いきること

February 29 [Mon], 2016, 1:03


毎公演、とてつもなく新鮮で。
それはその分、幸子の苦しみも喜びも悲しみも毎公演ズガーンとそのまんま、新鮮なまんま受け続けているということで。
初めてのストレートプレイ、それはそれはハードな舞台でございます。
でも伝えたいこと、表現したいことの芯がとってもハッキリ見えているから、だから毎公演がんばれる。
全力で、体当たりで生き抜こうと思える。
明日も生きます。
伝えたいです。
平日の昼間に迎える千秋楽。
来てくださる予定の皆さま、ほんとにほんとにありがとうございます。
当日券もあります。伝えたいです。もしお時間あればぜひ劇場にいらしてください。
私たちのつむぐ、『キミが読む物語』。
池袋あうるすぽっとにて、明日いよいよ千秋楽。
お待ちしております♪

お手紙、お花、プレゼント、お気持ち、涙、他いろいろ、みなさまたくさんありがとうありがとうありがとうございます!!!
来てくださるだけで大感謝なのに…!
しっかり作品でお返しできていたらうれしいなぁ。
みんなにも、ズガーンと。
どうか届いてますように。


今日は次があり残念ながら終演後のお写真には入れず…。
かんちゃんお誕生日おめでとうでした!
写真、集合以外ほとんど撮れてないなぁ。明日がんばれたらいいなー。
千秋楽か。千秋楽だ。
私はどんな思いで終えるのかな。
終わってみるまでわかりません。
なぜなら始まってみるまでわからなかったからです。
よし。ねよう。
明日へGOだ!
おやすみなさい

  • URL:http://yaplog.jp/asumibiyori/archive/546