給料アップ! リストラ回避! トクする資格取得と15分間勉強法

July 30 [Tue], 2013, 1:49
「ワーキングマザーの場合、アフター5の時間捻出法は、15分の隙間時間を4つから6つひねり出し、毎日1時間から1時間半を確保することです」

人気サイト「All About」の「資格」ガイドなどで活躍中のキャリアカウンセラー、いぬかいはづきさんは話す。「資格取得の勉強をしているママさんは、夕食後に子供が宿題をしたり、ご主人が入浴したりするような隙間時間を、うまく活用している人が多いです。無理をすれば、まとめて1時間を取れないこともないんですが、勉強に集中するあまり、子供やご主人から何か聞かれても無視してしまうと、家庭の空気がギスギスしてしまいます」

細切れでも合計1時間あれば、テキスト1日分は勉強できる。あとは通勤途中の時間や、朝早めに家を出てコーヒーショップで30分、なんていうのもいいだろう。いぬかいさん自身も、出産の翌年に隙間時間勉強法を実践。通信教育とスクーリングだけでキャリアカウンセラーの資格を取得できたという。

隙間時間勉強法の注意点は、週末を予備日にして、スケジュールにゆとりを持たせることだと彼女は助言する。

「女性はきっちりした計画を立てがちですが、子供の風邪などで予定通りには進みません。週末の予備日に遅れを取り返すなど、うまく調整すればいい。また、好きなテレビ番組や趣味も大切にして、適度な気分転換も必要です」

長引く不景気とリストラ圧力の高まりの中で、職場で生き残るための資格取得というニーズが高まっている。その戦略には、3つの考え方がある。

・現在の業務と同じ領域の資格取得

・割と近い領域の資格取得

・業務とは一見無関係に見える分野の資格取得で相乗効果をもたらす

同じ領域とは、経理業務の人ならまずは簿記。それから税理士や会計士資格、FASSASS(経理・財務スキル検定)という資格も最近人気だという。

「営業職の人が、中小企業診断士資格を取り、営業先の人材活用や配置をコンサルティングする事例も増えています」

業務に近い領域での資格取得の例を挙げると、人事や総務の人がキャリアカウンセラー、社会保険労務士やファイナンシャルプランナー(FP)の資格を組み合わせることなどだ。

「キャリアカウンセラーなら、転職や定年時の相談に対応できますし、FPならマネープラン面で相談にも乗れる。社労士は企業内年金の制度づくりにも役立てるので、職場での認知度アップにもつながります。それら3つの資格を併せ持てば、職場でのサバイバルを考えるうえでも強力な武器になります」

業務と一見無関係な資格取得とは、百貨店の人が車椅子利用者の介助ができるサービス介助士や手話通訳士、ホームヘルパーがアロマセラピスト資格、商品開発担当者がeco検定の資格を取るといったケースだ。

「取得した資格を活かして新たな業務提案をすれば、自分の頑張りを周囲にアピールすることにもなります」

会社の業務と資格を組み合わせ、自分が会社にどんな貢献をできるのか、そのストーリーをより具体的に語れる能力があれば、なお心強い。

「企業から見れば、資格は、その人の能力を『見える化』する目安になる。経理業務をしたことがないのに簿記資格を取った人でも、『資格勉強を通して簿記のこんな側面を知ることができて、会社のお金についてもこう考えるようになり、今の業務でも、こんな活用法があると思います』という形で語れれば、企業側は本人の業務適性や、資格取得の行動力を評価しやすくなります」

ちなみに資格取得の勉強法は、専門スクール以外でも、大学の社会人講座や、ハローワークの職業訓練校を活用し、割安に済ませる方法もある。



私は、細切れ作戦には向かない性格だと思う。

15分では集中しきれないと思うんだけどなあ・・。

せめて1時間はやってみないと、頭にきちんと残らない気がするよ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:athessmos
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/athessmos/index1_0.rdf