LEDとは? 

April 08 [Thu], 2010, 18:49
LED(エルイーディー:Light Emitting Diode)とは順方向に電圧を加えた際に発光する半導体素子のことである。

発光ダイオード(はっこうダイオード)とも呼ばれ、発光原理はエレクトロルミネセンス(EL)効果を利用している。

有機EL(Organic light-emitting diodes(OLEDs))も分類上はLEDに含まれる。

寿命は白熱電球に比べてかなり長く、製品寿命は封止樹脂の劣化により透光性が落ち、発光量が一定以下になった時点をいう。

素子そのものはほぼ半永久的に使える。LEDが使用不能になるほとんどの原因は電極部分の金属の酸化・劣化、過熱や衝撃で内部の金線が断線するものである

発光色は用いる材料によって異なり赤外線領域から可視光域、紫外線領域で発光するものまで製造することができる。イリノイ大学のニック・ホロニアック(Nick Holonyak)によって1962年に最初に開発された。今日では様々な用途に使用され、今後蛍光灯や電球に置き換わる光源として期待されている。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:astonmartin
読者になる
2010年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる