ボス(BOSS)でちな子

November 08 [Wed], 2017, 16:14
看護師が転職しようとする理由には人によって異なる着眼点があります。


例えば、最先端医療や高度な医療技術のマスターと場数を多く踏むために、より専門的な病院に転職したいといったケースもあるはずです。別の例としては、結婚して、出産などの家庭の事情によって転職せざるを得ないケースもよくあります。



ほとんどの看護師にとって、仕事が楽な病棟としては、採血室が知られています。透析、採血、献血などの限られた業務のみを行う科といえます。
献血センターもこれに該当します。


基本、同じ作業の反復で採血の技術も上がりますし、人の命を左右するような仕事もほとんどないです。



どの科でも採血を必要とするケースが多いので、どの科に替わっても助けになります。



立場は違いますが、正看護師と準看護師の仕事の内容には、そんなに大きく違う点は存在しません。


でも、準看護師だと、医師や看護師の指示で業務をするように、決められているため、仕事の際には、常に看護師が上になります。ぞれぞれの病院において、年収の規定がありますが、たいていは差があることが多くなっています。看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べてかなり特殊な上に、職場によっても違います。仕事場においては一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回していることが多いです。



2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制を望む看護師も多いです。
看護師として働いて、もう数年になります。それで、ちょっと気になることがあって、看護師というのは喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、看護師としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。
しかし、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。



そして、飲み会などでみかける、看護師たちの酔っ払い方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。
看護師の平均的なお給料額は、激務にもかかわらず、あまり高額ではないのが事実のようです。

いつもよりよい月収を支給してくれる勤務先を志望して転職のために活動している人がいるのです。お給料が良い病院は、当然、人気であまり枠があかないため、看護師専用の転職サイトなどを駆使して、転職のために活動している方も珍しくありません。



他の職業と同様に、看護師の場合も何回も転職をしていると不利に働くのかというと、絶対そうであるとは言えません。

自己PRの方法を工夫すれば、意欲と経験があるといった印象を持ってもらえるかもしれません。

そうは言っても、勤務期間があまりにも短い場合は、雇ってもすぐにやめてしまうのではと思われてしまう可能性が出てきます。


突然の交通事故により、救急搬送された時に、医師が見つけられなかった鎖骨が骨折していることに気づいて処置してくださったのはまだ若手の看護師の方でした。
後になってから知ったのですが、お若い人なのに看護師長の立場だったのです。


やはり、能力の評価が正しく行われた結果なのだと感じます。最近では男性も増えていますが、女性が看護師として働いた場合、お給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。
それが理由なのかはわかりませんが、着飾った人が多く見受けられます。なのですが、多忙を極める仕事です。病院にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」と聞くことがあります。収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのが最適なのだろうと感じています。
なぜナースは運動量が多いのでしょうか。
オフィスワーカーと比べると動き回っている時間が格段に多いでしょう。患者さんをストレッチャーや車椅子で移動させたり、ナースコールでの呼び出しがあったら、一目散に病院に行ったりするためです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruto
読者になる
2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる