ジェンキンズだけどエアデール・テリア

December 29 [Tue], 2015, 16:48
不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。
ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。
早く赤ちゃんを望む周囲の期待や当事者ゆえの焦りなどが不妊治療とあいまってストレスになることも少なくなく、相当悩んでいる人もいるのです。
神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、不妊治療には大いに助けになると思います。
さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。
葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。
また、流産といった危険性を下げる効果が認められています。
理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、サプリメントを活用するのも良い選択だと思います。
卵子が受精した後、受精卵は細胞分裂を繰り返しながら成長し、おなかの中で体の器官を作り上げていくのですが、葉酸はこの細胞分裂に欠かせない栄養素である為、不足しないように注意が必要なのです。
葉酸は一般的な食品にも含有している栄養素なのですが、単体では吸収されにくいという特徴を持っているため、葉酸を含んだ総合サプリの摂取がお勧めです。
ですが、総合サプリに多くの成分が含有していたとしても、その中で一体どの成分に注目すればよいのか判断の基準がつかず、困ってしまうという方も居ますよね。
総合サプリの選び方で悩まれている方は、粉ミルクの成分と照らし合わせて、サプリを選んでみましょう。
粉ミルクには赤ちゃんに必要な成分が揃っていますので、それを目安にサプリを選べば安全です。
サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。
妊活中の女性において、体調管理をするのに適したサプリと言えば、やはり、葉酸を含んだサプリは欠かせません。
妊活中に不足しやすい葉酸には、貧血を防ぎ、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。
それから、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。
ですので、夫婦どちらに対しても非常に重要なサプリだという事がお分かり頂けたと思います。
妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり食事で摂る事です。
具体的に、葉酸を多く含む食品は、モロヘイヤ、小松菜、菜の花などが有名ですし、それ以外では枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。
葉酸の含有量が多い食品は様々にありますが、これらを継続的に摂るというのが難しいということもあるでしょう。
特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。
そうした時にはサプリメント等を活用するのがおススメですね。
サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに済ませられますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ken
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/atkwseewwytoha/index1_0.rdf