本当の優しさって言葉にできないよね 

September 30 [Tue], 2008, 5:57
大丈夫
きっと大丈夫
あなたの頑張りを見ている人は必ずいるから
気づいてくれてる人は必ずいるから

でもみんなちょっと恥ずかしがりやで
いちいち言葉にしないから
だからちょっと寂しいかもしれないけど
言葉で伝わる想いって意外と少ないものだから
やさしい視線のほうが嬉しいこともある

なにも言ってくれないけど
ただぎゅっと抱きしめてもらうと
とてもふわふわした気分になる
悩んでいた想いが溶けていく
この温もりに包まれていられるなら

また頑張れる
もうちょっと生きてみようって気持ちになる

懺悔よりも 

September 18 [Thu], 2008, 6:21
自分の過ちや悩みを人に話すということは
自分の背負った重荷を下ろすということだ
自分ひとりでは重過ぎるから
自分ひとりでは辛すぎるから
話した相手に「手伝ってくれ」と言うことだ
話した相手に「一緒に背負わせる」ということだ

自分の行動の結果なら
自分で苦しんで片をつけよう
どんなに苦しくても
どんなに話して楽になりたくても
それは自分を楽にするだけの行為だと知るべきだ
誰にも話せないと思える事は
とてもとても重くて苦しいだろう
でも
そこに足を踏み入れたのも
そういう選択をしたのも
また、自分であるということを忘れちゃいけない
だからこそ
手放しちゃいけない
悩まずに
苦しまずに手放せば
また同じことを繰り返す
だって
選ぶのは自分だから
同じ状況になればまた楽な道に逃げるはず
苦しんで悩んで悔やんで
墓場まで持っていくくらいの気持ちを持とう

『試練』は縁や因縁や自ら招いた結果であることを認めよう
本当の意味で『試練』を乗り越えよう

生きる覚悟 

September 13 [Sat], 2008, 6:33
形のあるものは欲に繋がる
物は金欲に
体は本能に準ずる欲に
でも
心は別のところにある
だから欲を満たしながらも
心を満たされない感覚を味わう
いつかは消えると分っているのに
人は『形あるもの』を求める
でも
もしも
何も持たずに
何も求めずに
何もせずに生きたとしたら
それで許されるのだろうか?

生きるためには『食べる』
この時点で『食欲』を満たしている
『食べる』というのは『命』を貰うことだ
いや
奪うということでもある
そして個人そのものだけではなく
母親の胎内で育ち生まれてくるという時点で
すでに何かの『命』を奪って自分の『命』を繋げている
生まれる前からすでに他の『命』の恩恵で『命』を貰っている
子供を産む為に母親は『食べる』のだから
『命』を授かった瞬間から
奪ったものの『命』を背負っている
だから生きなければならない
『欲』の中にありながら
それと戦い
心を守りながら
それでも
更に奪い続けて生きていかなければならない

奪ったものの『命』を背負って苦しみ
奪ったものの『命』の尊さを想って悩み
それでも喜びを見出すこと
それを繋げて行くこと
辛くて投げ出したくなりながらも乗り越えていく
それが
生きるということなんだろうな

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:atoro
読者になる
2008年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる