下野とドワーフ

January 31 [Tue], 2017, 19:03
妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。
葉酸は胎児の健やかな成長を促すために欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。
しかし、仮に葉酸が欠乏してしまうと、どのようなリスクがあるのでしょうか。
葉酸には、細胞分裂を促す働きがある事が分かっていますから、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天性の障害などを発症するリスクが高まるという研究結果が報告されました。
それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。
大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。
妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。
タイミングを見計らって努力しても、ぜんぜん妊娠できなくて、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、焦ったり悲しかったりでした。
ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤の処方を受けると、早々に妊娠が発覚しました。
薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。
金銭的負担が大きい不妊治療ですが、タイムリミットを考えると精神的にもつらいものです。
市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされる自治体が多いですね。
第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。
だからこそ、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。
私だって来年には四十になるので、常に急かされているような気がして、ストレスも限界です。
妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、血液を造る力を強めるという働きがあります。
この効果は不妊改善にも有効で、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠のチャンスが直接的に増えるというわけです。
そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると血行が良くなり冷えも改善され、ホルモンバランスが良くなり、不妊対策に良い結果をもたらすのです。
ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。
生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。
妊娠を望む家族の声や、焦りといった感情が不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になるパターンもあって、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。
自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが大切です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Keita
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる