市況 株式 産業

December 29 [Sun], 2013, 17:05
市況
株式
産業
格安航空ピーチ、搭乗率84% 井上社長「予想以上」
朝日新聞デジタル 12月27日(金)17時59分配信
格安航空ピーチ、搭乗率84% 井上社長「予想以上」
格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションの井上慎一社長=大阪府泉佐野市

 【木村和規】関西空港を拠点とする格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションの今年4〜11月の平均搭乗率が、84%の高率だったことがわかった。前年同期より6ポイント高い。モンクレールレディースダウンジャケット就航率が4〜9月に日本一の高さだったことなどが、大きな利用増につながった。

 井上慎一社長が26日、朝日新聞のインタビューで明かした。モンクレール ダウン モンクレール 2014 秋冬芸能人の追っかけや高校の部活動、沖縄日帰り旅行などで使う利用者の例を挙げ、「予想を超えて使いこなしていただいている」と述べた。

 来年は、第2の拠点・沖縄からの国際線を中心に、路線をさらに増やす方針。iphone 4G/4s ケース4時間以内で飛べる都市を視野に入れており、中国やベトナム、フィリピンなどが該当する圏内にある。

 また、井上社長は「安さと良さを両立して欲しいという期待を強く感じる」とし、4〜11月は平均86%だった定時出発率を、大手航空会社並みの9割以上にするなど、運航の質をさらに向上させる意向だ。iphone 4G ケース

朝日新聞社
【関連記事】宙放射線の被ばく量を低減できる!? -放医研などが確認
マイナビニュース 12月27日(金)17時57分配信
ウェットタオルで宇宙放射線の被ばく量を低減できる!? -放医研などが確認
写真: マイナビニュース

放射線医学総合研究所(放医研)は12月27日、宇宙滞在中の宇宙放射線による被ばく線量を低減するとして、ウェットタオルを用いた実験を国際宇宙ステーション(ISS)にてロシア人宇宙飛行士の協力のもと行った結果、40%近い低減効果を得ることが実証されたと発表した。

【もっとほかの写真をみる】

同成果は、放医研の小平聡研究基盤センター研究員ら、ロシア科学アカデミー生物医学問題研究所のVyacheslav Shurshakov研究部長ら、チェコ科学アカデミー原子核研究所のIva Ambrozova研究員らによるもの。グッチ iPhone ケース詳細は宇宙科学専門誌「Advances in Space Research」オンライン版に掲載された。

宇宙は、太陽や銀河からやってくる重粒子線や中性子線、ガンマ線など多種多様の宇宙放射線が混在した複雑な放射線環境であり、宇宙空間で生活することは、そうした宇宙放射線に常にさらされることとなる。iphone 4G ケース

ISSの活動領域では地球自身が持つ磁場によって形成される地磁気によって、重粒子線などはある程度軽減されるものの、滞在している宇宙飛行士は単位時間当たり地上で受ける線量の100倍以上(1日あたり0.5〜1mSv)を被ばくしており、その被ばく量の低減が求められていた。

これまでの研究から、さまざまな素材や手法が考案されてきたものの、宇宙へ地上から持っていくには重量が重くなりすぎ、ロケットの積載量では対応できなかったり、宇宙放射線が遮へい材と反応して発生する2次的な放射線が人体へ余計に悪影響を及ぼしたりするなどの問題点があった。ipad2 ケースまた、それらを解決する研究を行おうにも宇宙空間の複雑な放射線環境を地上で再現することは困難であり、将来的な月や火星での長期間の有人活動の実現に向けては、そうした課題を克服した被ばく線量の低減する手法の確立が求められていた。

今回、研究チームは、2次的な放射線が発生する割合が金属素材よりも小さく、さらに中性子線の遮へい効果にも優れている「水」を遮へい材として利用することを考え、入浴設備が無いISSで身体を拭くために大量に常備されているウェットタオルに着目。ルイヴィトン バッグ 新作ウェットタオルを板状に積み重ねて作成した遮へい体(厚さ6.3 g/cm2)をISS内に設置し、その前後での放射線量測定を行った。

具体的には、重粒子線などが混在した複雑な放射線環境において高精度に被ばく線量を評価することが可能な「受動型線量計」を用いて測定を行った。ルイヴィトン携帯ケース

実施期間は2010年6月16日から同年11月26日までの約半年間で、ウェットタオルの遮へい体が有る6カ所と無い6カ所の合計12カ所で放射線量の測定を行い、遮へい体の有無による被ばく線量の変化を実測した。

その結果、厚いガラス窓で遮蔽され、正確な結果を得られなかった4カ所を除いて、遮へいがない位置では一日当たり962μSvの線量値(4カ所の線量当量の平均値)であったのに対し、遮へいがある位置では一日当たり593μSvで、遮へい体の有無で線量値が大きく変化することが判明。iphone 4 ケース遮へい体の有無に対応した各線量計の位置における遮へい率を計算し、その平均値をとった結果、ウェットタオル遮へい体による線量低減割合は37±7%(線量当量値)であることが実証されたほか、この結果はシミュレーション計算による推定結果(水中6.3g/cm2の厚さで34%の線量低減割合)とほぼ一致することが確認されたという。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/astwety8/index1_0.rdf