ポリプテルス・セネガルスで平林

January 12 [Tue], 2016, 16:01
一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料はどこで働いているかによって、大きく額が異なります。

個人病院、大学病院、公立病院など勤め先はいろいろあります。



退職時につく手当、退職金はどうかというと、国立病院や公立医療機関に勤めていたのでしたら、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、それを支払ってもらえるでしょう。翻って個人病院の状況ですが、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。
公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。



他はそうとも言えない、ということになるでしょう。このご時世、「看護師は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。


しかし、よく見てみると、夜勤の手当に依るところが大きいことによって稼げる金額が多くなっているのが実情です。


たとえば看護師としてより多く稼ぎたければ、どこで働くか考える時、日勤のみではなくて夜勤がある勤務先を選択してください。
夜勤で勤務できるかどうかで給料の額は違ってきます。
業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん看護師の世界にも存在します。
例えば、「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。

何のことか見当がつきますか?食事をとってきます、と勤務している他の人に知ってもらうために使用している現場は多いようです。ちなみにエッセンとは何かといいますと、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。

昔は、医療現場でドイツ語がよく使われており、現在までその習慣が微かに残っていて今でも便利な言葉として、看護師の皆さんに使われています。


収入面において、看護師という仕事は、他と比べると、女性の仕事としては、随分と高給です。責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当が確実に支給されるからです。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか進んで残業をたくさんするといった看護師の場合、そうでない人たちより高めになります。

検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に看護師が行います。一般的に、注射が好きな人は少数派でしょうが、どうしても打たれなければならないなら、ベテラン看護師に打ってもらいたいと思うのが普通です。とは言っても、注射の技術は看護師の腕に左右されますから、注射が得意な人と不得意な人がいますから、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。

こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。
医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、この二つの異なる点といえばなんでしょう。はっきりした違いは、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、病気をいかにして予防するかを助言したり、薬剤の処方を行うことが主な仕事です。
その一方、看護師さんの行うことはといえば、医師に指示されたときに、医師が診療を行う際に、その補助をすることや患者の看護を行います。
病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、着実に医療機関を利用する人口が増加しています。
そうなってくると、医師と看護師も現場では切実に求められているのに、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。けれども、それほど人手が足りない状況だと、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、転職を希望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等のメリットも確かにある訳です。よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。なので、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。


二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちにたいていの看護師は、体内時計を狂わせてしまって、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。


基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないとどうしようもなく疲労を溜めてしまい、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、心身への負担をしみじみと思い巡らすようなことになるのです。近頃は、看護師は不足傾向にあります。

看護師資格を持っているけれども、現在は看護師として勤務していないという方も多いです。


看護師の不足の要因はというと看護師の離職率が高いということが大きいと思います。
実際の離職率はどのくらいなのでしょう。なんと、常勤看護師で約11%にも上るのです。大多数が女性の職場なので、子育てを理由に退職に至ることも多いですが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。不安を抱えた患者が安心して治療を受けられるよう、看護師は服装や髪形など、外見を整えておくことが重要です。メイクをする女性の場合、派手なお化粧は控えて、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが一番良いでしょう。

すっぴんとは異なり、雰囲気が良くなるでしょう。

看護師の資格のある人は法律では、仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。
基本的には医療行為を行うということは認可されていませんが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますですが、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、急を要する場合には、経験豊富な看護師であれば、それなりの医療行為も行っていいのではないかと思っています。


看護婦はハードな仕事と言われていますが、看護師がいなければ病院内で仕事が回らないほどであり、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。


病棟のある病院では当然、24時間体制ですから、そこで働く看護師も24時間不在の時間があってはなりません。


なので、日勤業務と夜勤業務に分けられて交代で勤務することになっています。
こうした交代制の勤務では、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。

看護師として、初めての病院で働きだそうとする際、気になるのはその配属先ですが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるようなこともありますが、そこで人事を引き受ける人の見解により、確定されたりすることもありそうです。
病院側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、そこに配属になる事が多いのです。でももし、その配置に不満がやまないのなら部署の上司にそのまま伝えてみて、アドバイスを求めることもできます。


色々とある中で、看護師という資格の一番いい点を挙げるとすれば、つまるところ、たとえブランクがあったとしても、また看護師に戻れるという点です。



その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと看護の現場の慢性的な人手不足の問題が深く関与しています。

どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば時と場合により50代だったとしても、復職が可能です。
不安や悩みを抱えている患者から見ると不安を解消し支えてくれる看護師の存在は本当にありがたいものです。
でも、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。

覚える必要のある仕事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、酷くストレスを感じていると言えるでしょう。
ですから、看護師によっては鬱を発症するケースも意外と多いのです。看護師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:杏奈
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/atjserpehhfspo/index1_0.rdf