満員電車やエレベーターの中で頭皮のニオイにお悩みのあなたに朗報です!

November 08 [Sun], 2015, 12:00
 「満員電車やエレベーターの中で」「会社や学校や得意先の接客など距離が近い時に」「デート中」など、気になるのが頭皮のニオイです。
「毎日シャンプーしているのに翌日の夕方には頭皮が臭っている」「朝シャンプーしているのに午後には頭皮の臭いが気になる」と悩む方?




頭皮のニオイの原因



皮脂の洗い残り
頭皮が臭う原因は、皮脂の分泌過多が考えられます。
頭皮は体の中で一番皮脂が多い場所で、Tゾーンの約2倍の皮脂腺があると言われています。

頭皮の皮脂がシャンプーで、洗いきれずに頭皮に残ってしまうと、雑菌の繁殖を招き、頭皮のニオイの原因になります。
頭皮は、毛穴が大きく、数も多いので、汗や皮脂、フケなどの老廃物や油性の整髪料が残りやすく、酸化してこびりつき、毛穴に詰まると、ニオイの原因となりますので、頭皮の汚れをしっかり落とすことがニオイを抑えるためのポイントです。





塗れた髪
朝のシャンプーの後に、、髪をしっかり乾かさないことも頭皮が臭う原因になります。髪が濡れた状態で長時間いると雑菌が繁殖して、ニオイの原因になりますので、洗髪後はドライアーで、しっかり乾かすことが大事です。




不規則な生活&食生活
頭皮のニオイにかぎったことではなく、体臭全般にいえることですが、油っこい食べ物や肉中心の食事は控え、野菜をしっかり摂るようにすることで、頭皮にも良い環境が整います。



頭皮のニオイ対策法


毛穴の皮脂除去
通常の洗髪では落としきれない頭皮の毛穴の汚れをしっかり落とすようにする。




皮脂の酸化抑制
頭皮の皮脂が酸化して生じる過酸化脂質の生成を抑制し、頭皮の血行を促進する。



それには、 【クリアハーブミスト】 





キチンとシャンプーをしているのに頭皮が臭うという方!食生活に偏りがある方!

November 07 [Sat], 2015, 17:55
頭皮のにおいの原因?



キチンとシャンプーをしているのに頭皮が臭うという方
この原因の多くは、「フケ」と「皮脂」です。
フケや皮脂は、雑菌の格好の餌食になりますので、頭皮で雑菌が大量に繁殖してしまい、炎症を起こして、においの元となってしまいます。





頭皮から分泌される皮脂
皮脂は酸化すると悪臭を放ち、皮脂が多く分泌される頭皮は、かゆくなります。そこで掻いてしまうと、頭皮に傷がつき、傷ついた頭皮には、さらに皮脂が分泌され、においの元となる皮脂の過剰分泌になります。





ドロドロとした臭う汗
野菜をあまり摂らない、お肉などの動物性のたんぱく質を多く摂る、など食生活に偏りがある方は、臭う汗をかきやすくなります。





加齢臭
頭皮のにおいの原因の1つに加齢臭が考えられます。
加齢臭の発生は、皮脂の酸化が原因です。

活性酸素による皮脂の酸化で、過酸化皮脂という物質ができます。
歳をとると、パルミトオイレン酸という脂肪酸を分泌するようになります。
パルミトオイレン酸と過酸化皮脂が反応しますと、臭いの原因となるノネナールという物質が発生します。

また、女性ホルモンの減少が、パルミトオイレン酸の増加を促します。

頭皮のにおい予防は?


 【クリアハーブミスト】 

頭皮のニオイの原因は、頭皮が乾燥しておこる「ドライ頭皮」によるものです!

November 06 [Fri], 2015, 19:03
頭皮のニオイの原因は、頭皮が乾燥しておこる「ドライ頭皮」によるものです。





頭皮は、健康な状態ですと水分が30%程度あり、、ドライ頭皮になると、10〜20%程度の乾燥肌状態になってしまいます。

ドライ頭皮になると、乾燥を防ぐため、皮脂が沢山出てきて、頭皮を守ろうとします。

その皮脂の中には、ニオイを発生させるオレイン酸などの原因物質が入っていて、皮脂が出てくると、酸化したり、雑菌の繁殖により、イヤなニオイの原因なるのです。(頭皮の皮脂腺は、お肌のTゾーンの2倍以上もあると言われています。沢山の皮脂が出るので、ニオイも強くなります。)





では、なぜ頭皮がインナードライになるのでしょうか?





シャンプーのやり過ぎが原因
シャンプーをやり過ぎると、頭皮を守っている皮脂までも取ってしまい、乾燥してしまいます。

洗顔のし過ぎで、お肌が乾燥してインナードライになるのと同じことで、頭皮は、顔の肌と同じで、(皮脂腺の数は違いますが)皮膚なんです。
なので、シャンプーのやりすぎは、注意が必要です。





シャンプーは、1日1回だし、シャンプーは、やりすぎてない、という方。
その場合は、シャンプーに問題がある可能性が高いです。
シャンプーには沢山の種類がありますが、スーパーやドラッグストアのシャンプーは用注意です。





スーパーで売っているシャンプーは、洗浄力が強く、刺激が強い成分が入っていることが多いのです。





肌が弱い方が、洗浄力が強いシャンプーを使い続けていると、頭皮の皮脂を落としすぎてしまい、頭皮がインナードライ状態になり、頭皮は、乾燥を防ぐために、皮脂を出して、頭皮を守ろうとします。
その皮脂の出過ぎが、結果として、頭皮のニオイにつながってきます





シャンプーの見分け方
シャンプーの裏面にある成分の一覧をチェックしてください。

ラウレス硫酸◯◯◯、ラウリル硫酸◯◯◯といった表記があれば、洗浄力が強いシャンプーです。





また、アミノ酸系シャンプーの中でも「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」と表記のあるシャンプーも、頭皮の弱い方は避けたほうが無難です。
ラウレス硫酸系のシャンプーよりは、洗浄力は、弱いのですが、頭皮の弱い方には、ダメな方もいます。


フケ・かゆみがあり、頭皮に炎症・ニキビ・出来物などが、ある方は、刺激のあるシャンプーは使わない方が無難です。


 【クリアハーブミスト】 

頭皮のニオイを予防するには、まずシャンプーとヘアードライの見直し!

November 06 [Fri], 2015, 16:41
正しいシャンプーで臭いを除去

頭皮のニオイを予防するには、原因を作らないことです。まずは、洗髪方法を見直していきましょう。





最初は、ブラッシングを行う
髪の毛や頭皮は、ホコリや汚れが付着しますので、優しくブラッシングでホコリや汚れなどを浮き上がらせます。
(薄毛の予防法も同じです。)




お湯で髪を十分に洗う
シャンプーをする前にお湯で髪を濡らし汚れを流します。(70%以上の汚れが落ちます。)


お湯の温度は38度がベストが、40度前後でOKです。3〜5分位のしっかり時間を掛けて、地肌まで洗います。



シャンプーをしっかり泡立てて洗う



洗髪の時は、後頭部から洗います。



シャンプーの成分を地肌に残さないように時間をかけてしっかり洗い流す
(整髪剤など毎日使っている方や髪の量が多い方は、2度洗いしましょう。)

顔の肌荒れの原因の一つが、洗顔料をきちんと洗い落とせていないことのように、頭皮トラブルの原因の一つにシャンプーの洗い残しが原因だったりもしますので、ちゃんと洗いながしましょう。




ヘアードライをしっかりする
髪をしっかり乾かない状態で寝てしまったり、朝、髪が乾かない状態で出勤してしまうと、雑菌が増えて、異臭の原因になります。ドライは、弱で、しっかりするようにしましょう。
急いで、強でドライをすると、髪も頭皮にも悪影響です。
熱い風で乾かそうとすると、手に当てて見るとわかりますが、熱で髪も頭皮もやけどして、炎症し、フケなどの原因に。




生活環境の改善
頭皮も皮膚で、身体の一部ですね、他の体の部分と同じように体臭を発生させないようにするには、タバコやお酒を控えて、食事環境や睡眠時間ほか、規則正しい健康な生活をしていけば自然治っていくはずです。
早くねて早く起きる
炭水化物ばかりたべない
緑黄色野菜を毎日食べる
油っぽいものを控える
湯船にゆっくりつかる
適度に運動する
ストレスをためない

など 頭皮をケアを心がけしましょう!!
これで、髪の毛も健康でツヤツヤして、いい匂いをキープできるはずです。


 【クリアハーブミスト】