もし、あなたの赤ちゃんがアトピーと言われたら 

2011年05月29日(日) 10時09分
赤ちゃんのアトピーの発症は1才前が多いと言われています0〜1才までは特に食物アレルギーが症状を悪化させるようです、その原因になる食物として考えられているものが牛乳、卵、小麦、大豆などです、しかし勘違いしやすいのが食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係です。

もし、自分の赤ちゃんがアトピーじゃないか?と思ったときは小児科に行き血液検査だけでなく、皮膚で食物アレルギーの検査を受けてみるのも1つの方法です、自分だけで悩んでいても解決しません。自己判断は危険です。

もし、赤ちゃんがアトピーであるならば原因の特定を急ぐ必要があります、まず食物に反応してアレルギーを起こす抗体があるかどうか?を疑います、特定の食物に反応してアレルギーを起こす抗体があれば対策は打てます。

また、アトピーの症状でも乳児湿疹とアトピーでは素人では判断が付きません、生後1カ月〜1カ月半頃に頬やオデコの部分に湿疹が現れますが一時経過する乳児湿疹という症状が出る赤ちゃんが大勢います、この乳児湿疹は皮脂の分泌が活発になったことで起こるものでアトピーと違いますので心配ありません。


もし、あなたの赤ちゃんがアトピー性皮膚炎と言われたら・・・
もし、あなたの赤ちゃんがアトピー治療をしていて

病院でアトピー性皮膚炎を一時的に抑える事はできても、完治させる事が難しいと言われたら・・・

でも、絶対に諦めないで下さい。

アトピーは治ります!

詳細⇒ 赤ちゃんのアトピーが完治する方法