kinkan

July 29 [Wed], 2009, 15:56
キンカンを足に塗りたくる。
乾燥なのかなんなのか、とにかくかゆいのだ。

今、遠藤周作の「私のイエス」というのを読んでいる。
古本屋で薄汚れて絶対に誰にも買われないだろうと思われるその本、100円だった。
前の持ち主が引いたと思われる、ところどころの傍線が、またいい味だしちゃってる。

買うかどうか少しの間、悩んだけれど、この本に次に出会うことはもう2度とないと思い、
マイケルギルモア「心臓を貫かれて」(村上春樹 訳)とともに買った。

遠藤周作は10代の頃、「海と毒薬」を読んで以来好きで、「沈黙」「黄色い人」などを読んだ。
だけども海と毒薬以外はとても難しい本で、今となっては内容はおぼろげだ。

ただ、遠藤周作がクリスチャンであるということを知っていたし、沈黙のあの重苦しい救いの無い冒頭部分
を憶えていて、
古本屋で「私のイエス(日本人のための聖書入門)」というタイトルを見て、
読みたいなぁ。と思った。

今、3分の2くらい読み終わって、今まで全然意味の分からなかったことが分かってきて、
なるほど納得。
イエスが生きた土地の政治状況(そんなの今まで興味も無かった)、
ユダの裏切り、って聞いたことあるけどどういう出来事なのかであるとか、洗者ヨハネって何者なのか、
とか、ホテルでなにげに聖書を開いたときにでてくる
「マタイ伝」のマタイって何?であるとか「伝」ってなによ?とか・・・
私はそういう基本的なことも知らなかったので、遠藤周作が分かりやすく教えてくれたおかげで常識人に近づいたかも!
それから、イエスが処刑後に「復活」した、その復活を、遠藤周作なりの解釈で解説してくれて、
「復活」なんてうそくさい、(バタ臭い!?)という気持ちが、人間の感情の色を帯びて生々しく感じられて、
本当に読んでよかった。
っていうか、まだ読み終わってないけど、やっぱり遠藤周作好きだー。
もう一度、「沈黙」「白い人」「黄色い人」、トライしてみようかな・・・
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:二槽式洗濯機
  • アイコン画像 誕生日:10月17日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:岩手県
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-全般
    ・読書-純文学
    ・ガーデニング-観葉植物
読者になる
このブログは私の日記にしようかな
2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる