こんなところに行ってみました♪ 〜浙江省・湖州の旅〜 

May 19 [Thu], 2016, 19:36




じゃーん  先日、休日を利用してこんなところにいってみました

・・・ので、今回はその体験リポートです




湖面に浮かぶなんとも不思議な形の建物なんですが、実は中国浙江省の湖州にあるシェラトンホテル
職場で常に目にするこのパンフレットの表紙を飾っていて、どこのホテルだろう?
と調べてみたら、意外と上海から近かったので、ふらっとチャレンジしてみたのでした。



湖州は上海から約150kmのところにあり、杭州経由で新幹線に乗ると約2時間半。
東京〜静岡間ぐらいに相当するので、まぁちょっと箱根や伊豆までいってきます的な感覚でしょうか。
中国で3番目に大きい淡水湖である・太湖(琵琶湖の3.4倍の面積)のほとりに位置してます。
2年前にマラソン合宿で行った無錫のちょうど対面!




さて、湖州駅についたらローカルバスで小一時間揺られ、さらに1-2km歩いてようやくゲートに到着。
あの不思議な建物を間近に見えるまでもう少し!



キターーー!! なるほど、片足は陸地。もう片方は湖面に埋まっている格好なのですね!
まるで三日月形。どうやら地元での愛称は月亮酒店(Moon Hotel)と呼ばれているようです。



さあ、いよいよ中に潜入してみましょー! このプロムナードを歩くと、、、


みえてきた!ここが入口!


素敵なロビーです♪ ふふー
そしてチェックイン。早めに着いてしまったので、待たされるのも承知の上だったけど、
あっさりアーリーチェックインOKしてくれました!
今回も南京のときと同様、従業員レートで泊まらせていただく 有難きシアワセ
なかなか従業員価格も空きがでてこない人気ホテルなので、今回予約できたのはホント奇跡!
連休明けの平日だったからかな。もうめちゃラッキーだ





そして、こっからすばらしいホテルの設備とサービスに驚きの連続
チェックインを終えると、ご丁寧にスタッフが部屋まで案内と部屋内の説明をしてくれました。

部屋に入ってまずビックリ!  この動画!↑↑
なななーんと、キーを電源差し込み口に差したとたん、カーテンが勝手に動きだしたのです!
ヽ(*'0'*)ツ ワォ!!
そして真っ暗だった部屋に外光が差し込み、目の前にはレイクビューがっ



曇りだったのがちょっと残念でしたがそれでもすばらしい眺望!
思わず、すぐにバルコニーに駆けだしちゃう
もう〜これは、まるでお部屋が”Welcome!”とでも言ってくれてるようなにくい演出!
感激デス




お部屋はスタンダードタイプでしたが、広く感じられてとても使いやすい作り


なんとお風呂のアメニティはロキシタン!! ウチと全く違う〜
これはお持ち帰りアイテムに即決定☆ うしし



それから部屋の電気や空調はすべてipadで操作できるという。。。 もう何もかもオートマチック!
このipadで館内のレストランは何階にあるとか何時までやってるとかも大体みれてすごく便利
午後の空いた時間はホテル内で遊びまくるため、早速フル活用させてもらい計画を立てる。



     

まずは、中華レストランにて腹ごしらえ@ランチ。ここでもメニューはipad。。。(笑)
よくわからないながらも、湖州の名物らしいおっきなシラスの入った玉子炒めと海鮮チャーハン。
おひとりさまだからハーフポーションあるか?って聞いたらないと言われたので
仕方なく、半分くらい食べてごめんなさい。。。 でもおいしかったー




お腹を満たしたら、次は温泉 ここは実は温泉リゾートなので 一番の楽しみでした。
ちょっと離れたヴィラ棟にあるとのことなので、専用カートに乗せてもらい移動する。

中はあいにく撮影できませんでしたが、水着で入れるなんちゃってハワイアンズ的な感じ!
ワイン風呂とかあったし!館内のお風呂の数は結構たくさんでした。

・・・が、あっちとこっちのお風呂の違いがどーもよくわかんなかったり
コーヒー風呂って書いてあるのに、色も香りもなんにもなかったり
あと全体的にぬるめなのとか。。。 そこらへんはやはり”ザ・チャイナ”。 致し方ありませぬなー
ちょっと期待しすぎたけど、まぁこんなもんか〜 ・・・と、とりあえずゆっくり寛ぎました〜



お部屋にもどり、ひとやすみ。
コーヒー入れて、写真で遊んで、ちょっと本の続き読んで...
日常を忘れられるリラックスタイム


本当はどっか周辺観光でもしようかと思っていましたが、
湖州・・・ はっきりいってこのホテル以外、なんにもないところっ!(笑)
ちょっと先の古い運河の街は片道車で3時間かかるらしいし・・・
だったらどこにも行かず、部屋でゆっくりまったり
たまにはこんな旅行もなかなかいいですね



よーし、あとの楽しみは暗くなってからのライトアップ それまで少しお昼寝しちゃお〜っと
湖を眺めながら横になれるなんてなんて贅沢なんだろう



          



特にタイマーも掛けず、気ままに寝て起きると。。。 
おー!なんか外がチカチカしてるではないかーっ!
しかも心配していた天気ですが、まだ雨降ってない! 今が チャーンス




外を出て振り返ると、こんな図!すごい〜



美しい



朝来た道をなぞっていった先に小さな橋が! これは絶好の撮影スポット!



階段を徐々に上がっていくと・・・ 



お〜 ヴォルテージ上がってくぅ〜



なんということでしょう・・・!!! 湖面には鏡映しとなって三日月がまんまるに!



色や絵柄はどんどん変わり、いつまでも眺めちゃいました〜

さぁて、全種類堪能したところでそろそろ帰るかな〜 ・・・
・・・ と思ったところに、遠くから、雷鳴がっ!ゴロゴロ 嵐がくるぅ〜 
急ぎ足で退散 ホテルにちょうど戻ったと同時に雨が降り出しました
さすが私!今回も晴れ女パワー炸裂!
晴れはしなかったけど、雨は運よく免れました ふぅ




もどってそのままディナービュッフェ
食べ過ぎないよう要注意
・・・なのはわかってても、おいしいからやっぱり食べちゃうんだな〜



スィーツも我慢せず、堪能ふふー♪
翌朝の朝食ビュッフェも同じ会場でしたが、内容とても充実していて、ホント大満足


今回の旅で一番印象に残ったのは、レストランスタッフがみんな素敵な笑顔で優しく接してくれたことでした。
私が何か探してると、すぐに気を利かせて声をかけてくれて感動
もうこの土地で生活していると、店員の態度にそこまで期待はしなくなってしまっているのですが、
ここのホテルはサービス精神が本当に素晴らしくてびっくり
レストランに限らず、フロントやハウスキーピングやベルの人もみんな
おかげでとても快適に過ごせました。

同じブランドホテルなのにグレードが高いところはこうも違うとは・・・
中国人もちゃんと教育すれば絶対できるんだよね!と再確認!!
私自身も現地流テキトー文化に甘えず見習わないとっ!
やはり、たまには他のホテルに泊まってみるととても勉強になりますね




翌朝。チェックアウト前、最後のホテル内アクティビティは、プール!
あの湖側に突っ込んでる側の足の1階!湖とほぼ同じ目線〜!
天気よかったらもっと気持ちよかったんだけどな〜
というか、お客さんだれもいなくて、しかも思ってたよりちっちゃくて、
無駄に往復している姿をずーっと監視員さんに見られちゃうという・・・
恥ずかしかったので、さくっとだけ泳いで終了〜



最後の最後は、セレブ気分を味わおうと部屋のシャワーであのロクシタンアメニティを使ってみる
ん〜いい香り ・・・過ぎて、なんとモウレツ眩暈がっ!!!ぐるぐる〜
帰りのタクシー、車酔いと自分の髪のにおいでちょっとキモチワルクナッテシマイマシタ。。。
う゛う゛う゛
やっぱふだん慣れないことをするもんじゃないってことね。。。
いつしかロキシタンの似合う女になれるかしら。。。(;´▽`A``哈哈哈。



        



まだ間に合う?! 2016年の抱負 

February 01 [Mon], 2016, 14:14

気がつけばもう2月!

そういえば今年の抱負的なコト、まだ書いてなかったなー と思い立ちメモメモ。。。
なんだかんだ振り返ったらここ5年くらい、新年一発目の記事は一応、年頭所感を書いてるから、図らずとも書かないと落ち着かなくなってる。。。(;^_^A)


あ、、、  あけましておめでとうございます 今年もよろしくお願いします~
(遅っ!)




さて、今年は上海生活3年目!
(早っ!)

ホントに早すぎる~(><)

2014年 上海生活1年目 ⇒ 毎日が新しい体験!とにかく慣れることに集中。
2015年 2年目 ⇒ 上海の色んな事情がわかってきて、仕事もプライベートもまさにリア充。

この2年で今まで長らくやりたかったことがようやく叶ったのは本当に幸せなこと!
でもその達成感を越えたらちょっと中だるみ??
「適応」してきたのはいいことだけど、「刺激」が減ってモチベーション下がってきた。。。


さぁ、2016年何しよう。。。??


年末年始中は、なんだかぼけーっと過ごして「あとどれくらい上海にいるの?」って家族から聞かれても、まだ決めてない、としか答えられず。。。
走るのも、上海マラソン明けてから燃え尽き症候群的な感じ。。。

このままじゃマズイ。。。

さすがに危機感感じ、正月明けゆっくりぼーっとやりたいこと&やるべきこと考えてみた。


なんでもいい。挙げてみよう。


・【中国語】 
まずはHSK(※TOEICの中国語版みたいなやつ)5級とる!
だいぶ耳が慣れてきたから苦手だったリスニングも克服できそう。


・【踊る】
上海でダンス習いたいな~ マラソン以外で何か楽しくカラダを動かす機会を作りたい♪


・【仕事】
スタッフの入れ替わりが激しい職場の中で2年もいると、さすがに日本人だとか関係なく、もう”中堅”扱い。
なぜか知らんが、つい先日ホテル内のサービス改善プロジェクト?に部門代表で選出されてしまった。
人事からの概要説明がぼやーっとしてて(※私の疎い中国語力の問題だけでないような気がする。。。)、
これから何をどうしたらいいのかさっぱりですが、違う角度からホテルマネジメントのこと勉強になりそうだし、
まぁ頑張ってみようかと思う。


・【昇格?!】
これも信じられないことにマネージャーにならないか、というお話をいただいている。
といっても、チームのトップということではなくて、同じ“ゲストサービスマネージャー“というポジションにいる3〜4人のうちの1人にならないか、ということなんだけど。。。
シフト交代制でその勤務時間帯におけるありとあらゆるケースのフォローをする。
もちろん、クレームが起きたら真っ先に呼ばれる立場。
上司たちが私のことを色々な見解から認めてくれて、こんな機会をいただけたのは本当にありがたい。
でもこれ、相当、相当、困難!
前回の記事で「言葉がわからなくてもなんとかなる!」的なこと書いたけど、
いやいやこの役職はそんな生半可じゃできない。もっともっと勉強しないと!!!
まだ完全に了承したわけじゃないけど、よく考えてみればもう社会人丸10年!
いつまでも下っ端気分じゃいられないなーとも思う。これも勉強、そして挑戦!
まずはトレーニングをやってみようということになったので、様子見ながらがむばる。


・【ランニング】
3月に名古屋ウィメンズマラソン参加予定。4時間30分切り狙ってみよう!
ウィメンズはこれで3回目とちょっと飽きてきたので、今年は違う大会にも出てみたいなー。
今気になっているのは、2年に1回開催らしい10月の地元ちばアクアラインマラソン!


・【旅行】
そろそろお金も溜まってきたし、こっちにいるうちに行けるところ行っておかなきゃ☆
西安とか九塞溝とかベトナムとか!世界遺産めぐり♪


・あーまじめに【恋愛】したい(笑)



う~ん。 やっぱり書き出すとテンション上がるな 特に旅行やマラソン遠征は、連休をどのへんでとるとか、飛行機代貯めるにはどれくらい必要かとか、諸々の作戦を練ってるときが一番楽しいよね~ (*´∀`*) ワクワクしてくる~


そうだ! そうだよ、忘れてたのはこの「ワクワク感
過去5~6年間、私をここまで動かし続けてきてくれたのはこの気持ちだったのかもしれない。
あまり意識してなかったけど、私なりに長いスパンでの大枠目標があって、それを楽しみにしてたら、自然と逆算して一年ごとの目標細分化してたんだよなー。そろそろ新たな「中期計画目標」をたてないと、今年の目標も定まらないや。



近い将来、日本に戻って再始動するのか、

はたまたこっちでさらに経験を伸ばすのか。

それともまた次の新天地を探すのか?!



ワクワクする道。。。

でも、楽しいだけでもだめ。。。

その場所で"喰って"いけるのかどうか。。。

充実した生活を送れるか。。。



そしてそれは「私らしい」かどうか。。。 (ここ大事。忘れたくない。)



未だ答えは出ない。
ここを一年かけて決めるのもいいかもしれないなー。この先5年間の「核」になりそう。正念場だ。





中国はもうすぐ旧正月。 あ、なら今新年の挨拶したって遅くないわけか!(笑)

新年快乐!!
今年もこのブログはかなりゆる〜く更新していきます。




英語・中国語・上海語 

December 29 [Tue], 2015, 2:40


ある休日の朝ごはん
ふと思い立ち、近くのおいしいパン屋さんでカフェしながら勉強してみました


中国語を覚えたくてやってきた上海ですが、早くも1年10ヶ月経過☆
なんだかんだ、仕事や生活ではそれなりに困ることなくひとりで対応できるようになりました。
職場では英語・中国語を交えて仕事し、休日は日本語で友達とワイワイし、
時に同僚のしゃべってる上海語をふざけて真似してみるというマルチリンガルな日々を送っています。
はい、毎日ものすごーーーく刺激的です。
おかげでわたしの脳ミソはいつも容量オーバー状態。。。
新しい中国語の単語をインストールしたと思ったら、得意だったはずの英語のアウトプットが遅くなり、日本語でさえ出てこなくなることも。。。(悲)
言語スイッチの瞬時の切り替えはいつまでたっても難しい〜。これはしばらくの課題です。
それでも、「言葉を覚える」って楽しいんですよね♪
「外国語を学ぶこと」は私の人生においてkeyとなる大きなテーマ。
今回は備忘録も兼ねて、今だからこそ感じることの色々あれこれをまとめてみたいと思います。





★中国語★ 現生活の6〜7割ぐらい?

今のところ、仕事中お客様と話すときは、8割がた中国語で接客しています。
(中国人・台湾人・香港人・シンガポール人などが客層の大半を占める。
アメリカやオーストラリアのパスポートでチェックインする中華系の人も多い。)
まだまだ下手だけど、とりあえず最低限伝えたいことは通じてる模様。

同僚と話すときは、5〜6割くらい中国語。これはしゃべる相手にもよるかな。
特にハウスキーパーや食堂のおばちゃんたちなど、接客しない裏方スタッフは英語が苦手なので、
こちらが中国語で頑張んないといけない。

プライベートでは、買い物するときや、タクシーのおっちゃんに行き先を説明するとき。
職場では私が日本人だってみんなわかった上で話してくれるけど、外に出ると、「こいつ訛りの強い中国語しゃべるやつやなー」といわんばかりの怪訝そうな顔をされるのが日常茶飯事デス
日本人だって説明するのがちょっと面倒だけど、それが会話の糸口になったりするのでまぁいい練習になる。


最近「ちょっとは成長したかな?!」と思うことは、
【習ったことのない漢字の読み方の予想的中率】が上がったこと
仕事中、お客様の身分証を見て名前を入力したり、会社名で領収書を作るとき、
どうしても読み方がわからない漢字が出てくるのですが、日本語の音読みから想像したり、
つくりが同じ漢字(云と运、加と架など )を思い出して、shiかな?sheかな?zhiかな?とか
色々打ちながらハッタリかましてます(笑) やはり場数が増えるのと比例してそのハッタリもだいぶ
当たるようになってきました(それでも正解にたどりつけないときは同僚やお客様に直接聞いてお勉強)


それから習ったことのない単語を言われたとき(リスニング)、
前はまったくチンプンカンプンだったのが、最近は「この音はあの漢字かも?」と脳内での漢字変換予測ができるようになり、意味がピーンとくる、というパターンも増えてきました。

先日、職場のPOSがシステムアップデートの為、クレジットカード精算はマニュアルで対応しなければいけない、というときがあったのですが、そのミーティングで上司が「この"ヤーカージー"を使いましょう」と言ってました。

はて、"ヤーカージー"とは 
どうやら説明を聞いていると、クレジットカードの数字の凸凹を摩擦で伝票に写すあの器具のことを指すらしい。 その話の流れと脳内データベースから推測して、突然ひらめいたのです


あ〜なるほど、"ヤー" 「押」とか「压」とかがあてはまるなぁ。
"カー"はクレジットカードを意味する「卡」だな。
そして"ジー"は機器を意味する「机」あるいは「器」「押 卡 机 」だ!。。。という具合です。


アメリカ留学時代にもあったなー、知らない単語だけど、その音の雰囲気とか、相手がいつどういう
タイミングで使ってるか、どういう表情が伴っているかで、辞書がなくてもなんとなくわかる気がするあの感じ。
こういうひらめきとか直感的な部分は、なかなか教科書だけの勉強では身に付けられないので、
まさに現地に飛び込んで来たからこそ得られるもの!だから毎日面白い
こんな贅沢な環境にいるあいだは、もっともっと「中国語脳」を鍛えなくちゃなー!!




★英語★ 現生活の3〜4割ぐらい?

仕事中は、西洋人を始めとした、中国系以外のお客様対応のとき。
それから社内メールも! 外資系企業なので、宛先全員中国人の同僚でも英語を使います。
マネージャークラスの人やフロントなど接客部門のスタッフは若い子でもしっかりと英語が話せます。
決して上手とは言えなくとも自信を持ってしゃべろうとするところが日本人と違ってすごいなーといつも思う。
裏方のおばちゃんたちとは対照的に、私が中国語で話しかけても英語で返してくれちゃう同僚は、
たぶん私との共通言語は「英語」だと認識してくれてるということなので、英語で話すようにしてます。

あとは中国人のお客様の接客中、どうしてもうまく中国語で説明できないとき、
こちらから勝手に英語に変えて甘えさせてもらったりも。
これは英語がわかりそうなビジネスマンに対して限定ですが。。。
逆にもごもごしている私を見かねてお客さんの方から「いいよ、英語で話そう!」と
言ってくれるときも多く大変ありがたいです。m(_ _)m


もうとにかく先に思い付いた単語から口をついて出るので、いつも1つのsentenceに
英語と中国語がミックス状態!!

例えば "Have you received 3768的单子?(3768号室の伝票受け取った?) " みたいな。。。

ちなみに部屋番号の部分は中国語読み。数字はとくに聞いた言葉のまま復唱するので、
いちいち他言語に訳すと間違いそうになる。

よくシンガポールの"Singlish"で例えられる、「OK了吗?」とかもよく使います(笑)
冷静に考えると笑えるのですが、しゃべってる本人は必死なのですょ(汗)

このはちゃめちゃ話法が通用するのもホテルの同僚たちと話すときだけ。
かなり聞き苦しいだろうに、つきあってくれるのは本当にありがたいなーと思います。


そんな感じでだいぶ英語を忘れかけてきているのが悲しいのですが、
不思議と米国やカナダなどのネイティブスピーカーのお客様と接すると感覚が戻るんですよね
大阪の人と話すと自分も関西弁になっちゃうみたいな?!(笑)

話す言語が変わると性格も変わったみたいになる、なんて話もありますが、
英語を話してるときはとたんにフレンドリーになってジョークを飛ばしたりなんかしちゃったり
逆に中国語を話しているときは、ちょっぴり横柄な態度になったり、easy-goingになってみたり
なんか色んなタイプの自分が垣間見れる部分も、言葉を勉強していて非常に楽しいと思うところです





★日本語★ 1〜2割 ?

主に休日のときは日本人の友人達と過ごすことが多いので、その日だけは9割日本語で過ごしてる。
上海は駐在の日本人がたくさんいるので、海外にいることを忘れてしまうくらい本当に自然体でいられること、なんとシアワセ哉。

仕事では、日によりますが、客層全体の1〜2割くらいが日本人のお客様。
一日中わーーーっと英語・中国語をしゃべり続けてきたところに、急に日本人のお客様がいらっしゃると、冗談抜きで日本語の下手な日本人になってしまいます(笑)
日本語独特の回りくどい言い回しとか忘れちゃうし、「禁煙・喫煙」とかもうカミカミなので
「Non-smokingのking-size bed のお部屋でよろしいですか?」と聞いてしまった方が早かったり。。。
これじゃーまるで togetherしようぜ、の ルー大柴だ〜 (/。\)オーノー
はぁ〜もっと勉強します、日本語も!

そういえば日本文化に興味がある同僚も多いので、アリガト とか ダイジョーブなんて
突然日本語のワードで返してくれるときもあってなかなかおもしろいデス(*^^*)
なかにはドラマ・マンガ・アニメで片言の日本を覚えたという人もいて、聞くと知ってる単語が
「まさか!」「すきあり!」「きさま〜」とか!・・・ウケる
でも、お願いだから絶対にお客様には使わないで頂きたい。。。笑





★上海語★ 0.3割 ?

これは全くしゃべれないので、上海人同士の同僚が話してるのをリスニングするだけ。
時折、一言二言挟み込まれる横文字単語(arrival, rebate, postなど職場でよく使う単語や、
同僚のEnglish nameなど)を便りに何の話をしてるか予測するのが密かな楽しみだったりします。

こちらにきて上海語を初めて耳にしたときは、「ベトナム語みたいな、モニョモニョした音だな〜。」
というのが第一印象でした。 ンヤッパサロッケ〜 みたいな。
(↑無理矢理カタカナにしたらなんとなくこんなサウンド?!笑)

まず最初の課題が「今彼等がしゃべってるのは普通話(=標準語)なのか上海語なのか」を分別すること。
そしてそれがクリアできてくると、よく聞く上海語ワードが出てくるので「それってどういう意味?」と聞いてみる。
その方法で初めて覚えたのは「ワンゲ」という単語。「部屋」という意味でした。
そりゃーホテルだからしょっちゅうこの言葉が聞こえてくるのも当然よね〜 納得!

あと12345の言い方も教えてもらったので、これで上海語でも部屋番号は大体聞き取れるように。
小さい頃に覚えた広東語での言い方と少し似てるので割とすぐ覚えられた。
それからハローやバイバイなどの簡単な挨拶言葉。皆が日本語でアリガト・サヨナラといってくれるように、私もときどき上海語で真似してみると面白がってくれマス。
ちなみに上海語のニーハオは「ノンホォ」、シエシエは「シャーヤー」。
日本語の地方訛りのレベルではなく、もう英語とドイツ語の関係くらい違うんですよね。

最近ようやく耳が鍛えられてきたのか、言葉の"砕け方"の法則もつかめてきてますますおもしろい
日本語でも「〜している」がなまると「しとる」とか「しちゃる」に音がはしょるのと同じで、
普通話では【ai】とか【ei】とかの二重母音が、上海語では【ae】とか【e】とかの流れた発音になってる模様。
独学でどこまで理解できるかもう少し研究してみます!



          


そうそう、話はちょっとずれますが、「メラビアンの法則」ってご存知ですか?
皆さん何かの研修で一度は聞いたことあるんじゃないかと思いますが、Wikipediaによると、

  「好意・反感などの態度や感情のコミュニケーションにおいて、
  メッセージの送り手がどちらとも取れるメッセージを送った場合、
   ・言語情報(話の内容など)が7%
   ・聴覚情報(口調や話の早さなど)が38% そして
   ・視覚情報(見た目など)が55%      の割合で、メッセージの受け手に影響する。」

というもの。視覚情報と聴覚情報が大半を占め、言葉の内容そのものはたった7%なんですよね。




「まさにこれだ!」と思うことなんですが、
私が中国語を聞き取れないときやうまくしゃべれないときに、
「すみません。私日本人なので中国語はよくわかりません。」"中国語で"言うと、
よくポカーン( ゜o゜)?? とされるんですょ!

どうもその言い方が割とナチュラルに言えてるらしい(=聴覚情報)、ということと、
見かけもまぁまぁ現地人と大差ない(=視覚情報)から、
いくら「日本人です」とか「わかりません」(=言語情報)って言っても、
きっと相手はなかなか腑に落ちないんですよね。

わからないときは「ワカーリマセーン ┐(´д`)┌ 」といかにも外人ぽくいわないと伝わらないんだー、って実感しました(笑)


想像してみてください。
日本のコンビニで店員さんに「●●ってある?」って聞いてみたらその店員さんに
「すみません。私中国人なので日本語わかりません。」と"流暢な日本語で"言われたとしたら??

おそらく、「は?しゃべれてるやん?!なんで?!」と戸惑うハ ズ!
(逆に青い目やブロンドヘアーの人だったり、違う国の言葉で返答されたらきっとそうはならないのでは?!)


なので、私が毎日接客する中国人のお客さんの大半はこの ポカーン( ゜o゜)?? 状態で、
はてなマークが周りにいっぱいついている(笑)。
そのうち制服につけてる名札や日の丸バッジに気づいてくれて(これも非言語的要素ですね)、
ようやく謎が解けたー って表情をされます(^_^;) ちょっとおもしろいです。



それに、先の理論から発展してよく言われるように、やはり物事を伝えるときって
結局言葉で説明するだけよりも、文字や資料を示した方が理解してもらいやすい
んですよね。

特にこっちにいて日本人で得したーと思うことはやはり「漢字」
わからなかったら、とにかく書いて見せたり、書いてもらったりで
なんとか意志疎通がとれるのはかなり大きい。絵なり地図なり数値なり示すのも同じ 。
態度や表情、身振り手振り、語気、口調、話す速さ、などもカギになる。
何を言ってるか完全にわかんなくっても、お客様が怒っているのか、ただ世間話をしてくれてるのか、
あるいは反応がポジティブかネガティブかの判断も、無意識のうちにそういった非言語的な部分で
理解している気がします。



なんか、言葉を覚えようと思ってきたのが、 結論は「言葉がわからなくても通じあえる!」
ってことになってしまったかも f(^_^; 笑 んーまぁそれはそれでいっか!


そういえば外国語学部にいた学生時代、「言葉はツールでしかない」と先生が何度も言ってたけど、
今になってその本質がようやくわかる
ツールとはつまり道具。 「食べる」ときに、"お箸"で食べるか"フォーク"で食べるか、
あるいは"手"で食べるか、色々な食べるための道具があるように、
言葉もコミュニケーションをとるための一手段に過ぎない。

大事なのは、「伝えたい」とか「理解したい」という気持ちや勢い!
 言葉が下手だろうとなんだろうと、関係なし! みんな同じ人間だもの。
 なんとか伝えたい!という想いを全面にぶつけてアピールすれば、絶対に通じ合える!


これはこちらにきて本当に勉強になった。


ただ、やはり手よりお箸で食べたいのと同じで、
便利なツールである「言葉」を覚えることは有意義であるのは間違いない
非言語的なツールをうまく活用するのと同時に、語学力そのものもさらに伸ばして、
お客様や同僚ともっともっとうまく意志疎通できるようになりたい


言葉の習得は、終わりがないから楽しんだなー


まだまだ。NOT ENOUGH!がんばろー


ゆるっと南京・ひとり旅♪ 

August 15 [Sat], 2015, 19:27



少し前ですが、3連休をもらったので、小旅行へ♪

行き先は上海から電車で約1時間半の南京





南京って、歴史的ネガティブ要素のイメージが強くてなんとなく避けてきたけど、
調べてみると意外と観光スポットが多く、遊び甲斐があるらしいことが判明
1泊でも十分でしたが、せっかくの連休だからたまにはゆっくりとまわってみようと2泊3日に♪ ・・・




というのも、従業員優待で同グループホテルのお部屋が破格の安さだったのです☆( ̄▽ ̄=)うしし
この機会に「お客様」の立場になってみようと、ホテルめぐりをしたのも旅の目的のひとつ。




このヘブンリーベッドが気持ち良すぎて、朝寝坊しちゃったくらい
しかもベッドサイドで携帯充電しながら眠りについてしまい、
せっかくKing-sizeベッドにしてもらったのに、ひとり端っこで朝を迎えるという・・・ 
真ん中で大の字になって思い切り寝転がれなかったのが唯一の悔い!(笑)




            




さてさて、南京の観光スポットですが、まずは南京駅目の前に広がるこの【玄武湖】。
湖畔から湖を眺めると対岸に見える高層ビル群。都会のオアシスといった感じです。





2日目の午前中は、この湖1周約10kmをジョギング〜 気持ちよく走れる良いコースでした
しかし、途中かなりのどしゃぶりに遭い、びしょびしょになってホテルに戻ることに。。。
傘も持たずに濡れて走る日本人女子・・・ きっと変なヤツと思われたでしょうが、
雨の日に走るいい練習になった、と思っておこう!笑





            




1日目の観光では、気温32度の中、【紫金山】を歩き回りました
旅行したのは6月の梅雨真っ只中!3日間ずっと雨に降られっぱなしでしたが、
南京は元々中国最大かまどのひとつと言われるほど、あっつくて有名なところらしい
しょっぱなから汗だらだら





観光案内図を見ると、ん〜思ってたより広そう。。。
うまく回れるだろうか。。。





しかしこの日は平日人が少なく静かなのがなんと嬉しいこと〜
中国はどこの観光地にいっても混んでるのでいつも疲れちゃうのですが、
世の中の連休と1週間ずらして行ったのが幸いでした☆ラッキー
あ〜目の前に誰もいない景色 サイコー!!!
中国にいるとは思えない美しい新緑の森 ゆっくりと散策できて、めっちゃ癒されました〜





さぁ、山の中をひたすら歩いてようやく到着したのが、こちら!
中山陵】 孫文の御墓です。

中華民国をここ南京で成立させた孫文。実は中国では「孫中山」の名前で知られているようです。
Wikipediaで調べてみると、その由来は孫文が日本に亡命していたころ、
たまたま近所に住んでいた中山さん宅の表札の字が気に入り、自身を「孫中山」と号するようになったから・・・とのこと!これは意外!!(ノ゚听)ノ




孫文さんに会うべく、この392段もの階段を上ります!ひぃ〜




でものぼって振り返れば、この絶景
すばらしいパノラマでした





孫文さん、いいところに眠っていらっしゃいますね



            




続いて同じ紫金山敷地内にある、【明孝陵】へ。
実はなにげに世界文化遺産!というのもどんなところか楽しみ〜





地図を見たらさすがに歩いていけそうになかったので、観光カーに乗りこむ。
おひとりさま特権で、助手席に座らされた。(笑)






明孝陵は、明王朝を築いた朱元璋(洪武帝)のお墓。
世界遺産に指定されてるものの、地下宮殿がまだ未発掘だそうで未だ謎が多くあるらしい。
鮮やかな朱色を生かしてカメラで遊ぶのが楽しい♪












その陵墓への参道がこちら♪ なんともかわいい12対の動物たちがお出迎え
これらの石獣は明代から残る貴重なものだそうです
600年以上も前につくられたなんて思えないほどきれいで、モダンアートにすら見える
この旅の特にお気に入りの場所になりました







            




2日目。さらに南京の歴史を感じられるスポットへ。中国に現存する最大の城門 【中華門




馬も駆けあがっていけるという城門入口。
明代に作られてから600年以上もの間、数々の戦禍を見てきたんだろうなぁ。





のぼって見るとその規模の大きさに圧倒




昔はこのように川と湖に沿ってぐるっと囲まれていたようです。
見るからに手強そうな南京城 すごい☆





その城門の真上をひたすら歩いてみました
せっかくなので、目標は現存している城壁の端っこまでっ!





眼下に広がる城下町風な建物もなかなかの風情です。




雨の中、ひとり延々と。。。




ホントに誰もいないのがちょっぴり怖ろしい。。。




ユースオリンピック関連のモニュメントが見えてきた!
まだまだ行きたい! ・・・が、さすがにそろそろ飽きてくる





ようやく見つけた出口であえなく途中離脱! ゴールまで、残り1km弱だったようですが、
足元悪い中、歩行距離約3km!(´ε`;)ふぅ まぁ、よしとしましょう!
次機会があれば、東西の全長を走って制覇してみたい





            




城壁を下りたところからさらに歩いて、今度は 【夫子廟】 へ。




「夫子(ふうし)」とはもともと儒学者に対する敬称だそうで、
夫子廟というと、一般的には孔子を祀る場所のことを指すそうです。





中では、教育展が開かれていました。
これは算数の教科書かな?





学問の祖である孔子さまに肖ろうと、境内には赤いお札がいっぱい




夫子廟周辺はお土産屋やレストラン街が連なる繁華街となってます。
秦淮河には観光船もあり、夜景が有名





小吃街は多すぎてどこで何を食べようか迷走〜




さぁお待ちかね、南京グルメ!!
名物はこの「鸭血粉丝汤 要は春雨スープですね。
鴨の血を固めた「鴨血」は赤こんにゃくのような触感。
日本人には苦手な人が多いけど、私はキライじゃないんだなー





それから、塩味の蒸しアヒル=「盐水鸭 これもおいしい♪
南京は鴨料理が多いようです。





ちなみにホテルのスタッフに教えてもらった、ここの南京料理屋さん。
地元の有名店らしく、活気がすごい!!





店に入ったとたん、このおじさんが、超〜元気よく「欢迎光临!!」と迎え入れてくれました!
しかもこのポーズ! ものすごい威勢の良さに最初はびっくりしたけど、
中国でこれだけサービス精神旺盛なのは結構嬉しい♪ 旅の思い出に一緒に記念撮影





            




最終日の3日目は、忘れちゃならない 【南京大虐殺祈念館】。 三角の建物が目印です。




彫刻をはじめとした施設内のアートも迫力ありました。




至る所に「300000」の文字。
数字の信憑性は賛否あるにしろ、大勢の人が犠牲になったことは確かなわけで、胸が痛みます。





施設内の展示はすべて中国語・英語・日本語の3ヶ国語で書かれていたのがとても有難かったです。
元日本軍兵士だった方の証言ビデオの展示もあり、思ってたほど「偏り」のないところは意外でした。





「歴史を忘れず、未来の教訓とす。」




日本人学校から寄付された千羽鶴もそのまま展示されていて、なんだか嬉しかったです。




ちょうど今年は戦後70年の節目。
色々と勉強になったし、このタイミングで行って良かったなーと思いました。






            






南京 山あり、湖あり、そして歴史あり。

なんだか落ち着く、小さな古都。 久しぶりに旅行らしい旅行ができました





餃子・肉まん・ショーロンポー! 

June 19 [Fri], 2015, 17:23



最近マジメネタばかりでしたが、食べキャラの私には、やはりこんなレポが必要でしょう

今回は、上海の
小吃 (シャオチー = 屋台で食べるようなスナック) を一挙ご紹介☆

じゅるる(* ̄艸 ̄)



まずは上海名物の 小龍包。 
中国語読みは「シャオロンバオ」ですが、「ショーロンポー」という発音は実は上海語だそうです!
これはこちらにきて初めて知りました(ノ゚ο゚)ノ オォォォォ



写真はその発祥のお店とされる、「古猗園」というお店。
先日、ラン仲間とこの店目指して走っていきました!笑

1871年創業って結構な老舗!
看板には、「薄い皮」「ジューシーなスープ」「やわらかい肉」「大きい餡」と謳っております。

1つのセイロに20個入り30元(約570円)。
一個一個が小さいので、気がつくとスルスルと何個も食べてしまいます




あと、こちらではカニ肉入り小龍包も定番です。
中にはこうゆうストローで汁を吸うのもあったりします。
これはテンション上がっちゃいますね♪( ̄∇ ̄*)

ちなみにちなみにっ!↑上の写真のゴマ団子とエッグタルトも私の大好物〜うしし



あー やばい。 早速おなかすいてきた



  




続きまして、こちらも上海名物。 焼きショーロンポーの 生煎(シェンチェン)

写真だと大きさがわかりづらいですが、直径5cm × 高さ5cm くらいとけっこう大きい!
お箸でもちあげるとずっしり重く、あぐっと思いっきりかぶりつきますっ!
・・・が、同時に激熱ジューシースープがお口の中に攻め込んでくるーっ!!!
という、かなーり手強いヤツですっ!

でも、これぞ上海のソウルフード 6個で6元(約120円)と、安くて充分お腹いっぱいになります。
はじめて上海に来た方には、ぜひおすすめしたい一品



じゅじゅじゅ



  




お次は肉まん! こちら、最近お世話になってる、ローカル露店。
朝ランコースのゴール手前という素敵な立地条件なので、早起きして走ったご褒美に最高なのです




ある日の朝ごはん@路上。
からし菜っぽい野菜とシイタケの餡が入った 菜包(ツァイバオ)
なんと、1個 1.5元(約20円)  安くて、うまい





肉まんというと、日本ではコンビニスナックの定番ですが、
こちら、上海のファミリーマートの肉まんコーナー
どれも1.5〜3元くらいと手軽に買えて、ランニングの補給食にも大活躍です




ちょっとわかりづらいですが、ファミマイートインコーナーで食べた、叉烧包(チャーシューバオ)
この割れてる形とほのかに甘い生地が私には どストライク たまりません
その他、カスタードクリームまんの 奶黄包(ナイファンバオ) や、
もち米入りシューマイの 糯米烧卖(ヌオミーシャオマイ) も最近のお気に入り



  




まだまだあります!今度はギョーザ!
中国でギョーザと言えば、「水饺(シュイジャオ)」 =水餃子です。
こないだの従業員食堂では、久しぶりにこの水饺がでました!
水曜日のランチメニューはいつも麺なのですが、こちらの「麺」というのはあの「生地」のことを指すらしく、ギョーザも麺カテゴリーになるようです!この感覚はちょっと面白い
で、生産追っついてなかったのか、この日はめずらしく部署を越えてスタッフたち総出の巻き巻き
みんな上手〜 この整列された水餃子たちがなんだかカワイかったです。
時間があれば私もやってみたかったな〜



※百度検索にて画像拝借!※
食べるのに夢中で写真撮り忘れてしまいましたが、形はこんなかんじ!
おいしくてぺろーっと食べてしまい、おかわりしに行ったくらいだったのですが、これが大失敗
水餃子の注意点は、あとからお腹がふくれてくること!!
なので、昼食休憩直後の仕事中はけっこう苦しかった〜 (´ε`;) ぐふぅ
次は気をつけよぅ〜





ちなみに日本風の焼きギョーザに近いものもあります!
鍋に貼り付けると書いて、「锅贴(グォティエ)」。
これは同僚たちも大好きなようで、特に朝番のときなんか大量に買ってきては、
仕事の合間、朝ごはん代わりにみんなで食べたりします。 1個1元というのも、やすーっ!!



表面カリカリ 中はジューシー
あ〜 ヾ(*´Q`*)ノ じゅるる♪




  
なんだか生地の肉詰めシリーズとなってしまいましたが
こうやって挙げてみると種類の多さに改めて驚かされます(^^;




あとはこんなのもあります 



ちまきの「粽子(ゾンズ)」。
ちょうど今週末は旧暦の端午節。街の露店も粽子を買いに並ぶ人でにぎわいます。 




こちら去年買ってみたもの。
何の種類があるのかわからなくてテキトーに頼んだら甘いやつだった!
あったかいおはぎ風。これはこれでおいしい♪



  



それからこれも私の大好きな小吃なのですが、台湾発祥の「手抓饼(ショージュアービン)」。 
以前、台湾旅行で初めて食べたときのあの感動といったら・・・!!!
クレープのようなトルティーヤのようなものなのですが、
鉄板に叩きつけながら(抓ねながら?)焼くので、生地がちょっぴりクロワッサン風でサクサク 
これがまたたまらんのですっむほほ
卵とベーコンとチーズと・・・などと何を巻くかカスタマイズできるのも楽しい♪ 4〜8元くらい。




道端のテキヤさんとか、バス停そばのキヨスクとかで売ってます。
おじちゃんおばちゃんによって焼き方の上手い下手があるので、おいしいところをもっと開拓したい





                        


いかがでしたでしょうか〜? 食べたくなった人は、はやく上海に遊びに来てね〜
  



【1年経過】 インターン振り返りレポート 

April 17 [Fri], 2015, 16:15

振り返り第3弾☆ インターンシップ、無事終了。
実はこれが一番書きたかったこと。そして なかなかうまくまとまらずにいたこと。
長いようであっという間だったこの1年間。
嬉しかったこと、悩ましいこと、色々ありすぎて書き切れませんが、
このモヤモヤを整理しながら振り返りリポートしてみたいと思います。



昨年2/27、期待と不安を胸にやってきた上海。

30歳という節目もあり、独り身のうちにやりたいことやっておかなきゃ☆ と、
思い切って、海外でのホテルインターンシップという形でのチャレンジが始まった。

なぜホテル? なぜインターン? そして、何故に上海?

出発前は家族やたくさんの知人・友人からの質問攻め&ご心配の念を掛ける。 
こんなことするのはあまり一般的でないので、理解しがたい部分がたくさんあったのでしょう。

でも、私が1年ここで過ごして確信したこと、

それは、 【ここに来たことは、やっぱり間違いではなかった!】 ということ!




そもそも上海インターンという道を選んだ理由は主に3つ。

@第2の故郷 ・ チャイナ

私は幼少期、父の仕事の関係で香港に住んでいました。
2歳〜9歳の7年間でしたので、いわゆる「小さい頃の思い出」というのは、私の場合ほとんど香港での出来事。
当時まだ中国返還前の香港。通っていたブリティッシュ系幼稚園では、
聴こえるままに童謡・キラキラ星を意味不明なカタカナ英語で歌い、
周りのオトナたちが話す不思議な言葉は、興味あるもののいつも右から左へ聞き流し。
そして大好きな飲茶やカエルの足などもなんてことなくムシャムシャ食べって育った子ども時代でした。

小学3年生の2学期から日本の小学校に転校。
踏み切りとか公民館とかよくわからなくて、“逆輸入的“カルチャーショック?!
があったのを思うと、私にとって香港ないし中国は、むしろ「第一故郷」なのかもしれません。

そういえば、5年前、初めて海外一人旅をしたくてなんとなく選んだ場所は、香港のお隣・マカオでした。
あのとき、現地に行って感じたどこか懐かしい感覚と不思議な居心地の良さ!
なんだかそれがずっと忘れられず、「いつかもう一度戻りたい」という想いになった、というのもあります。
これが「望郷の念」というものなのでしょうかね。
(ちなみにマカオ旅日記の様子はこちらから→ http://yaplog.jp/asumi0i6/archive/94)


おかげで上海に来てから生活にもすぐ馴染めたし、ある意味日本にいるより気楽で本当に心地よく過ごせてる。
やっぱりこの場所は自分のルーツだなー、って確信できたのは私にとってすごくプラスになりました。




Aプチ留学&プチ転職

香港での経験をきっかけに、大学では英語専攻、第二外国語で中国語を勉強しました。
在学中アメリカ留学も一年行かせてもらい、勉強になったことは、もちろん英語もそうですが、
一番は 「異国の地で自分で生活し視野が広がった」ということ!
これは以降、私にとって非常に大きな影響力となり、
いつか違う国(できれば第二外国語でやっていた中国!)にも留学してみたい!
と欲張りな野望を抱いていたのでした。

卒業後、就職したのはホテル業界。自分の性格に合った業種で楽しくやっていましたが、
あれだけ勉強した語学のスキルをなかなか職場で生かせないままでいたのがずーっとひっかかっており、
7年ほど勤めて思い切って退職。
いろいろ悩みましたが、せっかくやるなら国内で転職ではなく、海外で働いてみたい!
しかし、いきなり外国の企業へ転職?!というのはあまりにも無謀過ぎる!!

・・・ということで選んだ方法が「インターンシップ」でした。

まずは一年やってみて、それが自分にとって本当にプラスになることなのかどうか、
そしてその先どうしていきたいのか、見極めよう!という「お試し」期間。

で、重要なのは、「どこ」にいくか!?

英語も中国語も話せる場所・・・ 古巣・香港やシンガポールなど候補に挙がりましたが、
何度か旅行に行って印象的だったのが上海!!
国際色豊かで、普通話と呼ばれるスタンダードな中国語を覚えるにはちょうど良いと思い、決めました。


中国語は日本にいるときから勉強はしていましたが、
やはり現地に来るとたくさん聞いてたくさんしゃべれるので、どんどん話せるように!!
最初はわけわかめだったスタッフミーティングも、いつのまにか大体何のこと言ってるかわかるようになったし、
電話とることさえ億劫だったのが、今では簡単なことなら中国語でも対応できるようになった。
できることが日々増えてくると自分の成長を感じられて本当に嬉しい。


留学要素と転職要素を兼ね備えた一年間でしたが、やっぱりすごくすごく勉強になった!!
言葉や文化もしかり、仕事を通じて学ぶこと、そして新たな土地で生活してみること。
ここでしか味わえない経験とそこからしか学べない教訓がたくさん!
本当に思い切ってチャレンジしてよかったなーと思います。




【外国語をしゃべれるようになりたい】 とか 【海外で働いてみたい】 というのは、
小さい頃から漠然と抱いてきた夢でした。
すぐには叶わない夢だけど、その目標にたどりつくことを楽しみに今まで色々な経験を積んで来れた。
本当に充実していた。

そして、そのすべての過程を経て、今ここにいる!
ずっとやりたかったことが今叶えられていることがすごく嬉しい!

人生ムダなことはひとつもない。
この同じ空の下、 すべてひとつにつながっている!
日本の青空を見上げながら夢見た新天地... 今、わたしはそこにいる。 
これってホントに幸せなこと!私はラッキーだなぁと思います。

でも、これでゴールじゃない。 他にもやりたいこと、叶えたい夢がまだまだたくさん!
Not enough!!

要はすべて「自分探し」。
インターンの一年は終わりましたが、せっかく見つけた場所なので、もう少しここでがんばろうと思ってます。




そして、ミッションはもうひとつ。

B実際、今 中国ってどうなの? を確かめる!

@Aの大義名分をもってしても、当初周りから理解されがたかったのは、
やはり連日メディアでとりあげられる中国のあまり好ましくない情報の力が正直かなり大きい。。。

でも私の中では、ニュースを見る度にいつも疑問でした。
日中関係が悪化って本当にそうか〜? 日本はそんなに中国から嫌われてるのだろうか?

私にとって親近感ある国だけに、イメージダウンなニュースばかりじゃ悲しいし、なんか悔しい。
それに最近、民主化運動のムーブメントも起こり始めたみたいだし、
テレビからの情報だけではわからない現地の様子を実際にこの目で見て確かめたい!
と強く思ったのもここに来た理由のひとつ。


空気、治安、食べ物、人・・・ ネガティブなイメージが多い中国ですが、
実はみんなが思ってるほど、ここはそんなに悪い場所じゃない。
(日本が良すぎるだけ。)

病気になったり、アクシデントにあうことも全くなし!
私、ちゃんと生きてますので、空気や食べ物や治安については、どうぞご心配なさらずっ!
(もちろん、常に健康や安全に気をつける、ってのは前提で!)


そして、「人」。

「中国人て、●●だから...」と思ってしまいがちなのはよくわかります。
でもその前にぜひ心に留めていただきたい。

わたし達は、同じ人間、同じアジア人!
中国人だって心寄せあえばみんな本当にいい人たちだっていうことを知ってほしい。

以前の記事にも書きましたが、私の周りの中国人は本当に優しくて、いつも助けてもらってばかり。
スタッフはもちろん、お客様でさえも、私が日本人だとわかると気さくに話しかけてくれて、
(それも咄嗟に英語に切り替えてくれたり、日本語で「ありがとう!」と言って下さる方も多々!)
つたない中国語での接客も御愛嬌とばかりに皆さん笑顔で許してくれるのが本当にありがたいです。

特に最近思うことは、本当にたくさんの中国人が日本への憧れや尊敬の念をもっていること、
そして「日本が好きだ」と言ってくれること!これはすごくすごく嬉しい

職場では、年休をとって日本に旅行に行ってきた同僚が何人もいるのですが、
みんな旅行から帰ってきて早々、「日本は素晴らしい!」 「日本はキレイ!」 「日本人は礼儀正しい!」
と目をキラキラさせて私に報告しにきてくれました

ある人は、「日本語を覚えたい!」からとwechat (=中国版LINE) で一生懸命日本語で話しかけてきたり、
あの豪快にもりつける食堂のオバちゃんでさえ、こないだいきなり、
「コンニチハ!」 「サカナ!」 「アリガトウ!」 と言ってきてびっくりした!! でも嬉しかった!!


・・・うん。やっぱり私が信じていたことは間違っていなかった!
大げさかもしれないけど、日本はこんなにも愛されている!って思ったら泣きそうになる。。。
これは私が上海にきて一番感動したこと!


なので、私はもっと多くの日本人に伝えたい。
中国人はこんなにも熱心に日本や日本人に興味をもってくれているんだ、ってことを・・・!!!


自分はそれほど興味をもっていなかった相手であっても、「あなたが好きです!」
なんて言われたらきっと悪い気はしないはずですよね。


もちろん好みは人それぞれだし、上海ただ一都市だけでの経験で広い国土の中国を語れないのもわかってる。

でも全部が全部、反日なんじゃない。
そして 「中国人て、●●...」というステレオタイプをちょっとだけ考え直してほしい。


例えば「汚い」「うるさい」「並ばない」とか、もうこれは国民性(要は個性)なのでしょーがないデス。(´ε`;)
許してあげましょう!笑
色々人間観察してると、何考えてるかはっきり言わない日本人と比べたら、
中国人は断然単純でわかりやすい! そうゆうところも時々かわいらしいとすら思えます!(笑)


今ビザの緩和で中国人観光客が急増したりだとか、これから東京オリンピックを迎えるという状況もあるので、
日中がもっともっとお互いを受け入れあって、理解しあえる雰囲気になれたらいいなー

・・・なんて、ちょっと次元が大きいけど、そんな風になれる社会を切に望みます




だいぶ慣れたとはいえ、たった一年じゃあ、またまだ勉強不足。
私の視点から見える中国や上海のつれづれなこと。
これからもボチボチと発信していこうと思ってます!


なので、もう少しおつきあいください。

わたしの自分探しの旅@上海

旅路はまだまだ続きそうです



変態戦隊★外灘レンジャー!? 

April 04 [Sat], 2015, 19:50

振り返り第2弾☆ 変態戦隊★外灘レンジャー!


・・・ ってなんのこったい?って話なんですが、、、

実は、マラソンチームの送別会で出し物をすることになり、レンジャーパロディをやったのでした
これがやってみたらかなりの大作になりまして、もういい思い出
ここ1ヶ月はこの企画で盛り上がりすぎてずーっとニヤニヤが止まりません!(*´艸`)うふふ
早く区切りをつけるためにも、ここで自分自身気持ちの整理をつけたいと思い、日記にしてみます。



              

うちのチームは自分たちのことを「変態」と自負するいわば「マラソンバカ」集団です。

みんな市民ランナーでありながら、フルマラソン3時間以内(=サブ3)で完走する人多々!
中には100キロマラソンに毎年挑戦している人も・・・
とにかく毎日走ることが日課なのは当たり前、
通勤や移動は車や電車より走って行く方が手っ取り早いと考える人たち!
ランニングイベントも幅広く、環状になっている地下鉄4号線を一周ラン(全26駅 約38km)する企画や、
上海東西の空港・浦東〜虹橋間(約60キロ?)を走る企画など普通の人には理解できない走り方をします。

なので自称「変態」(笑)

そんな変態集団の毎週火曜の練習メニューは早朝5時集合の朝ラン!
市内三つの支部に分かれた練習場所でそれぞれ自分の家から近い支部に参加するのですが、
私は朝3:50に起き、4:20に家を出発、さらに4:40発のフェリーに乗って川の向こう岸を約5km程走って、
外灘支部まで参加しています。
ゆるゆるランナーの私でも、この時点でかなりの変態度合いを発揮しちゃってマス
しかし、類は友を呼ぶ?!のか、みんな変態なだけにおもしろい人たちばかりで、
いつも一緒に楽しく練習させてもらってます!




ことの発端は今も忘れはしない、2/16(月)夜のwechat(中国版LINE)にて、
メンバーのこのひと言から始まった・・・

  メンバーPさん :  こんばんは!明日の朝練、【出動】します!

  メンバーRさん :  僕も【出動】します!

  メンバーTちゃん:  【出動】ってなんか戦隊モノみたい!

  メンバーBさん :  レッドは誰?!

  メンバーRさん :  キレンジャーはカレー好きのオレだな。

  メンバーA    : じゃあ私はピンクレンジャー要員で【出動】します!



・・・とまぁあれよあれよという間に皆が乗っかりアホな盛り上がりに
明朝、早く起きなければいけないというのに、遅くまで担当カラーをチャットで打ち合わせ
「じゃー明日はそれぞれの色のTシャツで集合!」ということで、

2/17(火) 早朝5時半 集まったのがこちら



シャッキ───ヽ(๑•̀ω•́๑)ゝ───ン。.:*・゜

参上!!!

この日は空気が悪く、写真ボケボケでしたが、原色カラーシャツはくっきりカラフル!!
隊員全員朝から大興奮でした!!(笑)

こうして変態戦隊★外灘レンジャーは誕生。

そして、このあとタイミングを合わせたかのように、ものすごい勢いでチャットが炎上することになろうとは・・・!?



              


同日昼、チーム内に電撃ニュースが走る!

なんと!エースYイチと女帝K子がおつきあいをはじめたとのこと!! 

グループチャットは祝福の嵐!

Yイチは外灘メンバーでもあり、みんなにイジられる ♪〜(^ε^)ヒューヒュー



              


さらに同日夜、今度はメンバーTちゃんから連絡あり。

  
  T : 3/21(土) キャプテンGの送別会をします!
      幹事から外灘支部でなんか出し物をやって、と依頼がありました! アイディア募集!

  R : 何しようか〜? 替え歌で泣かすか、女装して笑わすか・・・?!

  B : 泣かすより、笑って送りだしてあげたいよね!

  R : エレキテル連合のパロディとか〜?! 
      アンドロイドふんしたYイチは何を聞かれても「K子、K子、K子」しか言わない・・・みたいな!?

  T : ん〜わかりにくい!

  R : ごめん、イジりすぎた!

  T : ふざけつつもちゃんと落とす、って感じにしたい!

  A : そしたら、今朝の外灘レンジャー使えるかも?!

  T : 誰か悪役ショッカーになって、キャプテンGをレンジャーが救うってのはどう?!

  A : 最後のキメゼリフは「キャプテンG、今まで本当にありがとう!」ともっていく!

  P : そういえば今朝のレンジャー集合写真アップしたら、すごい反響だった!
      「もう一回やってほしい!」ってリクエストあったよ!

  R : よし、じゃあ外灘レンジャーにどうにかストーリーをつけよう!・・・



てな、流れで盛り上がり始めると、なんかワタクシ、急に妄想が爆走!!!
誰が何色で、誰が悪役だとか・・・ どんなBGMを使おうか・・・
どんなオチで、どんなストーリー展開ならウケるかな〜・・・ とか!
いろいろ想像し始めたらもう止まらなくて・・・!!!
気が付いたら携帯メモに簡易シナリオを書きまとめ、1時間後グループチャットに送信・・・!!

なんと 即、採用が決まってしまいました
つまり、ワタクシ=脚本担当 かなり責任重大 Σヽ(@∇@;)ノ!!!

でも、このアタマの中の妄想が寸劇となって、ステージで表現される・・・と思ったら超ワクワク
もうこうなったら、自己満足でもいい!! やってみよう

それから数日の旧正月休みはほとんど出かけることなく、ストーリー構成に没頭
ニヤニヤしながら資料書きあげました・・・〆( ̄ ▽ ̄*)ムヒヒ カキカキ

Wordには、みんなからもらったアイディアやメンバーの色々なエピソードを交えつつも、
できる限りコンパクトにまとめたシナリオを。
セリフの言いやすさ・覚えやすさを考慮したあたりは、中学の予餞会でやった演劇の経験がヒントになりました。
そして、普段こうしてブログやSNSで文章まとめる練習をしてきたのも活きてきた気がします。

Excelには、役者の立ち位置を、図の挿入やテキストボックス駆使して見える化してみる。
これは、高校のチア部時代に使ってた方式をそのまま応用!
さらに、前職でほぼ毎日エクセルを使った資料作成をしていたのもあり、わりとサクっとできあがった。

今までの経験やスキルが後々活かされるというのはすごく嬉しいもの!
まさかこんなところで活かされるとは思ってもみませんでしたが・・・(笑)


              


今回私はたまたま脚本兼監督という形で携わることになりましたが、
他の隊員たち(笑)もすごい能力を発揮していました!!

衣装担当は、ファッション業界に勤めるTちゃん。
ロゴデザイン担当は、webデザイナーのMさん。
グッズ買い出し時の出資者は、社長のBさん・・・

などなど、みんなの得意とするところで協力し合う!

とくに今回面白かったのは、広告業界で活躍されているRさんの提案!
送別会本番までの「予告編」を作ろう!ということで、
毎週火曜朝練時にレンジャーポーズで写真撮影し、wechatにアップ!
要はCMでよくある、「続きはwebで!」風なつくりだ。
これは業界用語で 「ティザー広告」というらしい・・・ 斬新な発想!!!・・・


・・・いやいや〜 待て待て。 

よくよく考えてください。 


ただの寸劇 ただの出し物


にも関わらずっ!!! なんて オトナ な段取りをしているんでしょう、私達っ!!!


ただでさえ、仕事は年度末で忙しく、日中間の出張も多いメンバーたち・・・

しかもこの時期、東京マラソン、名古屋ウィメンズ、ソウルマラソン・・・
とレース目白押しで、みんなランの調整に集中したいはず・・・!

それでも、時間の合間をぬい、きちんとスケジューリングするから、みんなエライ

し・か・もっ!! 驚いたことに、台本読み合わせ会をしてみると、
みなさん、アカデミー賞なみの演技力!! 熱いっ!! すばらしいっ!! 

まだ練習段階であったものの、まさに私の思い描いていた世界が
生きた声となり、動きとなり、現実化されているのを見たら、もう〜超興奮でした!!(*/∇\*)キャ〜

あぁ〜  社会人になって、こんな部活みたいなことできるのって、ホントに幸せっ

わたし、部活をがんばってたあの青春時代に戻りたいと考えてしまうことが何度もあるのですが、
もし戻ることができるなら、今の社会人になってから得たマネジメントスキルや対人能力といった力を
そのまま持ってタイムスリップしたいな〜、なんて夢見ていました。
あの頃はもう何も考えずガムシャラで、もっとアタマ使ってやってればもっといい結果が出てたかもなぁ〜・・・
なんてムダに後悔してしまうからです。。。

でも今、その夢をこうして叶えることができました

オトナになってもこんなおバカなことで青春を謳歌できるなんて、本当にサイコーの仲間っ

いろいろなタイミングが運よく重なり、生まれた外灘レンジャー!

この機会と出会いに本当に感謝したいと思います。


              

そして迎えた3/21(土)本番☆

結局、みんなで集まってセリフ合わせしたのは3回ぐらい?! (それも本番当日まで一度も全員そろわず!)

・・・と短い練習期間でしたが、本番は大・大・大成功〜

わ〜い♪\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/わ〜い♪

終始会場も盛り上がり、主役のキャプテンGも巻き込んでのステージはとても喜んでくれました☆



あと、我ら外灘メンバーの中にも実は日本に帰任することになってしまった隊員が何名か・・・。

送別対象者なのに、送別会で出し物をする側・・・というややこしい立ち位置にかなり悩まされましたが、

彼らにはナイショで実は「ウラ」台本を作成!!

上海居残り組メンバーから「また一緒に走ろうね!」のメッセージを伝える、サプライズシーンでした。

これはもうぶっつけ本番でしたが、みんなカンペキにこなしてくれました!!

もぅ〜ホントに脚本冥利につきますっ!!! うるうる



こうして、全員大活躍の末、無事に幕を下ろした、外灘レンジャー。

大好評につき、「シーズン2」も!? ・・・とのお声をいただきましたが、

ん〜 また脚本書けるかしら・・・ (−−;|||・・・


今はお約束できませんが、

外灘レンジャー! きっとまた会う日までっ・・・!!!


ナゴヤウィメンズマラソン2015 〜 めざせサブ5?!大作戦 〜 

April 04 [Sat], 2015, 12:53

ここ数カ月、いろいろありすぎました・・・
忙しいというか本当に充実! ・・・でも慌ただしすぎて、なんだかずーっとココロ落ち着かず・・・
早くこの想いを目に見える形にして、焦燥感を静めなければっ・・・と願っていました。
やっと落ち着いた今、それぞれ振り返りたいと思い、筆を執ります



まずは、振り返り第1弾☆ 3月8日ナゴヤウィメンズマラソン



私のマラソン人生はこの大会から始まった。
名古屋在住時代、ノリでエントリーボタンを「ぽちっ・・・」と押してしまってから早3年ほど。。。
一回きりのイベントにするつもりが今も走り続けているとはね〜 自分でもびっくりです。

今回は2回目の挑戦。半年前の上海マラソンも加えるとフルマラソンは3回目。

  初フルちなみに当時の日記 → http://yaplog.jp/asumi0i6/archive/140
  --- ナゴヤ:制限時間7時間のところ 6:49:29で完走!

  2回目 (ちなみに当時の日記 → http://yaplog.jp/asumi0i6/archive/163 )
  --- 上海  :制限時間6時間のところ 5:56:30で完走!

・・・と見てのとおり、これまでいずれも制限時間ギリっギリっ!!!
さすがに3回目なので、そろそろ落ち着いて走り終えたい・・・

目標は、めざせ! 【サブ5!】 = 5時間切り!
これが達成できたら、レースの度に1時間ずつ更新することになるので、ちょっとカッコイイ?!

・・・なんて、かなりの高望みですが、とりあえずPB(パーソナルベスト)をめざしてがんばりました




やはり一度走ったことあるコースなだけに、序盤は気持ちに余裕をもたせつつ、
名古屋時代の思い出にひたりながら走った。

ナゴヤらしい片道6車線の広い道路、

栄のテレビ塔、

さらにはオープンカレッジで通っていた大学校舎や、元職場周辺も。

ホントは規則違反なんだけど、自転車で爆走通勤したよな〜 この道・・・

とか懐かしく思い出しながら走る桜通り・・・ などなど。

当日は雲ひとつない快晴で、久しぶりに体感する日本のきれいな空気と空に感動!

終始気持ちよく走れました




さて、めざせ!【サブ5!】 を達成するために、気をつけたことが幾つか。


@まず、前日の食事&レース中の給食

上海のランニングチームに入って学んだことのひとつに「カーボローディング」というものがあります。
これは、レース1週間ぐらい前から炭水化物を抜いた食事制限をすることで、一旦エネルギー源を枯渇させ、
レース2〜3日前になったらごはん・パスタ・もちなどを大量摂取しエネルギーを蓄え、
そして本番、最大限のパフォーマンスを発揮させるようにするもの。

私の場合、最近走りすぎると吐いてしまったり、食べ過ぎると走れなくなったり、
といった感じでなんだかめずらしく胃腸が敏感に。。。 
果たしてこのカーボローディングのセオリーが本当に自分に合っているのかどうか不安でした。

だからといって、食べずに臨むわけにはいきません!
というのも、二年前この大会に参加したときは、レース前半冗談抜きでお腹が空きすぎて本当に死にそう
だった経験から、今回はその二の舞にせまい というのも目標のひとつ!

とりあえず、普段は不太好吃な従業員食堂の食事を少なめに摂り、日本のおいしいごはんを楽しみに忍ぶ
そして前日の名古屋入りからゆっくりカーボイン開始!
名づけて、「カーボ”スロー”ディング作戦」!!



同じ大会に出るチームメイトたちとランチに大好きな蓬莱軒のひつまぶし
これ、何度食べてもやっぱりおいしい〜
そして夜は、世界のやまちゃんで前夜祭☆ コショウの効いた手羽先でたんぱく質と刺激を入れる

14時のランチで17時のディナーだったため、ちょいと苦しかったけど、
自分のペースでゆっくり食べるようにしたらどんどんイケた!
普段仕事のときの食事休憩は30分しかなく、カッこんじゃうクセになってたのを再認識
やっぱりゆっくり食べる方が自分に合っているみたいですね。

 

さらに功を奏したのは、一緒に参加するチームメイトから頂いた三重の「なが餅」!
柔らかくて甘すぎず美味!これは当日の朝ごはんカーボにちょうどよい!!!
と、一気にぺろりと5個ぐらいいってしまった!

スティック状に小分け包装になっていたのも便利で、スタート直前並んでる間に残りを摂取!
よいお土産をいただき、本当にラッキーでした☆

おかげでレース中は、前回のような腹ペコ症状は回避でき、胃腸は絶好調!

レース中のエイドでも、地元Pascoの十勝バタースティック(これも好物)を好きなだけ頬張りながら走り、
さらに、前回遅すぎてもらえなかった サクラ色の青柳ういろうもリベンジゲットでき、大満足でした!
ヽ(*´∇`*)ノ


A続いて、給水とトイレ作戦☆

今回時間稼ぎをするために特に気にかけていたのがトイレ&給水!
これも前回の反省から、トイレ待ちで20分ぐらい時間を無駄使いしてしまったので、なんとか改善したい部分。
ササッと1回ですばやく済ませるためにも、給水は最低限に抑えたい。
そこで、上海チームで好記録を連発している先輩から伝授してもらったテク・・・ それは、
「給水はスポドリのみ、水は飲まずにうがい!」

スポーツドリンクは吸収がいいのでトイレの心配がないということ、
そして、水はうがい程度でのどを潤すのみにしておけば、
スポドリで甘すぎになった感じを一掃できてお口スッキリ!というわけです。

これは使えるワザでした 結果、トイレは15キロ付近で一回のみ。
それもみんな並んでしまう大会設置簡易トイレでなく、協力OKと案内に書いてあったコンビニを利用
タイミングもよく、3人くらいだけ待ってすぐに入れたので、ロスタイムは10分くらい
最小限に抑えられたと思います。


B足指テーピング作戦☆

半年前の上海マラソンでは芋虫サイズの水ぶくれが痛すぎて走れなかった教訓から、
今回は入念に絆創膏で足指をテーピング!
足の指10本、それぞれ爪を覆うように絆創膏を貼り貼り。。。 これも、上海チームの先輩から教えてもらったこと。 
こんなちょっとの対策でしたが、あのときのひどい痛みはまったくなく、
終わってみたらまめや靴擦れなど一切なし (ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
これはすごい効果 今後もレース前必須ですね。




C腕にタイムを書きカキ作戦☆

サブ5を達成するためのペース配分は、1キロを7分で走ること!
走っている間は、思考回路が弱まるため、【●時に×キロ地点を通過する!】という目標時間を腕に書いてみました

しかし、これはちょっとツメが甘かった。。。
普通のボールペンだったので、汗と時計で擦れてしまい、
15〜25キロ通過時刻など一番大事な部分がまったく読めないっ( TДT)ガーーーン
しかも、グロスタイム(号砲基準)とネットタイム(自分がスタート地点踏んでからのタイム)で15分くらい差があり、
遅れているのかそれとも順調なのかもよくわからない。。。
そして、コースで表示されているのがタイムなのか、現在の時刻なのかも、もうわけわかめ。。。
走りながら暗算すると結構無駄なエネルギーを消費してしまうことを実感
このグリコーゲンを筋肉消費に使うためにも次回は必ず油性マッキーだっ




Dキティちゃんかぶりもの作戦☆

今回、一緒に参加した仲間の提案でお揃いのキティちゃんをかぶって走りました〜(笑)
レース当日は気温16℃?とかで被り物するにはちょっと暑かったけど、慣れてくると不思議と暑さは気にならず、
むしろ顔側面がふさがったことでなんだか自分に集中できた!
ちなみに下は例によって、いつもの赤チアスコート
もうこれは、私のレースユニフォームと化しそうです

被り者の利点は声援をたくさんもらえること!
特に今回は、ちっちゃい子からの「キティちゃんがんばって〜」の可愛い声にかなり癒されました〜(*´∀`)♪

衣装を目立たせていたおかげで、折り返しコースですれ違った名古屋時代のランナー友達にも会え、
一瞬だったけどすごくパワーもらえた!
それから応援で来てくれた元職場の上司や地元の友人にも無事に沿道で再会
たくさん写真撮ってもらったり、友人はわざわざダンボールで応援ボードも作ってくれていてありがたかった。

※↓↓前日、LINEで応援お願いメッセージしたときのキティスタンプを真似てみた図。(笑)

 


E日中友好ラン?!作戦☆

これは予期せぬできごとでしたが、当日私が着ていたTシャツの背中に書かれた「SHANGHAI」の文字を見て、
声をかけてくれたランナーがいました。彼女はオランダ在住の華僑と言っていたかな。
走りながらちょっとだけの会話でしたが、英語・中国語でコミュニケーションとれたのがすごく嬉しかった

あとなんだか台湾から団体ツアーが組まれているのか、お揃いの背中ゼッケンをつけた台湾人の子がたくさん!
そしてその子たちを応援する「加油!」が何度も聞こえ、なぜか「がんばれ〜」より「加油!」を聞くとテンション上がっている自分。。。(笑)
自分も元気もらったお返しに、抜け駆け 「朋友们加油!」と話しかけたら、向こうも笑顔で返してくれてました(*^^*) 
走りながら国際交流♪ 今までにない経験でなかなかよかったデス



《からだダメージとラストスパート!!》

さぁそんな大作戦がうまくいってか、レース前半は割りと順調でしたが、
やはり後半からヒザ周りを中心に脚全体がしびれる寸前みたいな感覚。。。全部痛い!!!(>_<、)

止まるともう動かなくなりそうだし、でも走り続けたらいつか吊りそうな気配で怖かった。。。

とりあえず、練習でいつもやっていたように疲れたら無理せず、歩いたり伸ばしたり跳んだり跳ねたり。。。

ごまかしまやかし。。。

なんでこんなツラいのに走ってるんだろうな〜ワタシ。。。

なんて思って笑っちゃったりも。(笑)


そんなときに目に留まった沿道の応援ボード・・・


「足が痛いのはきっと気のせい!」


この言葉にはかなり助けられました!
そうそう、これは脳がもうやめよーよ、と悪魔のささやきをしているだけ!まだまだできる!!

目標としていたサブ5はかなり厳しくなっていたが、最低でもサブ5.5してPB更新したい!
とにかくできるところまであきらめずにやろう!という気持ちだけは貫いた。

ストレッチやエイドで気持ち切り替えたり、冷却スプレーやってくれるところに立ち寄ったりなどしたら
不思議と痛みもひいて走れるようになる。

最後の給食後、残り3キロ!
サブ5.5まで結構ギリギリだったので、最後の力を振り絞って猛ダーーーッシュ!!

息もあがり苦しかったがここで手を抜いてはいられない。

キティの格好で本気で走る!

疲れて歩いてる周りのランナーもどんどん抜かす!

ラスト1キロはさらにマジになるべく、キティには悪いがキティを脱ぐ!(笑)

顔に風を感じて走るのが気持ちいい!



そしていよいよドームに戻り、FINISHゲートと明るいブルーがまぶしい場内に入ると、見えてきた公式タイム!

やった!間に合った!ネットタイムでの5時間30分切り!!ヽ(=´▽`=)ノ

安心感からまた走りながら嗚咽が。・゜゜(ノД`) そして無事にゴール!!   

  記録  5時間27分19秒 (net) ※またもやギリッギリだけど【サブ5.5】達成!

ゴール後、すぐに名物のティファニー!&それを渡してくれるイケメンたちも嬉しかった

・・・が、ゴールくぐった途端に脚が痛すぎる〜〜〜(+_<) (+_<) (+_<)
残念ながら、イケメンと写真撮ったりなんて余裕がない・・・
もう朦朧となりながら記念タオルやら水やら小倉マーガリンパンやらを受け取り、なんとか友人と合流。
タクシーを探し求め、ひどいロボット歩きでドーム周辺を徘徊
まじで魂ぬけそうになりながらホテルに戻り、死んだように爆睡しました

いや〜 今思えばそれだけカラダのちからが抜けちゃうほど最後はスパートよくがんばった

その後、幸いにも戻しちゃうようなカラダの異変は特になく、 胃腸も成長したもんだ
足も1日経ったら普通に歩けるようになり、フライト前、最後の追い込みで買い物してるときなんか、
キャリーケースひっぱりながらかなりの早歩きができるまでに!我ながらナイス快復

今回さすがにサブ5はまだまだ力不足で成りませんでしたが、
今後も無理せず、私らしく走っていきたいですね



ナゴヤの街は20代後半ずっと過ごしていただけに、社会人の私を育ててくれた第2の故郷。
親に成長した姿を見せるように、また来年・再来年も戻ってきたい☆


やるしかない。 

January 17 [Sat], 2015, 12:42
金曜21:00、仕事終了。

ソッコー寝間着に着替え、イスにぐったりもたれ、足を投げ出す。無理矢理リラックスムードにするべく急いでいれたインスタントコーヒー。ふーふーしながらすするが、熱くてなかなか飲めない・・・いや、むしろ今はこのマグカップの端切れを噛み砕きたい気分・・・
BGMのjazzからは津波のようなピアノのクレッシェンドが押し寄せ、まるで私のカラダの水分をぜんぶ押し出すかのように、密度の濃い唾と涙になって出てくるのか〜... と思いきやまたひいていく...

あー 悔しい。

めんどくさいお客さんからの電話。今日も長かった〜
前泊まったときも、先週予約の電話もらったときも、ご機嫌で話始めたと思ったら、ちょっと逆鱗に触れると忽ちクレーマーに豹変するモンスター。

どーも私の説明の仕方が悪いらしい。こうやって時間をかけて言葉を書くのはわりと慣れてきたが、咄嗟に気の利いたしゃべりをするのはニガテなんだよなー
今回もおそらくそのあたりが原因でまた誤解を招いてしまった。要は「言った」「言わない」の議論なんだけど。。。

正直こちらとしては絶対復唱したし、確認書もメールで送った。だけど相手は絶対言ってないというし、メールも見てない・・・てか使わない主義らしい。。。
電話で聞いた内容の「確認書」なのだから確認できないなら送るなといってくれ!!


・・・とかいって八つ当たりしてしまったけど、なんだかんだ私を頼って電話掛けてくれたんだよなーこの人・・・

とふと気付いてしまった自分がまた悔しい。


ついでに思い出したのが、前職の厳しい上司が教えてくれた言葉。
【自分に起きる問題は、すべて私に解決する力があるから起こっている。何か大切なことを教えてくれようとしてるから起きるんだ。】

この大嫌いなお客さんが何か私に重要なことを教えてくれようとしている?!なら「ありがたい」と思うべき?!

・・・とポジティブ転換を試みるもまだ素直にスイッチが入らないところもまた悔しい。

くそー 今回ばかりは抜かりなくやったつもりが全部否定されたから余計にツライ・・・ついにこらえられず今日は職場で悔し涙。悔しくて泣いたが、初めて同僚の前で涙を見せてしまったのもなんだか悔しい。

上司に相談してなんてお返事すべきかアドバイスをもらうが、うまく言える自信がない。日本語なのに。。。やっぱり私の課題は英語でも中国語でもなく日本語なんだよな。。。

あーあ。誰か代わりに電話して〜
と願ってもこのお客様と話ができるのは私だけなのよね。。。

やっぱりこれは与えられた試練か〜? 私のチカラで解決できるんだよね?これでまたニガテ克服できるだよね?
(もうムリヤリ。)


・・・色々悔しいが、いずれにしても私がやらなきゃいけないらしい。


お客様との次の約束は火曜日のお昼に電話。


今度こそ、負けられない!

2015年 幕開け@チャイナ 

January 12 [Mon], 2015, 0:10



2015年 あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願い致しします


今年は、おそらく人生で初めて日本で過ごさないお正月を過ごしました。

中国での正月は2月の春節なのですが、一応1月1日も祝日らしく仕事はオフ!
そして12/31も振替休の希望を出してお休みにしてもらい、私は友達と上海郊外の杭州で年越しをしました!

山に登って、2015年の初日の出を一緒に見よう!!!
・・・という企画だったのですが、なんと大晦日にお腹をこわしベッドから起きれず、
この景色を見ることができずじまいに・・・!!! (T△T)泣 なんという最悪な正月!!!
※友人の写真だけ拝借してみました

大晦日に杭州の有名店でランチをしたんですが、ちょっとモリモリ食べ過ぎたようです・・・
普段はこんなことめったにないだけに、かなり反省。。。
自称・食べキャラと称してきましたが、これはもう卒業せねばっ!!

そして、ひとつ大事なことを思い出しました。
今年のワタシは【本厄】だってことを・・・ Σ Σ Σ
だーかーらーかー・・・ 妙〜に納得!




そ・こ・でっ! 行って参りました〜 初詣@上海!!!

有名観光地の静安寺というところです。
かなり由緒ある寺院なのですが、周辺は開発が進み、都会のど真ん中にあるお寺!
写真からもわかるかと思いますが、後ろにビル群がそびえたち、景観なんて完全無視なところがまた中国らしい!笑

お参りの仕方は、周りの人を見様見真似!
お線香を両手ではさみ四方へお辞儀〜 ・・・
その後、仏像の前の座布団にしゃがみこみ、おでこを床にすりつけるように深々と礼3回〜 と・・・ 

Dear 上海の仏さま。
年末から早々に厄年の洗礼を浴びせられたワタシですが、
自分自身を含め、家族や仲間が末永く健康でいられますよーに!!
そして今年ももう少し上海で頑張ろうと思ってます。
昨年同様、今年もたっくさんのいろんないい出会いがありますよーに!☆
( ー人ー)|||~~~ ナムナム〜 ・・・




・・・ム〜これで合っているのだろうか??  ナゾ。
でも、ここの仏像は日本にはないようなかわいらしい表情でなんだかほっこり♪
境内1周したらこころなしかカラダも軽くなったので、きっとこれで厄はお祓いできたでしょう(…と信じたい!!)





ん!久々に旅日記っぽくなったな

今年は精神的に&資金面で余裕がでてきたら、中国国内外いろんなところへ旅行に行ってみたい

いつもこのブログを通じて応援してくれる皆さんに今年も良い報告ができるよう頑張ります





P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dawn☆ミ
読者になる
2014年3月より上海にて修行中
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像dawn☆ミ
» まだ間に合う?! 2016年の抱負 (2016年02月03日)
アイコン画像抹茶
» まだ間に合う?! 2016年の抱負 (2016年02月03日)
アイコン画像dawn☆ミ
» 変態戦隊★外灘レンジャー!? (2015年04月05日)
カテゴリアーカイブ