【 更新情報 】

スポンサード リンク

宛名の連合の常識って?

宛名の連名について の常識って知っていますか?

寒中見舞いや年賀状など、独身だった友人が結婚した場合どうしますか?
今までだったら友人宛てに個人に出せば事は済んでいたけど、既婚者になった友人にはちょっと気をつかいますよね。

自分と旦那さんの名前が連名で友人から届いた年賀状が嬉しかった。という方もいれば、既婚者に送る年賀状は連名の宛名でないとマナー違反、世帯主に宛てて出すのが正しい。それが一般常識になっているのは知っているが不快。
連名と言えば聞こえは良いが要するにただの手抜き。と連名にされる事があまり好きでない方もいます。

いろいろな意見がありますので、マナーとはいえ宛名の連名を使う際は気をつける注意点があるようです。
たとえば、世帯主が女性という場合もありますが、男性宛の連名になっているのがほとんどで、連名にこだわるなら気をつけたいですね。
マナーにこだわるなら連名で出す際”ご家族様”ではなく個々の名前きちんと書く方がより礼儀正しく失礼がないでしょう。
”ご家族様”とすると付け足したような感じを受ける方もいます。

友人の配偶者とも面識があるなら連名の宛名で出し、面識がないのなら連名にせず個人宛てにする。という方が多いようで。
この場合、先方の利点は手紙が誰宛にきたものか一目瞭然である事でしょう。特に年賀状など郵便物が多い場合は仕分けが楽で親切なのかもしれませんね。
個人宛にする際、友人の配偶者にも配慮したい場合には、文面に”旦那様にも宜しく”など一言入れるとよいでしょう。
連名にするか個人宛てにするか迷ったら、連名の宛名で手紙が届く相手ならこちらも連名の宛名にする。
個人宛てになっていたなら個人宛にする。
というように相手に合わせて対応するという手もあり、この方法が一番無難かもしれません。

ハガキの宛名の正しい書き方

ハガキの宛名を書く面が「表面」で、伝える内容を書く面が「裏面」といいます。
年賀状やはがき作成ソフトなどでは、「裏面」を「文面」と呼ぶことがあります。
「表書き」は受け取る人の名前や住所などの宛名を書くことです。
「裏書き」は伝える内容を書くことです。

ハガキの宛名の書き方の「縦書き」か「横書き」かは、「裏面」が「縦書き」ならば「表面」も「縦書き」に、「裏面」が「横書き」ならば「表面」も「横書き」にすれば、ハガキを受け取った方が読みやすいばかりでなく、書く方も書きやすいです。
 
ハガキの宛名の書き方で住所を書く場所は郵便番号の下2桁の小枠の真ん中を目安にすると「表面」全体のバランスがよくなります。
受け取る方の住所が他都道府県の場合は、都道府県名から書くようにしましょう。
番地などの数字は、一般に漢数字を使います。
住所を略して書くことは失礼に当たります。省略しないで正確に書きましょう。

ハガキの宛名の書き方で会社名などは住所の文字よりやや小さめの文字で書きます。
書き始めの位置は住所より1文字分下げて書きます。
ビル名やマンション名は省略しないで正確に書きましょう。


ハガキの宛名書きで 、関係や地位を表す、「敬称」と「肩書き」も大切なポイントです。
「敬称」は受け取る人が差し出す人からみてどのような関係かを表すものです。
「肩書き」は会社や組織の中での社会的地位です。
会社の個人に差し出すときは、名前にだけ敬称を付けて、社名や部署名には敬称を付けません。
「社長様」「所長様」など「肩書き」に敬称をつけるのは間違いです。

ハガキの宛名書きで、会社の部署などに宛てるときは、部署名だけ書いて「御中」を付けます。

宛名の書き方の”マナー”あります。

宛名の書き方マナー について知っていますか?

たかが宛名、されど宛名、宛名の書き方やマナーのいかんによって、相手に与える印象はかなり違ってくるものです。
第一印象は何事にも大切だということですね!

縦書きの手紙を送る場合、和封筒を使い宛名も縦書きで書くのが好ましいでしょう。
和封筒の表には宛名を書きますが、封筒の中心にくるようにします。
住所は、右端から一行、郵便番号の枠の下部から10ミリ程度スペースを取って書き始め、文字の大きさは宛名よりも若干小さめに書く。
住所が2行になる時は、2行目は1行目よりも小さくなるようにしましょう。
洋封筒やハガキの宛名を書く時も同じです。
和封筒の裏には、差出人の住所や氏名などを書きます。これを省くのは失礼になるので書き忘れのないように注意しましょう。
差出人の住所等書くと共に、左上か右上にバランスを考えて日付を書き添えておくと完璧です。
また ”封” や ”〆” を書くのが一般的で、封筒の真ん中の封じ目に書きます。

洋封筒の宛名の場合、普通横向きに使うのですが、弔事また慶事などあらたまった場合の手紙には縦向きで洋封筒を使用し縦書きする事もあります。
縦書きの手紙には封筒も縦書き、横書きの手紙には封筒も横書きに統一するとよいでしょう。
ここで注意しなければならないのは、弔事以外の時は閉じた時の口が右側にくるようにしなければいけないという事です。

洋封筒で横書きにする場合の注意は切手の位置。縦に封筒を置いた状態で切手が左にくるのが基本になるため、横に封筒を置いた状態では切手の位置は右になるように貼らなければなりません。
裏側には、差出人の住所や氏名・日付を書きますが、”〆” や ”封” などの、封じ目に書く文字は横書きの封筒の場合は必要ありません。

ハガキに差出人の名前や住所は切手のサイズからはみ出さないように、住所より少し下になるように名前を書くと綺麗にまとまります。
ハガキを出すときの注意点は、目上にあたる人には略式のハガキではなく正式な手紙にする。
また他人に読まれて差し障りのある内容のものはハガキではなく手紙にするようにしましょう。

ハガキや封筒に宛名を書くときのマナーとして住所は省略しない事。
分かる範囲でかまいませんので都道府県名から正確に記入しましょう。省略すると失礼な印象を与えかねません。
住所番号を ” 1−2−3 ” ではなく ” 1丁目2番地3号 ”と正式な書き方をする。
 ” 一丁目二番地三号  ” の様に縦書きの時は漢数字を使うのが普通です。

宛名は手書きが理想的ですが、最近はパソコンなどを活用し宛名を印刷する事が多いようです。
その場合は毛筆風や教科書体など手書きに近い書体を選ぶようにしましょう。

正しい宛名の敬称の使いわけ

宛名の敬称について 迷った事がある。というのは社会人なら誰でも一度は経験があるのではないでしょうか?
同格や格下ならまだしも、目上にあたる上司となったらうっかりミスったら昇進にも響く大問題になる宛名の敬称問題ですね。

これは一般常識ですが、宛名を書く際、目上の方にはもちろん同格や格下の相手に対しても ”日本太郎 さん” と、さん付けでは失礼にあたります。
”○○様” と、様付けで宛名を書くのが普通ですね。
” 殿 ” も ” 様 ” も同じ様に使うことのできる敬称なので、目上の方の宛名に ” 様 ” でなく ” 殿 ” としても良いように思えますが、殿は、同格、目下に対する敬称。というのが一般的になっているため上司に対する敬称としてあまり好ましくありません。
社内ならば役職が敬称となるため、”様”を付ける必要もありませんが、△△△部 部長 ○○○様とするのが良いようです。
部長という役職自体が敬称のため、部長様とすると2重の敬称となり厳密には正しくないのですが、○○○部長様という使い方が習慣になって一般化しているようなので、一概に間違いとはいえないのです

正式か正式でないかはマナーの上で気をつけなければならない事ですが。最も重要なのは相手の受け取り方です。
知識的に正確なマナーを知っていても、それが一般的でない場合、例えば上記のように”殿”も”様”も同じ様に使うことのできる敬称なので、目上の方の宛名を”○○殿”と書いた。しかし相手が目下に対する敬称だという認識を持っていれば不快な印象を与えてしまうのです。十分気をつけましょう。

封筒・ハガキの宛名の印刷

封筒・ハガキの宛名印刷はパソコンを活用している方が多いです。宛名印刷のフリーソフト、無料印刷、ワードで印刷、エクセルで印刷、筆文字での印刷などいろんな方法があります。

封筒・ハガキの宛名印刷で他のファイルデータを文書の一部に取り込んで、取り込んだ部分だけを変更して文書を印刷することを差込印刷といいますが、宛名や住所だけを差し替えて印刷するときに使います。
ほとんどのワープロソフトは差込印刷の機能を持っていると思います。

封筒・ハガキの宛名印刷のフリーソフトは人気があり様々な種類があります。
宛名印刷の他にも多くの機能を兼ね備えているので用途に応じて選ぶようにするといいと思います。
留意点は昔からあるのでパソコン対応のソフトを選ぶようにしてください。

封筒・ハガキの宛名印刷が無料で出来るソフトもあります。
個人作成ソフトでフリーソフトを使えば完全に無料で出来ます。
個人作成ソフトのシェアウェアの場合でも期間限定で無料で使うことが出来るものもあります。

封筒・ハガキの宛名印刷でマイクロソフトのワードの機能に宛名ラベル作成があります。
ツールメニューから、ハガキと差込印刷へ進むと宛名ラベル作成という項目があるので順に従ってサイズを選び宛先を入力すれば印刷できます。
留意点は縦書き封筒には対応出来ない点です。

封筒・ハガキの宛名印刷をエクセルに打ち込んだ住所録を利用して作成することも出来ます。
ワードにデータを送って印刷も可能ですが不便な点があるのでエクセル対応のフリーソフトを使用することをおすすめします。