高校生の時に自分の性格に

April 13 [Thu], 2017, 14:01
高校生の時、自分の性格変えなければと思ったことがある。
それは、「積極性」。
積極的になんでもするようになりたいと思ったが、
なかなかできなかった。
でも、高校1年生の途中から下宿(賄いナシ)にうつり
朝昼晩と食事を自分たちで何とかしないといけない環境となった。
弁当毎日作り高校へ持っていった。

クラスメイトが私の弁当を見て大笑い。
けなす意味で笑ったのではなく、
その人にとって変わった味付けだったから。

私は卵焼きに砂糖を少し入れて焼くので
焦げがつくのです。
その焦げを見たので笑われたのです。

私は自分で気に入って作っているので「おいしいよ」
「一ついかが?」と言って彼女に渡した。

美味しいと言ったかどうか忘れたが
悪い気をしなかったようだ。

そんな高校生活をしていると自然に積極性が出てきて
楽しく学生生活を送ったと記憶しています。

今では自分の性格嫌いとか好きとかではなく
このまま一生付き合って行こうと。

うつ病と気づく判断はいかに
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rento
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる