盛田がヤスケン

December 01 [Thu], 2016, 13:25
近頃は毎年のように冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。

年々予防注射を実施する人も上昇しているようですが、都市部では莫大な人数がインフルエンザになっています。

感染経路は多種多様だと思いますが、通勤中の電車や街中、職場など、大人数と空間を共にする場所で感染することが考えられます。

仮に便秘になっても、薬を飲むことで簡単に、解消できると思いますが、薬頼りになってしまうのはよくないので、食生活を見直してみてください。

例えば食物繊維が多く含まれた食品を摂取することがよくって、不溶性と水溶性といった2つの食物繊維をあわせて摂るのが大切です。

他にも野菜、海草類をすすんで食べましょう。

だいたい1〜5歳くらいまでの幼児がインフルエンザというものに感染し、高熱が出た後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状を引き起こすのがインフルエンザ脳症なのです。

インフルエンザ脳症は、生命にも関わる深刻な疾患であり、回復した後に後遺症が残るケースもありえます。

乳酸菌シロタ株でおなじみの、ヤクルトです。

過去に白血病にかかり、闘病経験をお持ちの渡辺謙さんのコマーシャルでおなじみです。

みごとに白血病を治し、ハリウッドでまぶしい活躍をしているコマーシャルにおける渡辺謙さんのお薦めをみていると、とても効果が期待できそうな気分がします。

元々、便秘に悩んでいたのですが、少しずつ治ってきています。

効果があった方法は、ヨーグルトを食べるようにしたことでした。

友人がこの方法で、便秘を解消したという話を聞いて、実践してみようとヨーグルトを買いまくって、実践してみたのです。

毎日食べているうちに、お通じが改善されてきて、便秘の苦しみから解放されました。

大便が出なくなると、体の中にあってはいけないものが体外に出ないため、口が臭くなります。

いくら食後のたびに歯磨きをして、フロス、マウスウォッシュで口の中を清潔にしても、お口の臭いは腸から胃をたどっていらないものを取り除こうとし、口臭として現れるのです。

この時、便通が改善されると、口臭もあわせて改善されると言われています。

便秘に良い食べ物は、水分、食物繊維、乳酸菌を内部にもつ 、発酵食品等です。

ひどい便秘の方は、便が強固で腸内に停滞した状態になっております。

とにかくこの状態をなくして、トイレにいきやすくするため、まず水分と水溶性の食物繊維を摂り入れながら、腸内環境を改善するのが良いでしょう。

乳酸菌をいつ摂るかが気になりますが、決められたものがあるわけではないのです。

どれくらいを、どのくらい摂るかは商品のパッケージに、書いてあるところがありますから、目安はそれにして下さい。

摂るよりは、回数を数回に分けた方が、身体のすみずみまで届くということから効果が上がります。

ぱっと乳酸菌から思い出すのはカルピスですよね。

昔から、よく、飲ませてもらってました。

どうしてかというと乳酸菌が入っているからです。

毎朝私に、母親が出してくれました。

そのわけで、私は便秘の経験がありません。

もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげで丈夫な体になりました。

母は重度のアトピー持ちです。

遺伝したみたいで、私もアトピーを発症してしまいました。

肌がボロボロになってしまって、日々の保湿が欠かせません。

お肌のスキンケアを怠ってしまうと、外出も困難なのです。

母を憎むつもりはないのですが、将来、私の子供にも遺伝する可能性があるのではないかと思うと、恐ろしくなります。

便秘のツボでよく知られているのは、おへそから両側に指に2本分程度離れたところにある天枢(てんすう)であります。

また、おへその下5cmくらいのところに存在する腹結(ふっけつ)と言われるツボも効くと思います。

手にも支溝(しこう)と外関(がいかん)と言われるツボがあります。

便秘の種類それぞれで効果的なツボが異なるので、ピッタリのツボを押すと効果がでやすいでしょう。

今、便秘を解消するのに効果的なものは、乳酸菌が入っているサプリメントです。

腸内の環境を整えることは大事だとわかっていても、乳酸菌飲料が嫌いだという人もたくさんいます。

連日乳酸菌を含む食品を摂取し続けるのは大変です。

乳酸菌が入っているサプリなら、お手軽にしっかり乳酸菌をとりいれることができますから、便秘にいいといわれています。

腸や体の健康に乳酸菌が良いというのはみんな知っています。

ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、せっかく摂取しても胃でなくなって効き目が出ないのではというふうに期待していない人もいます。

でも実際は乳酸菌が生きて腸に達するかが重要ではなく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、それが身体の健康づくりに繋がっていくのです。

アトピーは乳酸菌を摂取することで、症状の改善がされる可能性があります。

アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEという抗体が出来る性質があります。

そしてこのIgEという抗体がたくさんの数作られてしまうと、過剰反応を起こしてしまうことにより、アレルギーを起こす結果になるのです。

ここにアトピー症状を起こす原因だといわれており、乳酸菌は、IgEの大量の発生を抑えるといわれています。

娘のインフルエンザ対策の接種につれて行きました。

注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見て注射をしています。

注射が終了した後は怖い!と伝えていました。

見ているから、普通以上に怖いんじゃないかな?と睨みましたが、何も伝えれませんでした。

アトピーを改善させるには食べ物も有効です。

アトピーに対して効果的な食べ物を心がけることで良い状態の肌へと生まれ変わることができると言われています。

消化器系の内臓器官を整えて免疫力に影響がある成分としてヨーグルトや大豆食品を筆頭とする食品を毎日一定量摂取するとアトピーの改善に良い方法です。

乳酸菌をたくさん摂りすぎても特に副作用はありません。

ただそうではありますが、いくら体に良くてもヨーグルト等で過剰摂取すると、カロリーオーバーとなる可能性がございます。

消化吸収できる量にも限りというものがあるので、常識の範囲内を心がけておくと安心でしょう。

息子がアトピーだと医者から診断されたのは、まだ2歳のときでした。

足にには肌にかゆみを感じていたようだったので、診断を受けた皮膚科の医者からはステロイドを処方されました。

そうしてステロイドを2年と少し続けて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、赤みのぶり返しはやまず、一向に具合が良くなってくれません。

結局は、治療を漢方薬を用いたものに変更し、食事内容を見直したことで、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。

もし、インフルエンザと診断されたら、最初に栄養をしっかりと、摂取しないといけません。

薬も大切ですが、栄養を体内に補給することも大事です。

早急にインフルエンザを完治させるためにも、水分と栄養はきちんと摂取しましょう。

朝昼晩と食欲がわかなかったとしても、胃に優しくて栄養があるものを可能な限り食べてください。

近年の研究でインフルエンザの予防のためには乳酸菌が高い効果を誇るということが知られてきました。

インフルエンザに関してはワクチンだけで完全に防いでいくことは出来ません。

日頃から乳酸菌をしっかり取り入れることで免疫力のほうがアップして、インフルエンザの予防となったり、症状を軽くしてくれる効果が高まると言われます。

普段の運動量が足りないと筋肉が衰えるだけでなく、身体の不調も引き起こします。

もっとも女性に多く見られるのは、便が腸にたまってしまうことです。

運動不足の解消のため、通勤時に走ってみたり、、ランチの際に食物繊維が多い食べ物を選んだりするのが一番です。

後、可能なら、便秘にならないようにするため、、週に1、2回はウォーキングにでかけたり、好きな運動をして体を動かした方が良いです。

インフルエンザの予防として乳酸菌が効果的だといわれています。

およそ1年前に、テレビで子供に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大きく減ったというプログラムがありました。

うちの娘が受験を控えておりましたので、以来、ずっとヨーグルトを食卓に出しています。

乳酸菌が腸までたどり着くタイプのヨーグルトが格別にいいそうです。

花粉症となった以来、乳酸菌飲料を摂取するようにしました。

二年前に花粉症になってしまい、鼻水とくしゃみが止まらない状態になりました。

お薬を飲むことは避けたかったので、テレビで取り上げていた乳酸菌サプリを飲んでみました。

今のところは、これにより花粉症の症状を抑えられています。

乳酸菌を毎日欠かさず摂っているおかげで、私はきわめて健康的になってきました。

毎朝の朝食には欠かさず、ヨーグルトを摂取するようにしています。

ヨーグルトというのは味にもいろいろ変化をつけやすいですし、便秘をせずに過ごせます。

乳酸菌をきちんと摂ることに決めてから、肌の方も調子がよくなってきて、ダイエットも出来ました。

乳酸菌が身体に良いということはわりと知られている事実ですが、逆に効き目がないという説もあるんですね。

この説も、本当かもしれません。

どうしてかというと、体質には個人差というものがあるほか、乳酸菌はあくまでも菌であり、効き目が出る薬ではないからです。

まず、合うかを試してから考えてください。

私がなぜ便秘になったかというと、普段あまり運動をしないからでしょう。

毎日の通勤手段も車なので、歩く事もほとんどないのです。

飼い犬などもいないので、散歩にも行きません。

そういった理由で、私は便秘になったのだと思うのです。

でも便秘を少しでも軽くするため、ウォーキングを今日から始めることにしました。

今、インフルエンザの感染がわかると学校などには、5日間出席できなくなります。

仮にインフルエンザに感染した場合でも、発熱は数日で治まるので、つい、登校する気になってしまうかもしれません。

たとえ平熱に戻っても、セキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、他人にうつる危険性があります。

なので、お休み期間は守ることが集団感染しないためには重要なことです。

インフルエンザは風邪とは異なるものという説があります。

大体、1日から5日くらいの潜伏期間を経て、急な高熱となり、3日から7日程度それが続きます。

タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など症状に小さな相違が見られます。

でも、肺炎を併発したり、加えて脳炎や心不全を起こす事もあり、油断できない感染症です。

おならの臭気に悩んでいる方は乳酸菌を積極的にとってください。

屁による臭いの元は腸の悪玉菌によるものだとされています。

ということで、腸内の中の善玉菌を増やし、悪玉菌の増加を防ぐ力のある乳酸菌を摂ることで屁の臭いを抑えることができます。

私はアトピーに最適な化粧水を使用してします。

友人に教えてもらった化粧水は、とても気にしていた私のアトピーを見違えるほどきれいに治してくれたのです。

今まで嫌いだった鏡を見るのが、嬉しくなりました。

触る度に素肌がスベスベになったことを実感しています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mao
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/asyuisnblerryt/index1_0.rdf