ブログ徐々に移動します 

August 29 [Wed], 2007, 15:40
いつも、ブログを読んでいただき、ありがとうございます。
しばらく、書き込めなかったのですが、実は、日本財団の助成による改修工事を行っておりまして、その準備やらなにやらで、さらに忙しくしておりました。
また、今回から日本財団の事業については、CANPANという財団のブログから状況を発信するという使命も承りまして、そちらの方で発信を細々ですが行っています。
今後は、日本財団のブログでお世話になろうと思っておりますので、今後はそちらに遊びに来てくださいね。

ヤプログさんのスキンが大好きで使わせていただいていますので、ここもこのまま今までのブログを置かせていただこうと思っています。
たまには、書き込ませていただくつもりにしています。

わかりにくい状況で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

http://blog.canpan.info/npoatone/
→あっとわんの「のほほん考現学」です。

久しぶりです 

July 23 [Mon], 2007, 0:36
久しぶりの投稿ですみません。
ここのところ、考え込んでしまう事も多々あり、ここで一気にぶちまけたい事もあったりですが、なかなかまとまりがつかずじまいです。

NPO法人として、毎日事業を行い、めまぐるしい生活の中で、いろんな問題点が次々と見えてきます。
時には、頭を抱え込み、そして、もちろん安堵したり、大笑いしたりしながら、日々は過ぎていきます。

しかし、事業をしていく中で、無視できない事柄がやはり目の前に立ちはだかる事柄があるのも事実です。
ひとつひとつを、出来る限り丁寧に対応していきたいと思っています。
時間もかかる事ですし、それなりに根拠と提案を提示していくことも必要です。
いいっぱなしは、ある意味無責任な事になります。それは、事業体としてやってはいけない事だと思っています。
根拠と、分析、提案があってこそ説得力もあるわけです。

そして、その背景にはいつも、子ども達や何かを抱えている家族・・・特に母親の場合が多いのですが・・・いるのです。
不安を解消したい、生活のしづらさをなんとかしたいと、アプローチしてくださったかたの気持ちを無碍にする事はできません。

私達は万能ではありませんが、生身の体とこころでぶつかっていき、気持ちを伝えていく事はできるのではないかと思っています。
時には代弁者になり、時には、提案者になり、ほんの少しずつの歩みかもしれませんが、確実に前に、前に歩いていっていると思います。
何度も、足踏みをしなければならないこともあるでしょう。また、少し後ろに下がっていく時もあるでしょう。でも、諦めない・・・。

子ども達と、そのご家族の笑顔が、私たちの栄養剤とこれからの力になる事を、私達は知っているからこそ、つたない力と方法論かもしれませんが、踏ん張る事ができるのだと思っています。

いやはや、早いものですねぇ。 

July 03 [Tue], 2007, 15:37
もう、7月ですってびっくりです。
ため息が出るのは、修論が頭から離れないからでして・・・・。
しっかし、早い。この間、年賀状を見たはずなのに・・・。

そういえば、先週はあのビリー・ブランクスさんが来日したということで、テレビによく登場していましたね。けっこう、ハードだというエクササイズですが、どんなのか見た〜〜い
やってみた〜い多分、バテバテだと思いますが・・・。
超運動不足の私なので、ちょっとは運動しないといけないのですがね。

そのビリーさん、エクササイズにしても、ダイエットにしても、「心」を大切にするんだという事を、いつも、とっても、強調されています。
エクササイズでも、「だめだ==」と思わずに、それを乗り越える強い「心」が必要なんだという事です。
また、日本人は「誇り」を持っている。ともおっしゃっていて・・・。

エクササイズでも、普段の生活でも、何かを成し遂げる為には、心が大切なんだなぁと感じたのです。

う〜〜ん、でも、ダイエットを成功させるような心の強さが大切なんだろうけど、私のダイエットが成功しないのはやっぱり、心の強さがだめなんだよねぇ・・・・。

ビリーさんの人気が高いのは、そういう気持ちが強く現れているからなんでしょうね。
シェリーさんの腹筋はうらやましいけど、あたしには、無理だなぁ・・・・。
でも、痩せたい〜〜

ゲストスピーカー 

June 25 [Mon], 2007, 21:52
先日、とある女子大のボランティア社会論のゲストスピーカーとして、ひとコマ担当させていただきました。
女性というのは、さまざまな立場を年齢とともに歩んでいきます。
もちろん、男性もそうではありますが、なんといっても、女性は子どもを産むという特権を(少なくとも私はそう思っています)持っているわけですが、それによって、立場ももれなく増えていくということになっています。

娘として育ち、学生として生活し、その後就職、結婚、出産、子育て、妻、母、嫁・・・・。人生の中でいろんな立場を同時期に体験しながら日々を送っていると思います。
その立場によって、いろんな価値観を得ると共に、ジレンマに陥る事もしばしばあると思います。

私は、子育て支援をしていますが、子どもを育てている大変な時期を大切にしてほしいという想いで、支援をしています。
人って、大変な時期だからこそ、なんだか不思議な力が湧いてくると思っています。

時間があるとか、ないとかではなく、「やりたいこと」がやりたいという強い想いに突き動かされて、生活をしているのが、子育ての大変な時期にもあるのではないかと考えています。
もちろん、人によりけりですから、仕事がそうなる人もいらっしゃるでしょう。
しかし、私はあえて、育児期の女性にスポットをあてていきたいと考えています。

そんな話を、NPO活動の話を絡めながら話をしました。

しかし、女子大生にとって、興味があるのは、やはり、女性としての生き方・・・つまり、恋愛がらみの人の体験談などは非常に興味があるわけです。
私の、恋愛経験・挫折経験・学生時代の尊い経験の活かし方・・・などなどが、彼女達の心には響いたようです。
これは、インターンシップの時も同じです。

かくして、私の関西弁丸出しゲストスピーカーは、無事に終了しました。
学生達の感想は、いろいろ伺いました。
少しでも、一言でも私の言葉が、心に残ってくれている事が、すごく嬉しい時間です。

今の、若い人達にとって、今はけっこう大変な時代だと思います。
自分に自信を持って、くいのない生活を送ってもらえる一助になる事を願って、大学を後にしました。

う〜〜ん、女子大って独特の雰囲気だよね〜〜。
懐かしい雰囲気でした。

最後のお別れ 

June 20 [Wed], 2007, 22:22
今日は、月曜日に亡くなった友人Mのお葬式に夫と行ってきました。

Mとその夫、私と夫、の4人はアルバイト先が同じでした。
Mは私より2学年下でしたが、本当にしっかりもので、当時まだ高校生だった彼女に、私はいろいろと仕事を教えてもらいました。
当時の、アルバイト先では、何組かのカップルができていて、結局5組ぐらいカップルのまま、結婚したという寿バイトでした。
一番最初に結婚したのが、Mのカップルでした。

若い頃から、遊んだり、バイトや恋での悩みも分かち合いながら、感情をストレートに発散しながら生きていた時代でした。
そういう時から知っている友人・・・しかも、夫婦同志で気がねのない人とのつながりを、今更ながらかみ締めた日でもありました。

お互い、子どもが3人。Mは私よりも結婚も出産も早かったので、子どもも大きいのですが、母親を失った悲しみは相当なものだと思います。また、Mの両親にとっても、娘が亡くなったのは、やはり相当に辛いと思います。

もう少しで、お互い子育ての時期もひと段落し、自分達の楽しみもみつけていく時期にさしかかろうとしていた矢先の、訃報でした。
本当に、貴重な友人を亡くしてしまったのだという辛い感情と、もう少し連絡を取り合っておけばよかったという後悔・・・
後悔先に立たずです。

子ども達の、立派に成長した姿を見たとき、Mの素直で人間味のある子育てをしていたことが、すぐにわかりました。
これから、家族で助け合っていく事がたくさんあると思います。

人生何があるかわからない・・・当たり前に生きているんだと、勝手に思い込んでいる自分が、傲慢に思えました。
生きていることに感謝し、当たり前を当たり前だと勘違いしない・・・
そして、たまには昔の友人と、連絡をとりあっていくことの大事さを痛感したのです。

Mの冥福を祈ります。合掌


悲しい出来事 

June 18 [Mon], 2007, 23:27
今日、久しぶりに懐かしい友人から電話がありました。
その友人には、奥さんがいて、私達夫婦とも友達で・・・4人でよく遊びに行ったりしました。
4人とも大阪で、同じアルバイト先で、それぞれカップル同士で仲良かったんです。
先に結婚した友人夫婦の結婚式にも、出席しました。という、懐かしい友達です。

「久しぶり〜〜」なんて、嬉しく思っていたら、なななんと・・・、
奥さんであるMが今朝(18日の朝)亡くなったというのです。
私は耳を疑いました。
「なんでぇ!!」
なんでも、心臓の調子があまり良くなかったらしく、手術をしたそうです。
病気も、手術をすればなんともない病気で、簡単な手術という説明で、一ヶ月ほど前に、手術をしたそうです。
歩いて、手術室に入り「がんばりや〜〜」と声を掛けたそうです。

しかし、手術がうまくいかなく、次の日に再手術・・・そして、そのままこん睡状態になり、今朝亡くなったとのことでした。
まだ、42歳。私より、若かったんですよ。
子どもは3人いました。結婚したのが早かったので、一番上の子どもは21歳で昨年お孫さんも生まれたそうで、それだけが救いのような気がしました。

子どもも手が離れ、そろそろ夫婦での楽しみも見つけようと、計画をたてていたそうです。

う〜〜ん、なんだか、悲しくて。。。
そんなに若いのに、なんでだろうね。
子育てして、大変な時期も終わってきたというのに・・・。
運命は残酷ですね。

ご冥福をお祈りしたいと思います。合掌。

クリスピークリームドーナツ 

June 17 [Sun], 2007, 21:17
日本初進出の、クリスピークリームドーナツ・・・。
なんでも、1時間半〜2時間待ちだそうで・・・。
娘が東京に遊びに行ったついでに、おみやげに買って来てくれました。
やっぱり、一時間半もならんだそうです・・・。

テレビで芸能人も「おいしい〜〜」な〜んて、言うもんだから期待しすぎたのか・・・。
ま、ドーナツでした。
でも、出来立てのものは、やっぱり美味しいらしく、口の中で溶けるような感じだったそうです。
数時間たってしまったので、その感触は味わえなかったものの。
「アメリカのドーナッツ」らしい甘さが、印象的なドーナツです。

もの珍しさも手伝って、アップしました。
東京の方なら、そうは珍しくないでしょうね〜。

っていうか、また食べちゃったよ〜〜。う〜ん、ここのところかなりの力士的生活になっている私。
何とかせねば・・・といいつつも、ご飯はおいしい

相談事業 

June 13 [Wed], 2007, 21:27
始まって、二ヵ月半が過ぎました。
もちろん、守秘義務がありますので、全体的な感想をここではつれづれに報告したいと思います。

あっとわんは、以前から相談事業を実施していたので、電話による相談というよりは、直接お話しての相談の方が多いですね。
相談専用電話もありますので、よかったらご利用下さい。
また、予約を基本としているのですが、『ふらっと買い物のついでに相談』という感じも多いですね。

まぁ、気軽に何でも話せるというのが、一番いいと思いますので、気軽に立ち寄ってくださいね。

相談というのは、カウンセリングではないんですよね。
どうすれば、一番いいのかなぁ・・・という事を一緒に考えたり。
こんな方法もあるよ!・・・と情報を伝えたり。
そっかぁ、頑張ってきたよねぇ、でも、頑張り過ぎなくてもいいんだよ・・・。と話したり。
あなただけが悪いんじゃない、自分を責めないでね。・・・と、負担を軽くできるといいなぁ、とか。
そうだよねぇ、そうそう、私もそう思うよ!・・・と共感したり。

想いがあまって、自分ではどうする事もできない時に、それをひとつひとつ、ほぐしていったりします。

時には、涙を流しながら・・・。
笑いながら・・・。
真剣に、受け止めていくことを心がけています。

なんでも、話してもいいんだよ。

これが、基本です。自分の中だけにしまっておくと、それが大きくなってしまったら、自分でもどうしていいかわからなくなってしまうかもしれません。

声に出してみるだけでも、安心できます。

特に、お子さんの事についての相談を受けています。
発達に不安がある・・・自分の子育てはこれでいいの?
というとき、電話をする・・・。訪ねてみる・・・。
アクションおこしてみてください。

いままでの、相談の内容から、様々なところに波及する事がたくさんあります。
今後、みんなで考えていく必要があることは、山積みです。
子どもが大きくなると、「もういいか・・・」と諦めがちですが、そうではなく、未来の子ども達のために大人ができる事は、汗を流し、行動をおこしていきたいと思います。

そうすることが、子どもへの一番の贈り物だと思いますし、大人として、文句ばっかり言わないで、示していく事自体が教育なのだと思います。


日本財団 

June 09 [Sat], 2007, 22:53
2007年度、日本財団さんより福祉施設の改修のための助成金をいただけることになりました。
現在、各関係機関との調整および、準備を始めています。
ほんとのところ、結構大変で・・・・。へこむ事もしばしばですが、とっても素敵なものになるようで、本当にわくわくしています。

はじめての体験が多く、未知の世界のことが多いので、へこんだり、わくわくしたり・・・の日々ですが、きっと街の皆さんに親しんでいただける場所になると思います。

本当に、世の中には知らないことがたくさんあります。
こうやって、事業をして、助成金をいただいたり、いろんな方たちと出会う事で、知っていくことって多いですよね。実感です。
完成までまだまだ時間はかかりそうですが、またお知らせしたいと思います。

もう少ししたら、日本財団のコミュニティサイトCANPANにもブログをアップする予定です。
そっちに、お引越ししたらお知らせしますね。
助成金事業の進行状況も、たくさんアップする予定です。


ご無沙汰しました 

June 04 [Mon], 2007, 19:30
ここのところ、更新が滞りすみません。
あんまり体調がよくなく、おまけにいつもの仕事量で、なにかと場所の車移動が激しく、気がつけば「低血圧」になっていました。・・・相変わらずヘモグロビンは多いのですが・・・
なんとかかんとか、仕事は普段どおりやっていますが、こういう時にネットの仕事は滞りがちになってしまいました

今は、酷使し、年々弱まる目をいたわりつつ、ブルーベリーなどのサプリをとり、睡眠にも気をつけながらやっております。
う〜ん、心配なのは果たして修士論文が書けるのか???書きたい意欲はあっても、なかなか進まないものです。書くのは、エネルギーがいるのです。
でも、ぐわんばるぞ〜〜

さてさて、今朝テレビを見ていたら、警察犬見習いの「きなこ」ちゃんの奮闘振りが紹介されていました。なんでも、3年連続で試験に落ちているとか・・・
画面では、柵越えなどのジャンプも、ジャ〜〜〜ンプしたら、一回転してずっこけていたり、はしごのようなものに登って、渡るのにも、すっかり道からはずれて落っこちていたり・・・
とっても、お茶目でかわいいずっこけぶりでした。

警察犬になれるのかしら??ととっても、心配になる光景でしたが、とにかく訓練とチャレンジあるのみだそうです。

このきなこちゃんに惹かれる理由は?と考えると、「警察犬」というエリート集団には似つかわしくない今のきなこちゃんのずっこけぶりのぎゃっぷと、「エリートばかりがいいってもんじゃないよね〜〜」という心の叫び。そう、「きなこちゃん、あなたはそのままのきなこちゃんでいいのよ」と、いつのまにかつい自分の姿を重ね合わせてしまうという事なんじゃないでしょうか?

警察犬の中にいるからこそ、きなこちゃんの悲哀に満ちた境遇につい応援したくなるんでしょうね。

でも、本当に朝からほわんとさせていただきました。
最後に・・・きなこちゃんは本当にそのままでいいと思います・・・適正ってものもあるからね・・・・

きなtこちゃんのブログがありました。「警察犬 きなこ」で検索したらでてきました。
P R
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:びんちゃん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
大阪市内の下町で育った、コテコテの大阪のおばちゃんですぅ。元団地のお嬢様。実は一人っ子。現在は、愛知県のとある住宅街に棲息中。夫1人。子ども3人。猫1匹。ミミズ大量。と生活しています。今は、主婦・NPO法人代表。大学院生。という3つの顔を持つ、実はおもろいおばちゃん。 大学院では教育科学専攻、社会・生涯教育研究室所属。研究テーマは「育児期の女性の学習」「子育て支援と女性の学び」をNPO法人の子育て支援活動から研究しています。
http://yaplog.jp/atone/index1_0.rdf
最新コメント
アイコン画像びんちゃん
» 訳あって・・・・ (2007年04月05日)
アイコン画像しもちゃん
» 訳あって・・・・ (2007年04月05日)
アイコン画像しもちゃん
» スタッフ研修 (2007年03月25日)
アイコン画像びんちゃん
» めっちゃ恥ずかしい〜〜 (2007年02月24日)
アイコン画像びんちゃん
» NPO・NPO法人を潰す方法 (2007年02月24日)
アイコン画像SK
» NPO・NPO法人を潰す方法 (2007年02月23日)
アイコン画像カノンママ
» めっちゃ恥ずかしい〜〜 (2007年02月09日)
アイコン画像ピノキオ
» 助成金事業が始まった!! (2006年10月28日)
アイコン画像yamadamitsutoshi
» 親の会 (2006年05月11日)
Yapme!一覧
読者になる