敗血症

June 25 [Tue], 2013, 22:22
オットl oバウアーを本当にチェコスロヴァキア国境ま
で運んだことはないのですか?
「事件が起こったときから、私の車の運転手は一度近所に
行っただけで、他にどこにも行ったことはありません」
運転手も喚問されて追及されたが、アリバイがあり、当
局側は彼女がチェコスロヴアキア国境まで一緒に逃亡を手
伝ったことは確認できない。
最後にオットー・パウアーと会ったのはいつだったので
すか?
「一九三〇年に敗血症を患って以来、党の指導者のどなた
にもお会いしてません」
苦しまぎれのいいのがれだが、実際はよく会っていたの
である。いいのがれが見抜かれやしないかと気になり、い
つも心臓の鼓動が高なっていた。ペツネックのために差し
入れを持ってくるという心の支えがあったので、連日のき
びしい取調べには呼び出し通りに来たものの、綱渡りのハ
第二十一章 子供たちの離反
ラハラした闘いは、いつ果てるともなく続いた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:もうすぐママ
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/atsfuw3g/index1_0.rdf