51号『相模原市及び津久井郡城山町の廃置分合について』ともに戦った多くの町民の皆様の思いを込めて、賛成をさせていただきます。」
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:atukosiroyama
読者になる
Yapme!一覧
読者になる