桃とチャーミー

May 27 [Fri], 2016, 13:42
SIXPAD(シックスパッド)は、なんで痛くないのか。


EMSは、色々な会社から出ていて、中には痛くないEMSもあります。ただ、痛くないEMSというのは、あまり意味のないEMSということが多かったようです。

EMSのトレーニング効果の高い低周波の大きさというのがあって、低周波が小さければ小さいほどトレーニングの効果が高いと言われています。



ただし、低周波にすればすれるほど、その低周波が痛いそうです。

だから、80HzのEMSは痛くないけど、あまり効果がない。30HzのEMSは、効果は高いけど、すごく痛いというメリットもデメリットもあるものだったそうです。

今回のSIXPADの低周波は20Hzで凄く痛そうなイメージがしますが、全然痛くありませんでした!SIXPADの低周波がCMMパルスという波形を見つけたそうで、この低周波の波形にすると20Hzにしても痛くないんです。


女性の場合は、このプッシュ系エクササイズとなる手幅の狭い腕立てを入れないことで(つまり、普通にSIXPAD(シックスパッド)を使うだけ)、二の腕を引き締めるエクササイズとしてSIXPAD(シックスパッド)BodyFit(ボディフィット)が活躍してくれるというわけです。やっぱり、腹筋が割れることばかりを意識しすぎているからでしょうけども、お腹全体をしっかりアプローチすることで、お腹周り全体のプニプニ退治が効率化するわけですから、もっと攻めの気持ちで、お腹の横も意識しなくちゃですね。

このSIXPAD(シックスパッド)を開始する前までは、腹筋が割れたことが無いから、これで本当に腹筋がクリスティアーノ・ロナウド選手のように割れるのか?という疑問だったのが、いつのまにか、いつ頃で割れるか?という、腹筋がわれる前提でいつのまにかSIXPAD(シックスパッド)を捉えるようになっているわけですから。
お腹に関しては、毎日するたびに、明日はどんな感じになっているかな?っと自分の中で楽しくて仕方ないです。この二つは、一見するとパッドの数だけが違うように思うかもですが、実際は、パッドの大きさも違いますし、同じ15段階というレベル調節ができても、同じレベルで設定しても刺激の強さや23分間でのプログラムによる刺激のアプローチは違います。
もちろん、電池や1回23分間のメニューという点や、電源のオンとオフ、レベルの+と−の調整方法は同じですけどもね。


でも続けないと結果なんてでないというのは、今回身を持ってSIXPAD(シックスパッド)生活で体験しているので、だるかろうがなんだろうが、無理やりでもスイッチを押しちゃいます。SIXPAD(シックスパッド)の電源が入ったら、あとはこっちのものですからね。


SIXPAD(シックスパッド)で挫折しちゃうようじゃ、多分、僕は、何やっても無理かもって思うくらい、こんな楽で結果がでているようなものってないですからね、今日みたいにダラケた気分の時は、自分を鼓舞するようにします。腹筋がバキバキになりました!!っとまでは言えないにしろ、かなり腹筋が割れそうな雰囲気になってきているのは事実だとおもうんですけどね。MTGさんから7月7日に販売されたSIXPADですが、誰よりも早く体験できたので、その感想を書きたいと思います。まず、SIXPADですがテレビのコマーシャルや新聞に載っている通り、EMSという低周波を利用した筋トレ器具です。
今まで主流だった〇〇社のEMSは痛いという口コミや、あまり効果が出なかったという口コミに比べて、SIXPADは20Hzという低周波(低周波は本当は凄く痛い!)にかかわらず、痛くないんです。SIXPADを実際に触ってビックリしたのが、とにかく薄くて軽いんです。
多分、A4のノートよりバッグに収まりやすいと思います。これなら、通勤中にEMSで筋トレをしながら、会社ではバッグにいれて、また、帰宅の最中にEMSで筋トレをしながら帰れます。SIXPADの良かったところは、簡単に装着できて、電源の入れ方もかんたん♪大げさではなく、SIXPADを素早く装着してトレーニングを始めることができます。
SIXPADを身に着けることができたら、+(プラス)のボタンを2秒間長押しすると電源が入ります。逆に-(マイナス)のボタンを2秒長押しすると途中で止めることができます。電源が入ったら、プラスのボタンでレベルを上げることができるので、レベルを上げていきます。



レベルは1から15段階あります。
残念ながら、何レベルかは表示がないのでプラスボタンを何回押したか自分で覚えていないとダメなようです。


プラスボタンを何回押したかわかりませんが、体がビクッとするほど効果があるのがわかります。

今回アブスSIXPAD、ボディーSIXPADのどちらも使用したのですが、どちらともレベルを上げ過ぎると体がビクッとするほど刺激があります(でも痛くありません)だから、通勤のときはレベル3ぐらいの軽い刺激でエクササイズ感覚で使った方がいいなぁと思いました。逆に家で使う時は、レベル10以上で汗をかくぐらいにがっつりとやりたいと思いました。


女性なら二の腕の引き締め、男性なら腕をたくましくする三頭筋をSIXPAD(シックスパッド)でどうやって鍛えるか?についてお伝えしたいと思います。


たくさんの医療機器を扱ってきて、今までに色々なEMSの機械を体験してきました。約300万円する医療機器のEMSをしたこともありますが、効果には疑問があり、私の中ではEMSは信用していませんでした。しかし、MTGのSIXPAD(シックスパッド)を実際に使用してその思いは覆りました。

本当に効果のあるものに出会ってなかっただけなのです。



二の腕のプルプルといえば、ファッション的に露出する機会が多い傾向のある女性の方が何とかしたいと思われている人が多いかもです。なるべくシックスパッドの運動効果について中立的な目線で、判断したいのでユーチューブなどの動画サイトで、女性・男性それぞれがSIXPAD Abs Fit(シックスパッドアブズフィット)を利用している動画を幾つも見てまわってみましたので、その見解も含めて考察してみます。SIXPAD(シックスパッド)のマイナス点にも触れておきます。今までのEMS製品はジェルを塗って付けるタイプでしたが、SIXPAD(シックスパッド)は粘着パッドを使用します。粘着パッドの交換時期の目安は1ヶ月です。なので買ったらずっとお金がかからずに使い続けることはできません。
ジェル代がかかるのと同じように、粘着パッドの交換が必要になります。


安心してください!!引き締めますよ。SIXPAD(シックスパッド)の使い方は簡単です。

以下の3ステップでできます。@SIXPADを台紙から剥がし、粘着面を鍛えたい部分に貼り付ける ASIXPADの電源を入れ、1〜15段階の出力レベルを合わせる BSIXPADは1セット23分で終了します。



その間はテレビを見たり本を読んだり、家事をしたり自由できます少なからず、僕はそれで十分腕は効きまくります。

SIXPAD(シックスパッド)を使用して2ヶ月が経った9月7日、体重計に乗ると63.7kgあった体重が58.8kgになっていました。マイナス4.9kgです。

18.6%あった体脂肪率が、13.5%になっていました。
マイナス5.1%です。(※効果には個人差があります)ただ体重が落ちて痩せるだけでなく、体脂肪率も減っていますので、筋肉を鍛えながら健康的に痩せたということです。


キレイに痩せたい女性、メタボで検診に引っかかった方にもおすすめです。
世界No.1フットボーラーである「クリスティアーノ・ロナウド氏」のトレーニング理論から誕生したというこの【SIXPAD(シックスパッド)】は、平たく言えば、電気で筋肉を刺激する「EMS」マシーンです。



SIXPAD(シックスパッド)は腹筋を鍛えることができるabs fit(アブスフィット)と、腕や太ももや脇腹を鍛えることができる body fit(ボディフィット)の2種類が発売されています。それぞれを使って体の部位を鍛えることは可能ですし、使っていれば使用箇所の筋肉が増加するのは間違いありません。しかしSIXPAD(シックスパッド)のEMSでは筋肉と筋肉、筋肉と筋膜、筋肉と神経の、それぞれの連携動作は強化されません。

ただ、これまでのEMSマシーンというのは、高周波タイプのものが多く、体の表面の筋肉を刺激するというよりは、もっと奥の「体幹」と言われるような場所にある筋肉に届くものがほとんどでした。
腹筋という筋肉を支えるために胸筋の下部分の筋肉も力が入る。

実は、このところの運動医科学研究によって、トレーニングに最適なのは20Hzだ!!・・・ということが導き出されていると伺いまして、へえーーーー!!と思いました。今まで持っていたEMS機器は、パッドが本体と細い線で繋ぐもので、よく線がぐちゃぐちゃになって、そのうち使うのがイヤになっていました。つまり、普通の筋トレをした後に最後の追い込みとしてSIXPAD(シックスパッド)を使えば、効率的に筋肉を鍛えることができるというわけです。
そうすることで負荷を周囲に分散させて力を入れた部位の負担を減らすのです。サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手がキャラクターを務める、EMS機器『sixpad』。

太ももに貼った方は、腕のようにビクビクすることはありませんでした。プログラムが一通り終わると、自動的に電源オフになります。

SIXPOADを剥がして少し経つと、筋肉にほどよい使用感を感じます。そう、疲労感、ではなく使用感。
実は私も、EMS機器については、興味しんしんでした。しばらくは何も感じませんが、実は最初の1分間に、ウォーミングアップが起こっています。


EMSの強さは、「+」ボタンを押して、15段階に調節できます。



私の場合、腕にかすかに電流がきているのかな、という程度でした。

ただ体重を減らしたり、見た目を細くするだけのダイエットなら、Six padのほうが健康的。



「身に着けるトレーニング・ギア」こと『SIXPAD』は一世を風靡したEMSの進化系のような器具でロナウドのトレーニング理論に基づいたという触れ込みの優れもの。
実際に効果はあるの? と思う方もいるでしょうが、SIXPADは3ヶ月装着した男女の統計、研究結果をとっており、その結果、筋肉量が増加したことが確認されています。
私も実際にSIXPADを利用したところ、しっかり筋肉成長の証である筋肉痛が表れたので、筋トレ効果はあると言えるでしょう。


両腕いっぺんに使うと、途中で他のことができなくなってしまうかも(笑)「忙しくて筋トレをする時間がない」という方でも、SIXPADがあれば気軽に腹筋や二の腕、ふくらはぎの筋力トレーニングを行う事が出来ます。
トレーニングに有効な低周波は「ピリピリする」というの問題点を抱えていました。


これを、周波数はそのままで波形を変えることで「ピリピリ」を無くすことに成功 したそうです。この辺りは企業秘密でしょうから、調べてもわからないと思います。



ここが、SIXPADと従来のEMSとの技術的な差です。


SIXPADが売れるのは「ピリピリしない」だけではありません。


利用シーンを想定したデザインにもあります。
sixpadで鍛えるのは、筋肉のうちでも速筋(そっきん)と言う部分なのだとか。
普通のTシャツとかで過ごしている日常を考えたら、シックスパッドみたいな薄いものじゃないとダメ なんです。ダイエットにせよ健康維持にせよ、運動の最大のキーポイントは続けることです。


SIXPAD(シックスパッド)は身体のどの部分を鍛えられるのか?SIXPADにはABS(アブス)と呼ばれる主に腹筋を専門に鍛えるEMSとBODY(ボディ)と呼ばれる、二の腕やウエスト回り、ふくらはぎ、太ももの速筋を刺激するEMSが二種類あります。



目的によって購入を考えるといいのですが、私は二の腕やウエスト回りを鍛えたいのでさっそく購入してしまいました!SIXPADを購入したら、あまりの軽さや薄さに、出張先や旅行先にまでもっていってしまう人も出てくることと思います。
ただ、私は外では筋トレはしないし、旅行先にまでSIXPADは持っていこうとはしないと思います(笑)歯磨きしているときとか、ぼ〜っとテレビを見ているときとか、本を読んでいるときなど、日常生活の中で使ってみたいと思います。

EMSの刺激が気になって本を集中して読めないと思うかもしれませんが、意外と集中して読めてしまいます(笑)楽なのが1日1回しか使用してはいけないということ!逆に言えば、1日1回だけのSIXPADの効果が出るように作られているということ。
1日に何回もエクササイズをするのは疲れますが、1日1回だけ、さらにお腹に貼って押すだけなら、めんどくさがりの私でも長く続けられるなと思いました。

主な特長として、お腹周りや二の腕、ふくらはぎ、太ももなど、男性&女性問わず、気になる部位を効率的に鍛え、引き締まったボディへと導きます。


この感覚的なことに関しては、体験してもらうのが一番早いです。そして、あのクリスティアーノ・ロナウドも実際に使っているという噂も(笑)AbsFit(アブズフィット)が、勝手に腹筋を鍛えてくれるわけです。世界No.1プロフットボールプレイヤーを迎える現場は、昨年度のCM撮影とほぼ同スタッフで構成され、緊張感と共に、安定感のある撮影チームで実施されました。AbsFit(アブズフィット)中は、腹筋の刺激が気になって、動くことができないので、AbsFit(アブズフィット)中は、TVを見ていることが多いんですが、以前もお伝えしたように、僕の叔母や母のように女性は意外と刺激に強いようで、家事をしたりしながらとか動きながら使われます。ただ、流石に腹筋を刺激されている常態なので、AbsFit(アブズフィット)中に笑うのはちょっと苦しいみたいですが。

2015年の7月7日?8日にかけて日本に来日した「クリロナ(C・ロナウド)」が数多くのTV番組やテレビCMなどにも出演し、話題となりましたよね!!「SIXPAD」は、独自のEMS(電気的筋肉刺激)テクノロジーにより、効率的に筋肉を鍛え、美しいボディラインを作り上げるウエアラブルトレーニングギアです。


恐るべし、SIXPAD(シックスパッド)マジックというところでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yui
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/at0rarwblay0ui/index1_0.rdf