アトピーの概要 

May 11 [Tue], 2010, 10:39
アトピーとは、アレルギー症状全般を意味しますが、その中で特にアトピー性皮膚炎をアトピーと言う言い方します。
アトピーとは?


アトピーは大まかにいうと、食べ物やダニなどのアレルギー物質を要因とするもの、乾燥肌やストレス、不規則な生活といったアレルギー以外を要因とするものの、2パターンに分けられるようです。
アトピーの原因


厳密にいうと他の症状もあるようですが、ここではアトピー性皮膚炎の症状について説明していきます。一番多く見られる症状はやはり湿疹でしょう。
アトピーのさまざまな症状


アトピーは遺伝するのでしょうか?
アトピーはアレルギーによる疾患ですので、「遺伝」という観点では、その他のアレルギー疾患とまとめて考える必要があるようです。
アトピーと遺伝


アトピーとアレルギーはよく混同されがちな概念で、実際イコールと考える人が多いのが現実です。本職である筈の医者でさえ、間違える人がいるくらいなので、一般人が間違えるのも無理は無いでしょう。
アトピーとアレルギー


アトピーとは、アレルギーのことで喘息や卵、小麦粉などの食品のアレルギーも含まれますが、ここでは、アトピー性皮膚炎の対策を紹介します。アトピー性皮膚炎は、赤ちゃんから大人まで誰でもなる可能性があります。
アトピー対策室

アトピーの治療 

May 11 [Tue], 2010, 10:38
アトピー治療の現状としては、対処療法しかないのが現実です。発症する、痒みを止める治療をする、発症範囲が広がるのを防止する、回復を待つ、というもので、その為の薬も限られています。
アトピー治療の現状


薬の種類は大きく分けて外用薬と内服薬の二つがあります。外用薬は塗り薬や湿布など、主に皮膚に直接塗布する薬で、内服薬は主に飲み薬のことです。
アトピーの薬による治療


アトピーの原因の多くは生活習慣にあります。それは食生活であったり、勉強や仕事でのストレスであったりします。アトピーの治療には、それらの原因を取り除くことが重要です。
アトピーの食事療法


皮膚科でのアトピー治療には、主に三つの基本的な考え方が影響しています。原因物質アレルゲンの除去、炎症を防ぐスキンケア、炎症を抑える投薬に治療の三つです。
皮膚科でのアトピー治療

アトピーを考える生活 

May 11 [Tue], 2010, 10:38
アトピー発症の引き金のひとつが引っ越しです。全てがそうではありませんが、アトピーは生活環境に大きく作用される病気なので、生活環境そのものである家をかえることは、大きな転換点となります。
引っ越しによるアトピー対策


アトピーは一度発症するとほとんど一生付き合っていかなくてはなりません。症状が沈静化することはあっても、完治することはないと考えるべきです。
アトピー対策になる食生活


アトピーの原因物質となりえるアレルゲンとして、最も身近な「ハウスダスト」が増加しています。「ハウスダスト」とは文字通り家のゴミ、埃・ダニの死骸・フン・繊維クズなどのことです。
ハウスダストをなくしてアトピー対策


アトピー体質の人はUV(紫外線)に対して良くも悪くも症状が変化します。それこそ人によって違うのですが、日焼けすることで症状が沈静化する人がいれば、逆に日に当たっただけで症状が悪化する人もいるのです。
UVカットでアトピー対策


アトピー対策を考える上で、大切な生活スタイルがあります。大切なことは皮膚のバリア機能を保つことです。アトピーと言うと、どうしても表面上見える皮膚のことだけに、目がいってしまいがちですが、規則正しい生活を送ると、それだけでもかなり変わってきます。
アトピー対策になる生活スタイル

アトピー肌の対策 

May 11 [Tue], 2010, 10:38
アトピー対策になるスキンケアとして、もちろん皮膚科で処方してもらった薬をきちんと塗ることが重要です。但し、薬に依存しすぎては、自分の力で皮膚の再生化が遅れますので、皮膚科医に相談しながら徐々に使用量を減らしていくことが望ましいです。
アトピー対策になるスキンケア


アトピー性皮膚炎は自分の力で皮膚のバリア機能ができていない、必要な皮脂が分泌されないなどの理由で、皮膚の乾燥が激しくなって痒くなってしまいます。
アトピー対策には保湿


アトピー性皮膚炎の人は入浴方法にも気をつける必要があります。痒みの原因になる物質や汗をきれいに洗い流すために、こまめなシャワーや入浴は必須ですが、入浴しすぎは過剰に自分の皮脂を奪うことになります。
アトピー対策に有効な入浴法


アトピーといえば、一般的には皮膚科で診察を受けて、外用薬による治療を行うことが多いですが、医療的にまったく関係のない、温泉による治療法もあります。
温泉によるアトピー対策


ホメオパシーとは、ある病気の症状と類似するような症状を引き起こす物質を、少しだけ身体に与えて、その症状を多く引き起して病気を治すことです。
ホメオパシーによるアトピー対策

年齢に応じたアトピー対策 

May 11 [Tue], 2010, 10:38
アトピーというのは、アレルギー体質からくる肌の湿疹を指し、赤ちゃんでも発症すると言われています。大人になると自然に治るケースが多いようですが、成人してから発症するケースも最近では増えているようです。
赤ちゃんのアトピー対策


幼児の時期にアトピーを発症してしまうと、どうしても体質からきているものと考えてしまうでしょう。しかし原因となるものをしっかり把握して、症状改善に努めて、完治を目指して克服していかなければなりません。
幼児のアトピー対策


子供がアトピーにかかった場合、皮膚がまだ未発達な状態にあるので、治療するのにも十分な注意が必要になります。皮膚の厚さは大人の半分くらいになるので、大人の皮膚と同じような考えで対処してはいけません。
子供のアトピー対策


アトピー対策というのは、色々な方法があります。一般的な対処方法としては、ステロイドの投与がありますが、症状を抑えるだけで根本治療に結びつくものでなく、副作用も心配です。
大人のアトピー対策


アトピーというのは、子供でも大人でも同じように辛いものです。また痒みという症状も、ストレスを大きく感じるものです。子供の場合、物事に熱中している時などは、患部をかかないものです。
ストレスをなくしてアトピー対策

増えるアトピーへのアプローチ 

May 11 [Tue], 2010, 10:37
アトピー性皮膚炎はなかなか治癒できない厄介な症状です。いろいろな病院を歩き渡り、市販薬を試してみたり、患者は良いと思う情報を集めるのに必死です。
アトピー対策のためのプログラム


ケガをして放っておくと膿が出る、風邪を引いて放っておくと熱が出る。このような症状は、すべて自分で自分を治そうと体が働いている時に起こるものです。ケガや風邪は、放っておいてもそのうちちゃんと治りますよね。
自然治癒力を高めるアトピー対策


アトピーにはつきものの皮膚のかゆみ。かゆみは痛みよりつらい、と感じる人も多いのではないでしょうか?
かゆいからといってやみくもに掻けば肌はボロボロになってしまいます。
かゆみをなくすアトピー対策


私たち現代人は、ストレスや不摂生などのさまざまな問題を抱え、衣食住といった生活環境の中でも、食品添加物や化学物質などの影響に晒されています。
体内の「リフレッシュ」によるアトピー対策


アトピーの発症の原因として、カルシウム不足が原因のひとつであるという説が出てきました。アレルギーを起こす免疫の反応に、カルシウムが深く関わっているというのです。
カルシウムを摂取してのアトピー対策


アトピーの原因は、多種多様です。
複雑な要因が絡まりあって、アトピーの症状はひどくなっていきます。まず、アトピーには強いかゆみがあります。
理想的なアトピー対策

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:atopy700
読者になる
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる