香水を持ち歩きたい!初心者でも詰め替え簡単アトマイザー

February 02 [Mon], 2015, 4:34


外出前に香水をワンプッシュ♪
いい香りをまとってお出かけ〜
ショッピングを楽しんだり、ランチしたり。


ルンルン気分で過ごしていると、アレ?
香水の匂いがもうしない〜って事はよくありますよね。


香水を持ち歩けば、またシュッといい香りをチャージする事が
できるけど、香水の瓶ごと持ち歩くのはちょっと・・・。


香水の瓶って意外に重たくて、結構かばんの場所を取るんですよね。


もっと手軽に香水を持ち歩きしたい!


それには香水を小分けする事が必要ですよね。
小分けにすれば、軽いし、カバンを占領する事もないので
手軽に香水を持ち歩きする事ができる♪


香水を小分けするには、100均などで売られている
小さいプラスチックのスプレー容器ではダメなんです。


PET系素材の容器の注意書きには、
香水などのアルコール類を多量に含むものには使用できません!
って書いてるんです。


香水には、香水専用のアトマイザーっていう容器に
小分けする必要があるんですね。


アトマイザーのほとんどはガラス製でできています。
通気性がないので香水の質を落としにくいからなんですが
あくまでも、アトマイザーは持ち運び用。
保存用ではないので早めに使いきった方がいいですね〜。


で、香水を小分けするために、容器に移すんですが
その方法は香水の瓶のノズル部分の確認が必要です。


スプレー式の香水の場合、プッシュ部分が抜けるかどうか
確認してみて。


ほとんどの香水はこの部分がスポッと抜けるようになっています。
抜けるようだったら、詰め替えノズルというものがあるので
香水に装着してプッシュする事でアトマイザーに小分けできます。


中には、詰め替えノズルと香水の装着が合わないものもあります。
少し浮く状態でも、アトマイザーへの詰め替えが
できているようなら問題ないですよ(*^^*)


詰め替えノズルが合わない場合は漏斗「じょうご」を使って
詰め替える方法があります。


漏斗に香水を吹き付けて、アトマイザーに流し込む方法ですが
プッシュ部分が抜けない、詰め替えノズルが合わない、という
場合だけ使用することをすすめます。


吹き付ける時点でホコリが入りそうだし、空気に触れるし
アルコールや香りも飛んじゃうような気がする・・・。


詰め替えノズルや、じょうごをうまく使えるか不安。
そんなアトマイザー初心者さんにもオススメのアトマイザーが
ジャックマルクス(JACMARCS)リフィラブルパフュームアトマイザーです。


アトマイザー初心者さんにとって面倒な、
スポイトや、じょうご、詰め替えノズルなどの付属品が一切不要で、
アトマイザーを香水に装着してプッシュするだけで
詰め替えできるアトマイザーなんです。


楽天のアトマイザーランキングでも2位のこのアトマイザーは
スワロフスキーつきで見た目も高級感があります。


お気に入りの香水を持ち歩いて、いい香りを持続させて
気分もハッピーでお出かけしましょ♪


ジャックマルクス(JACMARCS)リフィラブルパフュームアトマイザーは
コチラから購入できます。↓ ↓ ↓











香水をアトマイザーに詰め替えするのに必要なスポイトの使い方って?

February 02 [Mon], 2015, 4:31
100均などでも香水を詰め替えられるアトマイザーを
買うことができます。

100均でアトマイザーを探すと、スポイトが付属されてるものがあります。

そもそも香水をアトマイザーに詰め替えた事のない人だと、
詰め替える為にはスポイトが必要なのね!とそのまま購入して
いざ移そうとしても、どうやってスポイトを使うのかわからない。

なんて事になっちゃう人もいるんですね。

香水瓶には、空気に触れないように、香水瓶の
ノズル部分が開かない
ようになっているものもあります。

スポイトで香水を吸い取ろうとして、
ノズル部分を無理矢理こじ開けたりしてしまったら
スプレーが使えなくなったりするのでやめましょうね。

ノズル部分が開かない香水には詰め替えノズルや
じょうごを使って移す方法があります。

スポイトはノズル部分が取り外しできる香水などの時に
使用する事ができます〜。

香水をアトマイザーに移しかえるメリットとは?

February 02 [Mon], 2015, 4:25
香水をアトマイザーに移しかえるメリットとしてあげられるのは
やはり持ち運びに便利だという事だと思います。

香水の瓶って意外に大きくてカバンの場所をとるし、
瓶が結構重たかったりするんですよね。

手荷物は少ない方が良いし、軽くしたいっていう人は
香水をアトマイザーに移すと解決です。

それ以外のメリットは、香水のつけすぎを防げるというところ。

香水瓶のからのプッシュよりも、アトマイザーのプッシュの方が
1回に出る量が少ないので、香水のつける量を
コントロールしやすいと思います。

香水って、つけすぎると本人は気付きにくいけど
周りの人が気分を悪くしてしまうことがあるので注意が必要です。