整理

December 12 [Thu], 2013, 17:55

苛々する
人間の醜さに苛々する。自分自身の存在の醜さにも他人の存在の醜さにも苛々する。
私もすごい自己中心的で外見もそこまで整っている訳ではないし性格はひん曲がっているが、他人と決して馴れ合おうとはしないし理解して欲しいと望んだりしない。自分に自信を持っているのは努力したから。外見は努力でどうにかなるから目標を決めて頑張った。

他人について。
何故女は理解されたがりで共感したがりで努力を怠りがちで平気で人の心の中に泥の付いた靴のまま入り込んできて自分に甘くて弱くて自分の外見の醜さに気づかぬまま生きているのだ。私の概念は共感されるために述べているのではなく、自己の整理のために述べているのである。共感されたくもないしして欲しくもない。そのことで議論するつもりもないし今そんな時間もない。
こっちは自分なりに行動し将来について真剣に考えているのに、何故他人に全否定されて笑われなきゃいけないのか。どれだけ頭が良くて意識が高いのが知らないが、私は私なりに行動しているのだ。それを何の根拠から他人に対して大きな口を叩けるのか。神経がわからない。外見や中身の醜さに気づかず何を持ってそこまで自信が湧いているのか。

他人は汚い。人間は汚い。どんなに優しく明るい人間でも蓋を開ければ欲望と悪意に満ちた感情で溢れている。嫉妬、憎悪、傲慢、嘲笑、蔑視、優劣。数え切れないほどの醜く汚い感情を秘めているのだ。
そんなことはわかっていたはずだが、いざそれらに直接的に何度も対面してしまうとなかなかまいってしまう。馬鹿らしい。阿呆らしい。

人間と関わり合うことは生涯避けては通れないことであるしこれから先さらに様々な人間と出会わなくてはならない。私は少しでも親しくなってしまうと距離を置きたくなってたまらなくなるのだが、浅い人間との関わりは好きだ。お客様として出会う人間。お客様ならハッキリと線引きされた関係が築けるしどれだけ深く話を進めていってもその線があるから他人について深く考えこまなくても良いからだ。管理された関係ほど楽で心地良い。なので仕事とプライベートを共にできる人間はある意味尊敬する。尊敬すると共に違和感を覚える。気が合って親しくなるのなら良いのだが、無理矢理親しくしている・親しくしなければ・孤立するのはいやなど、このような思いから仕事とプライベートを混在させてしまうのはあまりにも短絡的だし幼稚だ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:az
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:9月22日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:埼玉県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像みわ
» 難しいこと (2012年09月24日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aszluv/index1_0.rdf