« 「企業統治で大きな問題」 かんぽ宿 郵政検証委が中間報告 | Main | 上野樹里、“のだめ”口調で後編の結末をポロリ? ギリギリセーフに「ホッとしたー」 »
三菱商事、国内証券が天然資源に頼りきらない成長戦略を評価 / 2010年04月02日(金)
 三菱商事 <8058> が反発、堅調な値動きで37円高の2487円で取引を終了した。本日は三菱UFJ証券がポジティブな内容のレポートをリリースしている。

 三菱UFJ証券ではレーティングを「3」から「2」に格上げし、目標株価2750円に設定した。同社は環境関連事業への高水準な投資を続けており、天然資源に頼りきらない成長戦略を実施している点など、高く評価できるとコメント。ネガティブ要因を考慮しても、天然資源価格の動向次第では更なる増益余地があると解説している。

 本日は、三菱商事と日揮 <1963> とともに水事業で提携する荏原 <6361> が急反発して年初来高値を更新、24円高の501円で取引を終了したことも三菱商事の株価を下支えしたようだ。市場では、3社の「水ビジネス」による業績拡大期待も高いようだ。(編集担当:山田一)

【4月1日23時36分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100401-00000100-scn-biz

Posted at 08:50/ この記事のURL
この記事のURL
http://yaplog.jp/atgudqknrxcrrc/archive/16
P R
カテゴリアーカイブ
   
Powered by yaplog!