石黒のブッシープレコ

September 07 [Wed], 2016, 7:11
デリケートな肌の人は、ダブル洗顔のいらないウォータークレンジングなどで洗うと、肌に余分な脂が残らずに済みますし、しゃきっとします。もし、ダブル洗顔希望の場合には、ぬるま湯を軽くかける程度にとどめましょう。敏感肌は、肌の状況が変化しやすいので、その変化に臨機応変に応対していくことが大事です。
脂っぽい肌の場合、潤いが十分な肌に見えますが、実は水分不足に陥っている状態、というケースを多く目にします。肌の潤い不足が肌に出ていないのは、テカリの目立つ肌は過剰な皮脂分泌が実施されていますので、外からの乾燥だけは防げる傾向にあるためです。でも、この皮脂がが原因でお肌がトラブルを起こすことになりますから、洗顔でほどほどの状態にする必要があります。
たびたび顔を洗って肌に必要な皮脂が常に足りないといったことになると、足りない皮脂の埋め合わせをしようと多く分泌するようになるのです。度を越えた洗顔をすると、乾燥状態にもなり、一段と多くの皮脂を、分泌してしまいますから、顔の洗いすぎには注意してください。顔を洗った後は化粧水でたっぷりと水分補給を忘れずに行うことが大切なのです。
敏感肌といえば乾燥肌でもあるといって良いくらい敏感肌と乾燥肌は同じカテゴリとして考えたほうが良いくらい深い関係であるといえます。乾燥肌へ肌の状態が変わってしまうと、ちょっとした外部からの刺激を感じても過敏に反応を起こして、皮膚に赤みやかぶれ、腫れといった肌のトラブルに結びついてしまいがちになります。肌表面の角質層が薄くなったために、外からの刺激を肌内部まで通しやすくなっていることが原因といえます。
敏感肌に対するスキンケアを行う場合には、肌が乾かないようにするため、十分な保水が必要です。保湿、保湿するためにはいくつかの方法があります。化粧水やクリーム等がたくさん揃っていますし、メイク用品にも保湿の効果が高いものがあります。人気の保湿効果が高いセラミドが含まれているスキンケア商品を利用するのもいいものと思われます。
たとえ敏感肌だったとして、敏感肌用のケア商品を使っていけばいいというわけではありません。肌の状態は人によって違いますので、肌状態が敏感になっている場合には、ぜひ使用前にテストを行ってみてください。そして、肌の水分を失ってしまわないためにも出来るだけ正しい方法で顔を洗うことが重要です。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:直樹
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる