正しい恋愛のススメ 1〜5(完) 

July 07 [Thu], 2005, 4:19
竹田博明:17歳。ルックスよし、彼女ありのフツーの高校生。護国寺洸:オモテの顔は秀才の委員長。ウラの顔は一晩5万円で“愛”を売る出張ホスト。洸に裏の世界に導かれて、博明の日常はとんでもないことに…



(総評)
「てきとーに」を合言葉に生きている竹田博明の日常はある日一変する。おもての顔は秀才な委員長だった護国寺洸にとんでもないアルバイト、愛を売る出張ホストに誘われる。
・・・と、いったとんでもない話。
凡人の漫画家がこんなテーマを選んでしまったら大変なことに!!
だけど、一条先生はさすがと言ったところ。
先生の代表作と言っても間違いないかもしれません。

恋のめまい愛の傷 1〜2(完) 

July 07 [Thu], 2005, 4:14
婚約者・亮とともに3年ぶりに帰国した更紗を空港で出迎えたのは、3年前、愛し合いながら仲を裂かれた年下の恋人・琳だった。亮と琳は両親の離婚で名字が変わった実の兄弟だったのだ。更紗の心は激しく揺れる…。

                     

(総評)
台湾スター、ジェリー・イェンの作品の原作。ドラマ化もされています。

一条ゆかり先生のマンガで最高傑作の恋愛パターンです。
どんでん返しあり、でも凹んだ分だけ 盛り返し、盛り上がる。最後はハッピーエンド。
こういう恋愛は、いくつになっても憧れちゃいます!!
この続きが読みたいっ…て思わせるのも一条マンガならでは。

天使のツラノカワ 1〜5(完) 

July 07 [Thu], 2005, 4:09
失恋・ケガ・盗難の不運3連発に襲われた美花は超貧乏暮らしに。そんな美花の前に現れた2人の男小説家で遊び人の龍世とバイトの達人・紫生。魔性の女・沙羅も絡んで美花の生活は激変する!



(総評)
いつもながら、一条ゆかりさんの作品にはぐいぐいと引きずり込まれるようです。
美しい画もさることながら、男女の恋愛の機微や心理を、生き生きとコミカルなタッチで描いていて、『早く次が読みたい!!』という気持ちにさせられます。

プライド 1〜4 

July 07 [Thu], 2005, 3:56
今は亡き有名なオペラ歌手を母に持ち、同じ道を目指す資産家の娘、麻見史緒。バイトをしながらオペラ歌手を夢見る緑川萌と出会い…!?




(総評)
コーラスで現在も連載中の漫画。もー、すっごく面白いです!!
境遇も性格も違う二人の女の子の戦いに目が離せませんよ。

一条ゆかり先生の絵のうまさにも引き込まれてしまいます。

「プライド」って何だろう?そう思わせる作品です。
お嬢様で、美貌の持ち主のお嬢様・史緒。
挫折なんて言葉を知らないからこそ、「正しいことが全て」というプライドを持っている。
そのプライドを捨てたのは、貧しくて、オペラ歌手になるという夢を諦めていた萌。
きっと、プライドをあの時捨てなかったら、史緒=萌という対等な立場にはならなかっただろう。

とにかく、是非手にして頂きたい一品。

天使なんかじゃない 1〜7(完) 

June 30 [Thu], 2005, 17:50
冴島翠は新設の聖学園に通う元気な女の子。第一期生徒会の副会長になったが、会長はなんと気になっていた須藤晃に。生徒会の初仕事が学園祭に決まり楽しい毎日を送っていたが、晃にヒロコという彼女がいること知り…?



(総評)
こんな学校があるのなら行ってみたいし、こんな生徒会があるのならやってみたい。そんな素晴らしい青春ラブストーリー。
明るくて、お調子者で、人気者で口がでかい翠は、クラスの皆に頼まれて生徒会に立候補。そこで気になっていた「須藤くん」に出会う。
キャラもすっごくいいし、「付き合おう」とか何も言わずにずるずる親密になっていく二人に少しイライラしたり。これって付き合ってるの?っていう微妙な関係+晃の好き(?)な人の影がちらついて、この先も気になる!って一巻読んだらやめられなくなってしまうこと間違いなし!

マリンブルーの風に抱かれて 1〜4(完) 

June 30 [Thu], 2005, 17:43
橘遙は初恋の人・有川亨と夏の海で再会。亨は遙のいとこ・清水一平と同じ高校、サッカー部へ、そして遙の親友・北田智世とも仲よくなった。そんな折、一平が遙を好きだと知った亨はサーフィンで決着をつけようと…。



(総評)
矢沢あいさんの初期の作品です。
橘遥の幼少のころの思い出から始まる。遥は大好きな有川君にいろいろなことが重なって「好き」ということが伝えられない。そんな中有川君が引っ越してしまいます。
何年かたって遥は偶然有川君らしき人を見つけます!!!小わきに登場人物の紹介も載っていて人物がわかりやすいです。交錯した人間関係にも見ごたえがあります。

ホットギミック 1〜10 

June 30 [Thu], 2005, 3:14



(総評)
相原さんのマンガは毎回シュチュエーションが凝っています。このホットギミックもまさにそんなマンガです。

社宅というある意味閉鎖された舞台設定。幼なじみの複雑な関係にある男女の高校生。
親の立場や近所付き合いを気にしながらの男女関係。ヒロインははつみという女子高生ですが、上司の息子でエリート高校生の亮輝やはつみの兄、そして幼なじみでモデルをしている梓という男子がかっこいいマンガです。
まだまだ連載中なので、今後の展開が気になります。

青天大睛 1〜6(完) 

June 30 [Thu], 2005, 3:10


(総評)
主人公の女子高生亜子は現役のギャルで何においても中途ハンパだったのですが、バスケ部の顧問の片寄先生に出会って一気に大変身!!
茶髪ギャルから黒髪のおかっぱの女の子になって、大好きな片寄先生に誠意をみせます。
大好きな片寄先生に少しでも近づくためにバスケ部のマネージャーになってがんばりますが、片寄先生はどこか冷たくて・・
純粋な亜子の思いが片寄先生に届くのでしょうか??思わず亜子を応援したくなっちゃいますよ!
タイジ君という亜子のことを密かにすきな男の子キャラの今後の活躍も見逃せません!おもしろいです。ぜひ読んでみてください。

空に太陽がある限りっ。 1〜3(完) 

June 30 [Thu], 2005, 3:06
 

(総評)
とっても主人公の女の子がかっこいいです!!!あこがれる高校生活の話です!!最近恋をしていない人は、これを読めば恋がしたくなるはず(●^∀^●)読みはじめたら止まらないです!!相原さんの漫画のなかで私は一番好きです(^д^)オススメです。読んでみてください!!!

SO BAD 1〜6(完) 

June 30 [Thu], 2005, 2:59


(総評)
相原美貴さんの作品では、この『SOBAD!』が、一番の傑作で代表作なのではなかろうか。
その他の短編などが少しでもいいと思う人は、、是非読んでみよう!!
勝気な主人公雪野今日子の、実は強がりなところがよく出ており、かわいい!(笑)
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:atelier7
読者になる
Yapme!一覧
読者になる