へいぼん 

2016年09月27日(火) 2時13分

みらいのことかんがえる。

絵の技術が上がるといいなあ。
(風景、静物、の絵を増やす。描かないモチーフを描いて、自分の世界のものにする→で、自分の世界のものにできて初めて、自分の世界の武器になるように思う。時間かかるかもな。)

そんで来年は憧れのギャラリーで個展をする。
来年できなければ、30歳までに。
これはなんとなくできそうな気がしてる。
(来年末とかにできたらいいけれど、ギャラリーのスケジュールっが決まるタイミングにも寄る。)


35までに結婚できたらいいな。
子供もできたら欲しい。ひとりでいいから。


できたら動物と暮らしたい。
今の物件、ペット可なんだ。
子供できなかったら犬と暮らそう。





逆にこれだけは嫌だ。ということは?あるのかな?

友達付き合いの絵の仕事が増えすぎて負担になるのは避けたい。
付き合いの絵って、ギャラがとにかく安い、あるいはお金が発生しない。
ありがたいけれど、ちょっと減らしていきたい。
でも、
プロモーションになるようなものはギャラ云々に関せず受けるようにしたい。

このバランスをもう少し明確にしたい。


SNSはプロモーションだと割り切っていこう。
お友達付き合いはちょっと控える。めんどくさいってのもあるけど、いずれ自分の負担になるような気がするから、控えたい。
かといってかたくなりすぎないように気をつけたい。


あとは、

特にないか。。
妥協したら妥協したなりの未来があるだけだもんな。




ああ、あとトレース台が欲しい。
今年中に買おう。

絵を収納する棚が欲しい。
これ、今年中に買えるかなあ。



12月にフランスに行くと約束したけれど、どうしようまだ航空券取ってないや。






そんなもんか。

「そんなもんか」って感じの未来だな。
来年売り込みにいきたいと思っている出版社もはっきりあるし、知ってるデザイナーさんのところに行ったりしたいなあとか、なんかまあそんなもんだな。


書き出してみたら割と現在の延長線上って感じだった。




あと、趣味を見つけたい。
海外の絵本を買い集めるのが、今の所大きな趣味になってるのかも。
ヒントもたくさん得ているし。
でも自分が絵本作家になりたいのかというと、どうなんだろう。
「一度作ってみたら?」と、デザイナーの叔父に言われたのでやってみるか。

運動系の趣味を作らないと、体がなまって心もなまってしまう気がする。
水泳でも始めようか。。






明日までに友人から頼まれたウェディングボード仕上げる。(マットは依頼済み)
9月30日までにコンペの絵を提出する。(やばい)


10月中にHPを充実させる。
ポートフォリオ見直し。
コンペ申し込みをする。


11月、コンペ作品20点提出。


12月パリの絵本市に行く。
(航空券取らなきゃ。9月30日にコンペ提出したらスケジュールの調整しよう。)



こんなもんか。

平日は9:00-18:00で仕事!
たまにライブに行って、映画もたくさん見よう。本も読もう。飲みに行こう。


忙しいな。





でも、今までだってずっとこんな感じだったよね。
だからだいじょうぶ、なんとかなったじゃん。



ふむ 

2016年09月24日(土) 15時28分

27歳になった。
あんまり変わらない自分がいる。

展示が終わった。
担当のデザイナーさんが「なつめさんはいいセンスを持っている。もっと幅広いジャンルの仕事に取り組んでもらいたい」と言ってくれた。相手に伝えられるラフの書き方と、いろんなジャンルの絵を書き分けられるようになるのがひとまずの目標。

別の出版社のデザイナーさんが「ちゃんとしたギャラリーで個展をしてみたら」と進めてくれた。
この出版社のデザイナーさんは言葉が冷徹で(!)、私は大変好感を持っていたのだけれど、今まで私の絵に対する評価が「下手!」とか「パースが狂ってる」とか「空間に逃げすぎ」とか、だったので、個展を勧められたことがなんとなく嬉しかった。あと、最後に「持ち込み待ってます」と言ってくれたこと、嬉しかった。励みになった。




絵を描いている。

ずっとずっと描いている。



憧れだった人と住んでいる。
憧れが日常になった途端、憧れではなくなってしまった。
それでもステージの上での姿には毎回感動するし、彼が私の隣部屋で作る音楽が好きだ。



今特別好きなことがない。

ちょっと前までは彼の音楽が特別好きだった。








それでも音楽を聴き続けている。

彼がレーベル会社からもらってくるCDは、どれも昔私がお金を出して買っていたものだった。

私はもう音楽にお金を払わなくて良くなった。



でも、今は。
お金を払っていた頃は楽しかったなあと思う。


お金を払ってライブに行くこともなくなったけれど、
お金を払ってライブに行っていたころは楽しかったなあと思う。




お金を払うことは、対象のものに対して、身体ごと気持ちを入れることなんだと気付いた。
















私の絵、今いい感じになってきていると思う。


だからこれからも絵を描いていくんだと思う。



私を私たらしめる形が決まってきたように思う。


だから私は私に耐えられないと感じてしまう。




「30までは生きてみてごらん。そこから先はずっと楽にだから」って、中学時代の担任の先生が言っていた。




30になったら、

自分がもっと、自分であることを自覚するんだろう。


何者かわからない自分をコントロールしたい、という欲求もなくなってくるのかな。






そんな時、私は、私じゃない誰かになりたい気持ちを捨てられるのかな。


ネットの世界で匿名ぶって存在するのが逃げ場になるんだろうか。






きっとブログもやめられないんだろうな。

なんにも変わらないまま生きていくのかな。


それでもいっか。






一般的なことなんてどこにもなかったじゃん。
表面的には意識しても、実際的にはヘンテコだったもん。


数え切れない 

2016年09月17日(土) 23時30分


どれだけ幸せになっても

私は私に耐えられない。

私をやってくれる誰かがいないと

私は私を脱いで休憩しないとだめ


一時的に死にたい。








休憩したい

私が私でなくていい場所で

名前も土地も全部取り払って

なんかもうしんどい。
全部もう嫌だ

うまくいくことも何もかも

無意味で虚しい



うまくいったことを
喜んで受け入れる場所が
ない

自分の中にそういう場所がない。

だから何やっても埋まらない


困ったなあ



しにたいな。




何で死んでないんだろ

よく分からない


何で生きなきゃいけないんだろう
そんなことないか
生きなくてもいいのか
もういいか

いっか。

嫉妬 

2016年09月03日(土) 17時37分


嫌いなら関心を持つのをやめればいいじゃないの、と思う。
でも心のどっかでは憧れている?
から、関心を持つのをやめられないのかな。



しんどい。
しんどくて一緒にいられない。

一緒にいる間、笑ってはいけないと思ってしまう。
私が笑うと、いけない気がする。
そして相談してはいけないと思っている。
気を煩わせてはいけないと思う。



みんなといるのが好きだったのにな。

どうしたらうまくできるんだろう。

なんか疲れたな。


死にたいと思う。

毎日毎日それが止まらないのだ。


逃げても逃げても。


人間が嫌いで。
どこに行っても人間はいるし。

生きているこの先に何か楽しいことがあるとしても、
満たされない。虚しさが、離れなくて。





来年死んでもいいなあと思いながら。
来月死んでもいいなあと思いながら。

いつでもいいんだよな。

死なんか通過するだけだしな。


過程のしんどさを思うと、
早く過去になりたいと思う。





私のいない世界を傍観していたい。




過去になりたい。

27 

2016年08月25日(木) 18時59分
27年も自分のままでいる。
27年間ずっと自分でいる。
別人になれたらよかった。
他人になれたらいいのに。

27年も自分を脱げなかった。
脱いでしまえたらよかった。
の。に、。







昨夜は笑った。
笑いながら「そういうのが一番いやだ」「ほんとききたくなかった」と言った。

むりだったさ

ドワー 

2016年08月06日(土) 11時30分


音楽の内側に来たら、
音楽の外側にいた時の楽しさがなんだか薄くなっちゃた。

前みたいに楽しめなくなってきた。
発売日にみんなと共有するあの感じ、


自分のこともっとちゃんとやろう。


アワー 

2016年08月06日(土) 0時31分



いろいろしんぷはつばい。


最近毎日3時間くらいしか眠れてなくて、
仕事から帰ってきてからさっきまで寝てた。。

夢見た。


もう戻れない子供の頃の夏休みの夢だった。
なんか辛くなって、
こんなんで良いのかな、とか、思っちゃった。

実家帰って、誰か一般企業に勤める良き人と結婚して、子供産んだりして、なんか自分の人生を繰り返すような形で時間を重ねていった方が良いんじゃないか、とか。。


でもそんなのできないんだけど。
だって今2016年だし。



もう27歳になっちゃって。
今の彼氏が39歳とかで。
来年になったら私28歳で彼40歳。。

最近はなんだか子供欲しいという感じよりペット飼いたいとか思う。。
そして養子についてよく調べてしまう。。。
出産のリスク(自分も子供も)とか血で繋がりあう「家族」という形より、
なんだかそういうんじゃなくて、関係としての「家族」というものにひかれる。
よりマイノリティになることの方が、自分は安心するからなのか、少数派である方が、集団としての協調性を求められない気がして自分としては楽というか。ただ単に子供産むのこわいって気持ちもある。(障がいとか。周りに多いから。あと自分の体のこととか)ただ単に「私の子供」って存在がこわいってのもある。



ああああああ出かけなきゃ。
彼氏の友達の男性とその彼女に会ううううう
関係が先行する他人と会うの苦手なの直らんな。

手首の自由 

2016年08月01日(月) 22時59分

私に三年くらい片想いしてる男がいる。
彼をYさんと呼ぶ。

Yさんは三年間、私の周りにいるたくさんの人に、ずっと恋愛相談をしてきた。

だからYさんと私の周りにいる共通の友人はみんな、Yさんが私のことを好きだと知っている。
そしてみんなはYさんを応援している。
恋の相談は楽しいもんね。





でもわたしは、Yさんのこと恋愛対象だと思ってない。

だから、私は「共通の友人」たちの中にうまく入れない。
なんとなく後ろめたさを感じている。

私は「共通の友人」たちに自分の心の内を言えない。
言ったらYさんに悪いと感じている。いうなら直接Yさんに伝えたいと思ってる。


Yさんの気持ちを知らないふりをする。

Yさんが告白するまで、自分の気持ちは言わないし言えない。

私からYさんに恋愛対象でないことを伝えるなんて、できない。
だってそんなのうぬぼれが過ぎるし、
Yさんにとって良くないし、
最悪。
いいことない。





でも、Yさんは私に告白しない。
もうずっと。
ずっと。






いい加減イライラしている。









相手も自分も傷つけられる覚悟がなきゃ駄目だ。
それでしっかり相手と自分を大事にしなきゃ駄目だ。
そういうやり方以外の方法を知らない。
長い時間、個人的な甘い感情をいじくりまわして舐めているのなんか自慰と同じだ。
それを周りは「恋」という。
甘い「恋」の相談は面白いからみんな夢中だ。



自分の感情は自分で舵を切って行動したほうがいい。




そうやって感情を押し進めていくんだよ。









あああ。

めんどくさいな、早く結婚したい。


to.t.al.on.do 

2016年07月27日(水) 13時52分


景色が変わらない。
ずっとおなじまま。
どこにいっても。

景色が変わらない。
ずっとおなじまま。
だれといても。




ステージの上の彼を見てた。
かりきおを吹いていた。


ベッドの上の彼を見てた。
背中を出して眠ってた。


ベランダ。
東京。





どこまでも。

透明 

2016年07月21日(木) 2時54分


自分の存在に耐えられない。

自分が自分に耐えられなくなる、のは、

なんでなの






消えたくなるから
行方不明になりたくて、

行方不明になりたいから、

家を出たくなる。

「私の不在」を成立させたいから、

「わたしがいないことを気付く誰か」が必要で、



その状況が迷惑というか、
わたしの不在に付き合わなきゃならない誰かにとっては、迷惑だから、
できないんだけど、


自分の気持ちがどうしたら埋まる?

のか、

よくわかんない。











自分が嫌いになる。
いい子でいられないから。
罰が欲しくなって、
また自分のこと叩いて、
虚しい気持ちになって。
飽きた…

その割にやめられないのはなんなんだ?



心配してもらえると

自分は存在しててよい、

という気持ちになる。


「君がいないとさみしい」とか

言われるとわたしは嬉しい。




















自分で自分に

「わたしはわたしが存在しててうれしいし、
わたしはわたしが居ないとさみしい」


って思えたらいいのかな。






普通に生きるのむずかしい。

















夜中だけど彼が帰ってこない。

だから拗ねてるだけなんだよな。

ほんとは今夜いっしょにいたかったんだ。


何か用事があって、とか、
したいことがあるから、とか、
そういうのじゃないんだけど、


いっしょに晩御飯食べたり、
くだらないはなしとか、
したかっただけなんだ。




でも、
それが言えなかった。



「◎◎さんと飲んできていい?」
って彼からメールがきて

「うん」って、答えた。

「おこってる?」って返信がきて


「?分かんない」って答えた。



「ごめんなさい。」ってメールがきて、

なんか、耐えられなくて、

「んあんあ、きにしないで。わたしのことわすれて。◎◎さん(彼の名前)のたのしいきもちのじゃましたくない」

って送った。

そっから彼からの返信なし。


そのときは正直なきもちで書いたつもちだった。







けど、きっと、
「さみしいから帰ってきて」
って言ったら良かったんだな。



自分の気持ちに気付くまで2時間かかったわ。






帰ってこられても
彼のたのしい気持ちに付き合えるわけじゃないんだけどさー



自分で自分の発言をかえてったら、
3時間後の未来とかかわるのかな。


自分で自分のこと叩いちゃうのと、
心配されることで自分の存在価値を確認したがるのとか、

なんかゆがんでるから、

辞めたい。



辞めたいとはあんま思ってないっつーか。


別の方法で、自分の存在価値を認めら
れたら良いのだけれど。


「別の方法」が今はわかんないんだな。



はい、

以上。

2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mai
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
感じたこと、 感じただけ。 無味覚の底無し穴に、スパイス。 090831
メッセージ

TITLE


MESSAGE

カテゴリアーカイブ