歯科医によってはこの患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の

July 25 [Mon], 2016, 15:23
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば従来はできないといわれていた症例でも治療は決して不可能ではありません。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして十分調べてください。人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。それに対して、インプラントというのは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。インプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その手術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必須といえるでしょう。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院して手術することはまれです。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自前の歯と同じレベルの耐久性を保てると考えていいようです。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めると維持できなくなる異常も起こりうるという押さえが必要です。インプラント治療を検討している方、大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用面で、治療を躊躇する方も多いのが当然です。しかし、クレジットカードの分割払いや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える便利な歯科医院も多くなってきました。手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウナ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/atehynrrdelelv/index1_0.rdf