唯でつかさ

April 03 [Mon], 2017, 20:37
今までと異なる業種に転職するのは難しい印象が強いですが、実際に難しいのでしょうか?本当のところをいうと違う業種への転職は簡単ではありません。

経験者がいた場合、採用担当者は、経験者を選択する可能性が高いです。ただ、絶対に無理だとはいいきれないので、努力によっては採用されることもあるでしょう。転職をしたいと考えた場合、まずは一番身近な家族に相談を持ちかける人が多いはずです。
所帯を持っている方なら、家族に相談なさらないで勝手に転職をするのは止めておくべきでしょう。家族と話し合わずに転職すれば、これが原因で離婚し、家庭崩壊に至る可能性も出てきてしまうことがあります。書類選考や面接のうえで転職理由は非常に大事です。相手が了解する事情でなければ評価が下がります。しかし、転職した理由を聴かれてもうまく説明できない人も少なくないでしょう。



多くの人が履歴書を書く時や面接の時に苦労するのはこの転職理由です。違う業種に転職するのは困難なイメージが強いですが、真実はどうなのでしょうか?結論としていえるのは異業種への転職は大変です。



経験者と未経験者の2人が存在した場合、採用担当者は経験者を選ぶことが多いです。

ただ、決して無理だというりゆうではありませんので、尽力によっては転職が出来ることもありえます。
年収アップのための転職要望者も多くおられることでしょう。確かに、職場を変えることで年収の増加を期待できる可能性があります。
けれど、年収が逆に落ちてしまう可能性はいつも付きまとうことを考えておく必要があります。


年収のアップを成功指せるためには、どれだけ落ち着いて年収の良いしごとを捜すかが重要となります。転職しようとする際に、求められる資格は、専門職でなければ、それほど多くないようですが、所有している資格を有効に使って働くことが出来るということでは、やっぱり、国家資格が強いようです。



それと、建築、土木関係の場合、「業務独占資格」と言われる建築士のような、その資格を有していないと実際に働くことができないというようなしごとが多いため、狙ってみるといいかも知れません。

転職時に必要とされる資格というのは、専門職以外はあまり多くないようですが、持っていると有利に働く資格という点では、なんといっても、国家資格が一番のようです。


なかでも、建築・土木系では建築士などがよい例ですが、「業務独占資格」と言われるその資格がないと実務をすることができないというしごとも少なくないので、狙ってみるのもいいかも知れません。
不動産業界で転職先をみつけたいと考えているのであれば、とりあえずは、宅建主任者資格が必要になってます。


宅建主任者の資格を持っていないと、合格通知がでない企業もないとはいえません。どのようなしごとをするかによって必要とされる資格も変わりますので、しごとを変わる前に、その業種に必要な資格を取得を終えておくのも利口な方法でしょう。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:百花
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる