ATP合成系

March 27 [Fri], 2015, 13:04
代謝の化学反応は代謝経路によって体系づけられ、
1つの化学物質は他の化学物質から酵素によって変換される。
酵素は触媒として、熱力学的に不利な反応を有利に進めるため極めて
重要な存在である。また、酵素は、細胞の環境もしくは他の細胞からの
信号(シグナル伝達)の変化に反応することにより代謝経路の調節も行う。
物質代謝とは、細胞内における物質の変換を意味する。別名、
物質交代など。上記にもあるようにエネルギー代謝との関連により両者を
分けて考えるのは困難だが、物質の変換に注目してみた場合の『代謝』が物質代謝である。

物質代謝は異化および同化に分けられる。上記の代謝系は電子供与体として
有機物を用いる多くの従属栄養生物に見られるATP合成系であるが、最終電子受容体に
使用できるのはほとんどが数種の無機物である。また、無機物を電子供与体とする
化学合成独立栄養生物の行う呼吸も含まれる。そのような無機物には水素、
一酸化炭素、アンモニア、亜硝酸塩、一価鉄、硫化水素などがある。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:やぎちゃん
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/atikurakai/index1_0.rdf