April 19 [Thu], 2007, 22:45
まだ待ってる。

あんなに彼への想いを見せ付けられ、
あんなに詩的情緒を見せ付けられ、
根っこの強さも見せ付けられ。

俺とのやりとりと言えばもっぱら世間話
他の男の子にはできない質問
寂しい時の

うーん 俺にとって彼女って何?
って事よりも
彼女にとって俺って何???
って事の方がよっぽど不可解に思えてきた。
俺を捕らえて離さない彼女
捕らえようとしても捕らえられない彼女
恋愛対象は100% あの、カレ。

彼女の顔を思い出しても こっちすら見ていなけりゃあ 勿論笑っても居ない。

俺の子供の頃から抱えている感情が彼女を求めてるんだろうか。
それは彼女の方にも言える事かも知れない。
面白い事に、彼女の献身的な心持ちは 幼い頃一緒に遊んでくれたあの女の子に似ている。

23の頃好きだった子は 再婚した父の嫁に似ている。

一生忘れられないであろう彼女の彼氏は無くなった父のイメージと被る。

俺と縁のある女性はいつも破天荒。

一番仲のよかった友達は 飼っていた 犬。

この日記を書いている今の頭の天気は くもりぞらの しとしと雨
寂しさに圧倒されてしまう苦手な、雨。

夜中、空を飛ぶ飛行機のランプのようなタイミングでフラッシュバックする キミ。

明日の仕事を思って湧いてくる憂鬱。

その憂鬱に立ち向かう、キミ。





おっ、なんだか君の役に立てるような気がしてきたぞ。




一難去って今何難? 

April 05 [Thu], 2007, 21:55
hello , daylight

大変な目に会って、無事帰還したと思ったら それと同等の大変な事が。

神様って居るのかな と思いきや 頼る という発想・概念を捨てた方がやりやすい、
という事に気づいた。

どうも法則事や、縁起、信心深さが身に付いている模様。

ああすればああなるんじゃないか、とか このままいけばこうなるかも、とか
根も葉も根拠もない憶測で動きがちなワタクシ。

そうなんだよねぇ、イレギュラーな出来事より、現実的な出来事の方がよほどスマートに起こる。
そう考えると、憶測から脱し、計算された現実を手に入れれそうなモヨリ。

まぁ、何にしろ------------------------------------------------

自分の親に 生きていく意志が無くなってしまったら 回りの家族はどう対処したらいいでしょう?
こちらがどんなに努力をしても、どんどん家計を破壊していく我母。

俺が横浜に居た間、1人で過ごしてたのがよっぽど堪えたのか、ありえない行動に出やがります。

その様はまるで、自分の家をその手でバールのようなもので解体していくかのよう。

俺が物心つく前から 俺の傍には一切居ず、パチンコ台に見とれ、
実の父には逃げられ、再婚相手には追い出され、彼氏とは金の切れ目で縁が切れ
その次の彼氏には再婚相手と寸分たがわぬパターンで追い出され、

今俺に追い出されようとしているジャマイカ。

母よ…もう人間の機能を失ってしまったのか?
あなたの行動はもはや、生きるという方向に基づいていない。
人間の強さ(弱さ)というモノは ゼロ以上で、その数値が「現実の厳しさ」を下回る人たちの事を
「弱い人」 上回る人たちを 「強い人」と思っていたが
あなたの数値はまるでマイナス。

どんな説教をしようが、依存するような返答ばかり。

もう話しかける相手、ですらなくなってきた。

認知症や痴呆の類かな。

こんな大変な目に会って帰ってきたのに また絶望の波が押し寄せてくる。

俺に未来なんて、元々あったのかなぁ。
悲しさを超えて凍てつきそうだわぃ。

知人 友人 隣人

どんどん遠ざかって また俺は井戸の中に帰るのだろうか。
お月様しか見えない あの井戸の中に。

信頼できる人が回りに居ないのか、俺が信頼関係を作れない人間なのか。

どなたかこんなワタクシに、愛の手を差し伸べてくれませんか?

うまく掴めないかも知れませんが。

じゃあの。

ふくよか in 福岡 

March 22 [Thu], 2007, 22:53
きれいすぎる---------




今、君の写真を見てるんだよ。

チャットで知り合った仲間の写真がいっぱい入ったフォルダを広げて。

あの時のあいつだ、これはあの子だ、あ〜こいつか、

なんて思い出しながら。

視界の右の方、直視はしてないけど 何かその視野で目立った写真があるな?

と、目線をそちらに向けてみる。




あなたです。ぼんやり見ていたフォルダの中で、「唯」の存在感を放つ。

思わず見入る

視野に入っていた君の写真を見るや否や 視野がなくなり君一点。

・・・なんつー存在感。

いちばん細いペンでいちばんしっかり書いたようにクッキリ浮かんでいる君の写真、ライン。

白い肌 しっかりした鼻 絶妙な位置のほくろ

なんてイイんだろう。

「イイ」をここまで現実のものにできる?

イイ、すごくイイ。



先日、君に永遠なる別れのような、そんなものを宣告されたばっかりなのに

すごく「イイ」

きれいだし カワイイ。でもそれよりももっと上のモノ。

「イイ」

感情まで揺さぶってくる彼女のパワー(持ち味)




永遠にそのままで居ておくれ。

太陽よりも冷たく、氷山よりも暖かい君。




一度きりの接触だったが、その出来事が更に遠い君を色濃く 想に居座らせる。

どこぞの誰かの歌で、愛してる 以上の表現は無いものかと歌っていたけど、

その言葉は未だ未開発なんだが、俺も、その言葉があるならば

それを以って君への想いとする。


大好きなんだ、とっても。


この世に女性が居るならば、それは世界に君1人


異性と呼べるイキモノは 世界に君1人


一生会えないかも知れない君だけど


一生そばにいてください


おやすみ。

care me 

March 20 [Tue], 2007, 23:32
大好きな彼女を失った---

横浜も失った---

時間も失った---?

お金もいっぱい失った---

癒してくれるあの人も---

1年経って 帰ってきて 戻ってきたら 家を出る前と同じ時期

ちょうどその頃も職場での親友も捨てて家を出たっけ。



あの人は疫病神だったのだろうか。
俺のことをそう呼ぶ時もあったなぁ(トンデモない話だけど)
身に付いたものは多少、ホント多少 あるけども
目に見えて失ったものばかりだ。
仕事もつなぎがてらの土工。



誰が知るだろう、ほとんど失った後、この世に少しだけ華を与えてくれる彼女まで
失おうとしてる。




切なくて淡い卒業式?
   いや、新しい門出ではない

絶望の淵?
   いや、真っ暗ではない

這い上がる時?
   逆境というほど坂道ではない



ただ、自分の全てをぶつけられる相手が遠くに行ってしまう。
目の前に居たとしても 手の届かない所へ。



一体誰が知るだろう、一体 誰が知るだろう



とても寂しい



あの人は他人の大事なモノを 奪う事しか知らないのだろうか

そう想うと 一生 幸せになれないであろう彼女に妙な尊さを にわかに感じ

振り回されまいと、自分の人生へ照準を絞る。

でも世の中 観察したいものだらけ。

でも傍観してると地面を踏みしめる足跡が残らない。

こう記している最中にも 思い出のMM21が脳裏に浮かぶ。

広い空とカモメ---自己主張をするビル・ホテル・ショッピングモール---いい笑顔のあの人



変わろうか

そろそろ変われそうな気がする

のどか 一色の世界で なるべくその世界で自分を振り返りながら。 

初めての決意らしい決意 

March 12 [Mon], 2007, 20:48
彼女とさよならしようかな。

長らく、ふわふわした場所に一緒に浮かんでた気がするけど。





雨降って地固まる-----

最近この言葉の意味を知った。
全然興味が湧かなかった言葉だが、その意味を知ったらとても胸に染み入る言葉じゃないん?
雨が降って地がグジョグジョになったと思いきや 乾いた後は 前よりしっかりした地盤。

君とのトラブル、一生懸命、なんらかのカタチ、マイナスな出来事でもいいからなんらかのカタチに
しようと試行錯誤してたんよ。

相手は間違っちゃいない。行為も間違っちゃいない。ただ与えたい気持ちより欲しい気持ちが
勝ってしまっただけ。

・・・・・でも彼女は泣いてしまった。
誰よりも大切な娘だと思ってたのに・・・・・。

でも君らしくないね、自分を大切にする気持ちが何かのウィルスに犯されてるみたいだ。
あんなに気持ちのいい時間をいっぱい吸い込みあったのに、
あの人とのやりとりだけで俺のイメージが下がっただなんて。

俺が悪いかも知れないが、君らしくないわ。
まー、あの人とのやりとりで感じる事は確かに、心削られる想いだけだが・・・。

思い出すだけで気分が擦り切れてくる。
うーん・・・。

でもさっき、君と決別する決意がカタチとして感じられたんだがなぁ・・・。

早々に、早急にその気持ちを確かなものにする必要があると、俺の人生観は囁いている。

そろそろか。

はぁあ。

なんでまた俺の時間っていつもこんなモノで埋め尽くされてんかいな?

16号走りたい。

知り合いはほぼ居ないが、横浜に会いに行きたいなぁ。

は〜ぁ。。。

人生を底から変える 「もしも」 

March 10 [Sat], 2007, 22:54
嗚呼、もしも君が俺の電話を今か今かと楽しみにしていたら。

嗚呼、もしも君が俺と過ごす時間を何よりも優先していたとしたら。

嗚呼、もしも今まで過ごした時間が すべて君と共有できていた時間だとしたら。

見るもの見るもの全て鮮やかに見え 世界平和を願う事ができるのに。

もやもやしている霧が 全て晴れるのに。

嗚呼 きみ、が相手じゃなと叶わないコトだ。またね。

東京タワーだって あなたと見る通天閣にはかなわへんよ 

March 01 [Thu], 2007, 23:52
Dreams come true の 「大阪LOVER」
いやードリカムはほんと、曲に臨場感がありますね。ヴァリヴァリ。
だから気に入ってしまうんですね。

しかしこの曲を聴いてると自分の彼女が遠くから大阪に'はるばる'やってくる
情景を思い浮かべないワケには行きません。
ちなみに はるばる がポインツ。

彼女の歌にはいつも恋愛感を刺激されてしまいます。

とまぁ未だに横浜の空気を忘れられずに居るわけですが
「思い出」になる前に戻りたいと思います。
近そうで遠い 横浜    恋しくて憎らしい 横浜

う〜ん、事実にカブりすぎ。

待ってろよ、横浜! CADの資格持って、行くからな!!!

横浜を後にして 

February 23 [Fri], 2007, 21:27
 横浜を後にしてちょうど1週間経った。

あまりにも濃密で息をつく間も無いほどの時を過ごしていたためか、
今まで横浜で過ごしていた感覚が無く、地元で普通に過ごし、9ヶ月時間が飛んで今がある、
そんな気分である。

あの家でゆっくりPCを触る事も出来ず、実家にてセットアップ。
ぼんやりした気分でファイル、特にJPGファイルを閲覧。
と、横浜に住み始める前の写真が偶然にもズラズラと。

まだ太ってない頃のあの人、今と違い、全然幸せそうなあの人の顔、大好きな彼氏にでも見せそうな
初々しい笑顔、今でも着ているであろうあの服・・・
そうか、あの頃からおよそ1年、俺は横浜で暮らしていたんだった。

あんなに激しい口げんか、人間のセリフとは思えない俺への非難・中傷

あれほどまで憎しみを向けそうになったのに、地元について1週間、横浜での出来事を振り返ると…

もうあの人はあの家に居ない。
大好きで神経質なほどの拘りを向けていたあの家は、もう人のもの。
近所の綺麗な並木通り、面白いご近所さん、歩いて3分のジャスコ。
でもあの家はもう、人のもの。
連絡手段はない mixiも切られた

元気で居るだろうか 最悪のタイミングで出て行ってしまって いまごろ生々しい罪悪感を帯びる。
感づいては居ただろうが、あんなタイミングで出てしまって、せめて激怒していて欲しい。
あんなに生きているのが嫌になるほど傷つけられたのに、
たった1週間で戻りたくなり、思い出せば思い出すほど、あの町が愛おしい。
いつ遊びに行こうか、俺と会ってくれるだろうか、1人で予測できない感情に耐えれるだろうか。

ごめんね、もうちょっと耐えていれば新しい何かがあったかもしれない。
そういう期待が、俺を苦しめ続けてきたわけだが
俺が居ない1人の方が、あなたは絶好調かも知れない。

直接本人には言えない事だけど、偶然このページを見てくれればと思う。

ネコは元気かな、次、会う頃は、まだ俺の事覚えててくれるのかな、超美人なネコ。

いつか会おうね 絶対また会おうね 元気で生きていておくれよ

俺は今より立派になって,

 あなたの前に、また。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:at_yokohama
読者になる
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる