やっすぅぃ〜がアームストロング砲

May 10 [Tue], 2016, 11:45
看護師は職場の同僚と打ち上げをすることがあります。

常にイレギュラーが発生する職場なので、みんなが集まることはレアですが、どうにか予定を合わせて飲み会に出席します。

仕事の愚痴など共感することが多く、ストレスが昇華されて飲み会は明るい雰囲気です。

実のところ、看護師さんは大変な業務が多いですね。

くれぐれも過労死をしてしまわないように気にかけた方がいいでしょう。

満足な条件でない場合、職場を変えることを検討してください。

重大な病気になれば、働くことすら、難しくなります。

あなたの体調のことはあなた以外の誰も守ることはできません。

よく知る看護師が、この間、転職をしたようでした。

どうしてなの?とその理由を聞いてみると、もっと忙しく働いていたい」というわけでした。

できるだけ楽な仕事が良いと思う人が多い中で、こんな風に考える人もいるのですね。

現在も、看護師は常に人手が不足していることが叫ばれています。

この人手不足をなんとかするには、現在、看護師の資格を取得していながら看護の仕事に就いていない人に、看護師として仕事をしてもらうのが良いと思われます。

柔軟な働き方ができるようすぐにでも、医療機関が直すべきところは直していくことが重要です。

看護師として働きたいと決意した志望動機は、病院内であらゆる病気、怪我、体調不良などと戦っている患者のサポートをするという、看護師としてのやりがいを感じたためです。

私自身も過去に入院したときに、お医者さんや看護師さんに申し訳ないほどお世話になり、私も一人の看護師として、患者の手助けをしようと思うのです。

中には、退職金に懸念がある人もいるのかもしれません。

退職するときに看護師がもらえるお金は、国立や県立の病院では多くなります。

その次に多く支払われるのは、大学病院でしょう。

規模が小さい病院の場合は、退職慰労金も少ないです。

夜に勤務する機会が多くなるので、全ての人にとって良い仕事場ではないですが、全体としてみれば、規模が大きい病院の方が退職金などの待遇が良いでしょう。

看護師の業務内容は幅広いです。

通常、医師の診療がスムーズに行えるような補佐するのが基本的に、主となる業務内容になりますが、ほかにも患者さんのお世話や手助けといったことも行っています。

入院病棟か外来かによっても仕事の内容がかなり異なるでしょう。

外来のほうが入院病棟の方が仕事量が少ないので、大きな負担がのしかかるでしょう。

看護師は医療機関が就業場所ですが、ただ、医療行為さえすればいいわけではありません。

看護師は病気やケガで動けないクランケの身の回りの支援もしなければならないので、医療機関の中で他の仕事よりも忙しく勤めていますよね。

重労働の割には、収入は良くなく、精神的苦痛が原因で体を壊してしまうこともよくあります。

気になる看護師の平均年収は、あんなに激務である割には、高額ではないのが実際のようです。

常によりよい収入を支給してくれる職場を希望して転職のために活動している人がいるのです。

お給料が良い病院は、当然、人気でなかなか枠があかないため、転職希望者によっては、看護師専門の転職サイトなどを駆使して、転職活動をしている人もいるようです。

場合によって、看護師でも非正規雇用でアルバイトとかパートで仕事をすることもあるのです。

その際、重要度が高いのが1時間あたりの給与です。

基本的に、パート、アルバイトの看護師は正規雇用と比較して待遇が悪いことがありますから、やっぱり、時給を高くしてくれないとやりがいはないですよね。

理想を言えば、時給は高いほうがいいものです。

病院に行ってみるとどんどん患者さんがくるので、看護師はいつも忙しい様子です。

手際よくされていたり、大きな声で名前を呼んだり、患者さんに説明したりなどと、性格的にしっかりしていないと勤まらないとても大変な職種だと思います。

ただ、その分、やりがいのある職種だと思いました。

看護師はチャレンジングな仕事だといわれています。

今は、どんな種類の仕事でも一対一で人とかかわることがなくなる傾向にあります。

そんな中で看護師は人と深く交わることができ、サポートできるという意味で挑戦しがいがあると感じる方が少なくないのでしょう。

看護師を辞職したいと思っている人は、かなりの数になるでしょう。

最大の理由としては、厳しい仕事内容で体調不良になってしまったり、給与のことで不満に感じていたり、職場の複雑な人間関係で精神的に切羽詰ってしまったりといったことが多数です。

私の叔母にあたる親戚が、離婚をして出戻ってくることになりました。

久方ぶりに会った叔母は思っていたより元気そうで、「私には看護師資格があるんだから、どんなところへ行っても仕事に困らない。

あんな男の世話になんかならなくても十分生活できるわ」と言って笑っていました。

向上心のある看護師が看護の技術をより磨いたり、成長のために、医療経験を積むには、色々な方法があります。

これまでの就業場所から技術の向上を図れる他の病院とか医療施設などにトラバーユするのも考えられる方法の1つになります。

他にも、最新の技術とか幅広い知識を自分のものにするために看護関連資格を取得するのも成長できる方法でしょう。

希望条件に合う病院や医療機関への転職を目指す看護師にとって大事なのはやはり、面談です。

面接の時に、看護師が頻繁に聞かれる事としては以前の病院での業務内容について、退職した理由、働くとしたら、この病院で何をしたいと思うか、自分の看護の価値観といったことです。

特によくきかれる、こうした質問にスムーズに応答できるように面接の前に準備しておいてください。

知人が入院している病院にお見舞いに行った時のこと、とても忙しそうに働く看護師を見かけたのです。

患者の中には体が不自由なために、頻繁にナースコールをしなければならない人も多いのです。

看護師の仕事は、お見舞い客の立場でみる範囲でも、苦労の連続でしょう。

看護師の初任給は周りが想像するほど良くありません。

事実、入院して看護師の仕事ぶりをみていると、深刻な患者が入院していない日には、決まった時間に変わりなく作業をするだけですが、それだけでもかなり大変です。

重篤なクランケが入院している場合には、いつも以上に激務となってしまい、気持ち的にも相当ストレスが強まるでしょう。

看護師として働きながら金銭面の余裕が欲しいと考えた時に行う副業にアルバイトがあります。

勤務がない日を活用してパートなどで働く看護師は年ごとに増加する傾向がみられます。

副業の利点は、何もすることがない時間を効果的に使うことが出来て、全く関係のない仕事をすることで気晴らしにもなることです。

看護師が転職するにあたっての志望動機には様々な理由が想定されます。

一例を挙げれば、最先端の医療、高度な医療技術の習得、現場での実践経験を積むために、専門性の高い医療機関に転職したいといったケースもあるはずです。

他には、結婚や出産などの家庭の事情によって転職を選択するケースも多くあります。

看護師は患者の人の生命に関わるような業務をしているため、非常に精神を酷使しています。

ですが、それでも、あまり高給とは感じられない給料で仕事しています。

そのような看護師の仕事に対するモチベーションを上げるために、どうか給料を高くしてほしいと思うのです。

看護師の仕事は、すごく重要で、どのようなものであれ、医療的な施設ではなくてはならない職務を担っています。

重要な仕事であると同様に、夜勤のように一般的でない勤務形態があるため、寝る時間の少ない看護師も多数いるようです。

看護師を務めるためにもまずは、自分の健康の状態を管理することも重要な業務の1つになります。

看護師不足の病院も少ないとは言い切れないため、再就職はよい選択です。

とはいえ、前職からの期間が経っていたら少々不安ですね。

そういう時は、転職をネットで紹介するところを最大限に利用して不安な時に、相談にのってもらえるネットワークを使うのがいいでしょう。

交通事故により救急搬送された際に、医師が気付けなかった私の鎖骨の骨折を指摘して処置を施してくれたのは若い看護師の方でした。

後で知ったのですが、すごくお若いのに看護師長の地位でした。

能力評価が正当にされた結果なのだと思います。

看護師からすれば育児と仕事の両立は簡単ではない問題といえます。

病院で仕事をしたいと感じていても、育児をしつつ、看護師の職責を果たそうとすると、様々な困難が発生してしまいます。

看護師と育児を同時にこなすのは自分だけの問題としてよりも医療全般の課題として試していく必要がある思います。

残業をした場合、残業代をもらえるのは普通のことです。

ただし、看護師の場合、状況により、残業代がもらえないこともあります。

とりわけ、転職をしたばかりで新しい医療現場に慣れていない場合には、どうしても残業の申請をしづらい雰囲気があるものなのです。

ちょっとでも看護師の過酷な労働条件を改善する意味でも、きちんと残業手当がもらえるようにする必要があります。

看護師が派遣で仕事をする時には、色々なメリットやデメリットがあるのです。

まずは、良い部分として長い期間働く必要がなく、条件や都合に沿って他の職場に自由に移れることです。

悪い部分は、昇給やボーナスがないので、比較的、長期間の勤務には適さないことでしょう。

平均寿命は年々高くなり今となっては超高齢化社会となっています。

この状況下で需要が高い職業が看護師と医師、介護士です。

いずれも、専門知識、技術を要し、誰でもできる仕事ではありません。

これらの職業人の育成に関して政府は、もっと真剣に考慮した方がいいと思います。

看護師になるとすると、単に知識や技術のみではなく、「この業界で仕事をするんだ」という強い気持ちが大事だと思います。

専門職ですから、OLなどに比べると高収入で、働き口に困ったりもしません。

ただ、日常ほとんど関わることのない人間の死と向き合うことになるからです。

皆さんの中には、看護師の年収は高いと考えている方もいるでしょう。

とはいえ、夜間業務がないとあまりお金を得ることができず、1年の収入が低いということがあるのです。

それ故、独身だと定期的に夜勤がある医院で働いて稼いで、既婚後、夜勤がまわってこない病院に再び勤める方も多いです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuna
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/atabnsget2rsh7/index1_0.rdf