新入り加入 

December 04 [Sun], 2005, 22:31
昨晩は朝方4時過ぎまでゆらゆら帝国「ミーとカー」のフレーズをギターでなぞった。この時間帯にこのフレーズ、もはやドラッグです。

実は昨日の夕方頃バンドで入ったスタジオが気持ちよかったせいか、家に帰った後もそのままギターを引き続けることに。

散々弾いた挙句、「小さい音ではダメだ」と思い、横浜のスタジオを予約して家を出たのが朝7時。いつもの出勤時間より早くに出掛けるオレは若いか。

最近イケてるネタフレーズをやってみる。無音のスタジオにソリッドなギターサウンドが突き刺さる。チョー爆音。目覚め。次のフレーズが面白いように出てくる。何を弾いてもカッコイイ。格好がつく。MDに落とす。さらに新しいフレーズが浮かぶ。またMDに落とす。そしてあっという間に時間切れ。

10時、イシバシ楽器に到着。いつものコースになってきた。ギターのドライブ不足を相談。エフェクターを5、6っこ試してみる。結果、灯台下暗し。BOSSのディストーション(オレンジ)が仲間入りすることに。

午後帰宅して早速MDを再生してみると、LP NOT MUSIC の表示。どうやらMDLPモードで録音されてしまい、うちの古いMDデッキが対応していないらしい。しょうがないから、またギターを弾くことに。

Maria Rita 

December 01 [Thu], 2005, 1:25
ボサノバシンガーというと癒し系というイメージがあるせいか、そこそこ音程が合っていて体裁がととのっていれば心地よく聴こえてしまうんだけど、いやしかし、この人はそんなことをぬきに歌がうまいね。表面的でなく、しっかり声の芯が伝わってくる。

フレーズのセンスを魅力にしている人は多くて、自分はまだまだだけど、あえて言うならばそういう人間だと思っているんだけど、この人は歌がうまいことが魅力。でも8オクターブ出るマライヤや音の階段をパーフェクトに移動する吉田美和のような正直こちらが少し満腹になりすぎてしまう音楽でないところがまたいい。まぁSegundoが出たところと言えば、一番スピードにのっている頃。その後はキープするだけでも大変なのだろうけど、実際は。さぁ走っとくれ。応援するよ。

前田 

December 01 [Thu], 2005, 1:20
今年も慶応の銀杏並木が見事に色づいた
去年は紅葉→雨→風であっという間だったけど
今年は長く見れそう

うむーそれにしてもきれいだ
都市部では絵画館の次に綺麗だと思うな

Antonio Carion 

November 29 [Tue], 2005, 1:14

Sevillaで会ったAkiraさんが師匠をつれて帰国し、高円寺で公演
AntonioのBuleriasは目が覚めた
今度スペインに行ったときは弟子入りさせてもらうよ
Akiraさんちょっと写真がぶれちゃって残念
これからもギター応援してます

第2のフルサト 

October 19 [Wed], 2005, 22:29

立山黒部アルペンルート

週末に行ってきました
もうかれこれ4回目
雪の壁がそびえる春に1回、夏に2回、そして今回初の紅葉シーズン
久々にどでかい景色を見て
心洗われたぁああー

師事 

September 19 [Mon], 2005, 0:57
フラメンコギターを弾けるようになりたいと思ってもうかれこれ何年経ったのだろうか。あのかき鳴らす熱い音楽をオレもやりたいと思ってから。
しかし、ロックのように耳コピしてみても、どう弾いているのかさっぱり分からない。曲の構成もよく分からない。だからみんな人に習うのか?
チクショー。金払うのはシャクだが最初だけは仕方ないのか。。
インタネットで調べてみると、家から歩いて10分のところに自宅で教室を開いている人がいる。早速見学に行ってみると、先生はすげーおじいちゃん。
この人ダイジョーブ?
名前は伊藤日出夫先生。

なにやらスゴイ人らしい。
レッスン料もやたら高い。

しかしそれ以上の引き出しを持っていそうだ。
やってみるか。迷い中。
現在6:4でやる方に傾いてる。

Giant Step 

September 07 [Wed], 2005, 0:54

久々のブログ

やはりライブレポートは載せないとね
しかも自分達の


少しずつ少しずつ成長しているとは思っていたけど、それって結構つらいこと。地道で

でもそこからぽーんと抜け出たときって嬉しいもんだね

いやいや、お客さんに持ち上げてもらったから飛べたとは思うよ




でも離陸前のスピードの上げ方や、地面の蹴り方
少し分かった気がする

ところで、写真がスゲーイケテル。。
プロ雇った覚えないんだけどなぁ。。 


いろんな音楽があるんだねぇ 

May 30 [Mon], 2005, 23:04
今日は久々の大雨。。
傘が嫌いなので多少の雨ならぬれて帰るところだけど、さすがに今日はそういうわけにも行かず、バスに揺られました。

対照的に、気持ちよく晴れたのが先週土曜。昼過ぎから張り切ってライブハウスをハシゴ。しょっぱな、恵比寿タワーカフェのインストアイベント、「Caravan」ゆるくてよかったです。ジャム系・サーファー系なので、そこに迫力とか、テクニックなんてものはなく、あるのは心地よさ。プレイヤーとリスナーの境界線を感じさせないゆるい空気。これでいいの?いいのか。うん。いいんだ。と思ってしまった。笑 


(近いところでは、KEISONのニューアルバム「BOTTLE」、こいつもかなりイケます。)




その後、渋谷まで散歩。機材を持たないで歩くのはすごく楽ちん。知らない道ばかり選んではゆっくり目的地まで近づいて行きます。

夜は以前に書いたSaigenji & Sanseverino@クワトロ。
どっちもすごくよかったけど、昨日寝不足なので、今日はもう、ハヤバヤねます。おやすみなさいzzZ

SEX DRUG FLAMENCO? 

May 25 [Wed], 2005, 23:12
フラメンコギタリストVicente Amigoさんのライブに行ってきました。
かなりのイケメン。写真はジョニーデップみたいだけど、実際はもうちょっと上品。ギターテクニックは十二分。うますぎです。でも7月に見る予定のパコとどっちがうまいのか?すごいのか?期待倍増。

今日のライブは、リズム隊にベース、カホン、ジャンベ、シンバルと勿論フラメンコなので普通にパルマも。このリズム隊のお陰で会場の温度が上昇。
面白かったのがピアノ。これが入ると途端にコンテンポラリー色が強くなって、すごくおしゃれ。とは言え、ジャズのように気取ってやるような感じはなく、ギターのラスゲアードとしゃがれ声のカンテ、見え隠れするTraditionalなメロディラインをもって、確実にフラメンコだと言い切る説得力を感じる。

いつものことだけど、フラメンコはコンパス(拍子)が一定でなく複雑なので、自分の予想より1拍早くキメが来たりする。スノーボードで思うように板に乗れてない状態。ここはひとつ勉強して気持ちよく乗れるようにしよう。

いやしかし、深かった。
元々民族臭い閉鎖的な音楽。それを際立たせるリズム。そこに斬新なピアノのメロディ。混ざり合って出てくる音のグルーブを感じつつも、完単に理解できない音楽の深さを感じた。同時に、これ、のめりこんでわかるようになってきたら、たまんないかもよ!?
↓オフィシャルサイト/VideoClip見れます
http://www.vicente-amigo.com/castellano.htm

ブーチャン 

May 24 [Tue], 2005, 23:32
ブーゲンビリアのブーチャンです。
うちに来てまる一年。今年も綺麗に咲き始めました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:atsupesca
読者になる
Yapme!一覧
読者になる