雪柳 チューリップ 

2006年01月23日(月) 2時04分

舞う雪にほころぶ唇。

朝起きたら外は真白の世界。



はらはらと落ちる天空のかけらは

窓から見える屋根を軒を木々の枝をモノトーンに染める。

暖房の効いたこちらからの眺めはまるで動く絵をみているようで

ガラスに触れると、指先から伝わる凍えるような冷たさが

私にそれを現実のことだと教える。



あたたかな部屋の中は柔らかな春の予感を抱いて、外はまだ冬景色。
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:astl
読者になる
Yapme!一覧
読者になる