続き
2009.07.12 [Sun] 00:59

なんていうかさ、うん。

すっきりしないんだなw

自分ねちっこい!いやだわwwwwwwwwww
やっぱしばらく引きずるだろうけど、それを隠さなきゃね。
なんか、ほら、私元気なキャラっぽいし、だからそうしなきゃねwwwww

なんか、後悔させたい(何を
くそー!悔しい!もう悔しさにかえてやる!!

くそkそくそくそおおおおおおおおおおおおおおおおお

うん。ねる。
 

鬱すぐる
2009.07.12 [Sun] 00:27

くそが

あ、私のサークルです。鬱すぎてどうしようwwwwwwwwwwwwwww
もうあれだ、みんな私のこと嫌いだろ!?被害妄想じゃないw

そうだよな、私なんか近づきにくいらしいよw
おかしいな、無表情とか、変なオーラとかだしてないんだが
見た目?まぁ親にはあんたは人並みくらいよねとか言われたw
でもAちゃんにはべた褒めされました、あれ?w
いったい私はどっちなんだwww

まぁこっからはまじめにかきますが。
いや、でも本当にそんなに近づきにくいのでしょうか。
地味にショックを受けてます。

なんか、うん。ちょっと引きずってます。
それだけじゃないんですけどね、他にもその日はショックな出来事があって。
思わず、泣いてもうた。w

ある言葉を言われて、耐えられなくなり一人遠くへ行き柱の陰にいって、友達にメールしようとしたときにAちゃんが来まして、

「大丈夫?」

その言葉に、ぶわぁぁぁぁつときて、泣いてしまった。
頭なでてくれたり、肩を抱いてくれたりと優しかった。
私がいう言葉一つ一つに「うん、うん」とうなずいてくれて、もうあれだ、感動。
んで、私自身いつまでもなくわけにはいかないと、すぐに泣きやんだ。
で、しばらく二人で話して、みんなが散らばり始めたら帰ろうかみたいな話になったけれど、なかなか散らばらない罠w
ましてや、他の子が男となんか話し合ってて、でも私はその輪の中には入りたくなくて。

だからAちゃんは気を使ってくれて、なんの話し合いをしているか聞きに行ってくれた。
それで、まぁ大事な話?をしているらしく、おいでと言われていってみた。

でも目とか合わせらんなくて、下ばっか向いてて、Aちゃんは手を握ってくれたり、肩を抱いてくれたりとずっとそばにいてくれて。
私に元気がないってことに、ある男は気づいて夜中にメールが来ました。
「元気出せよ」って。
お前が原因なんだけどwとか思ったんだけど、その優しさには素直にうれしかった。けど、
「突然どうしたw」と送った自分、オワタw

その男Bくんでいいや、Bくんとは最近ずっとしゃべってなかったなぁって。嫌われてるのかと思ってた。
もう誰を信じていいのかがわからない。誰も信用も信頼もおけない。
昔の自分に戻っちゃったみたいだ。

で、真夜中に変に気落ちして申し訳なかったと女の子にメールして、1限に授業があったので授業を受けているときにAちゃんからメールが来て、泣きかけた。
優しい。やさしすぐる。
Aちゃんも誰も信用できない、と私と同じ思いでいた。

J以外、誰も信用できない。って言われて、私はその時絶対にAちゃんだけは守ってやるって思った。
Aちゃんも色々あったみたいで、私に相談したいことがあるらしい。

なんかさ、大学でこんなことになるだなんてさ、思わなかった。
中学レベルか。
だから、私は思った、そう心底。
何も期待しない、うん。ただその場凌ぎですべていこうかなって。いっそ八方美人になるか。
もういいよ、同じ学年の人たちに対しては何も思わない。
前より仲良くなれてきたかなって思ったのに、話しかけたりもしたんだけどなぁ…。
でも、ダメ、か。

嫌われてるのは知っていたし、悪口を言われているのもしっている。
だから、うん。もう割り切ろう。
大丈夫、私ならできるよ、大丈夫大丈夫。
そう言えば不思議と大丈夫になる。ただ、自分を閉じ込めるだけ。


恋人ほしいな。
がんばろー!って思っても無理ぽw
性格よくなりたいな。うん。

こんなんだからよくないんだよね。
大人しくなろう。そうしおう。

んでは、ここらで。