喪失に気付いた日 

2017年03月12日(日) 21時47分












今日もしあわせだったな。

30歳のユートピア 

2017年03月07日(火) 22時55分





「出来れば、どんなにつらいことがあっても、30歳になるまでは生きてみて欲しい。」






小学生のころだった。
担任の加藤先生が言っていた。


加藤先生はみんなの前でこう言ったんだよ。
別にわたしのために言ったわけではなくてね。












「30歳になる頃には、生きやすくなっているはずだから。」














だから30歳になるまでちゃんと生きようと思ったのだった。


ユートピアが待っているはずだ。










(果たして一体どんな?)



終わり@ 

2017年03月07日(火) 22時48分



「恋愛を終わらせるために恋愛をする」


という理論をずっともっている。


さっさと終わらせたかった。
完璧に終わらせたいと思っていた。




「完璧に終わらせたい」というのは


「自分が夢想する希望の恋愛をすべて残さず経験し尽くしたい」ということ。
















できれば、恋愛なんてものは、30歳になるまでには終わらせたいと思っている。


なぜなら、30歳から先はユートピアが待っている(はず)だから。

きぼうのいどこ 

2017年02月27日(月) 20時05分





冬の冷たさをしらないまま春になる。
風の心地を感じないまま。




どこか遠くに行きたくなる。
身体を置いて行きたいなと思う。
そうしたらもっと、
自由になれるんだと
そう思う。


ただの運動不足が祟って、
ただ、そう思うだけなのかもしれない


とも思う。














遠くに行くときは
身体にわたしが入ってるんじゃなくて、
そういう状況じゃなくて、
できれば、
目に見えないところにわたしが、
入っていて それで、
見えないわたしが見えないところで
行きたいところに行くという
ことを
したい。



出来れば、わからないことが多い場所がいい。
わからないことばかりなのに、
自分の感情だけははっきりと分かるような。


周りのことがほとんどまったく理解が出来ないけど、ただただ、心地いいみたいな、そんな場所がいい。






それか、理解する必要がない場所。


それでもゆるされるばしょ。




何かを理解しつづけなくても
わからないままでも
ずっとずっと
存在をゆるされる場所がいいな。













いないひ 

2017年02月26日(日) 19時27分





彼がいるとたのしくて
わたしはよく笑って
いるよ。






好きで好きで、隣で笑って、
笑った後にぎゅっとして、
それでなんかしあわせで、
またにやにやしちゃって、
ぎゅっとする。?




















なんとなく、しばらく、
子供ができたらいいのになって思った。




できてもきっと楽しいだろうな、と。






でもできなかった。
わたしたちは結婚もしてないし、
できなくてよかったのかも。とか、思った。












? ??






彼の元奥さんが、最近籍を入れたらしい。






いいな、って思う。


単純に、うれしい気持ちにもなる。






元奥さんの結婚相手も、わたしたちよく知ってる人で。


だからよかった、
すてきなふたり。






しあわせになってほしい。










??

温度のない空気の中で 

2017年02月08日(水) 23時05分

久しぶりに絵を描いた。


腕の筋肉が、なくなってる。
絵を描くときに必要なぶぶん。




なのに私はイラストレーターらしい。



身体や体裁はいらないなと思う。

呼吸や言葉のない場所に、肉体を置きたいと思う。

物質になりたいのだと思う。








そのためにこうして



身体から切り離しているのだと。




そう思う。

















切り離した先で、
生きているふりをしたがって



身体は全くべつの満足を求めている。






















やめられないようにできてるんだ。





DWFM 

2017年02月04日(土) 11時01分








自分自身の誕生日への執着がすごい。
覚えていてもらいたいとおもう。
大事な人に祝ってもらいたいとおもう。
確認をしているんだとおもう。




過去の誕生日が追ってきて参る。






















28歳。


打ち合わせ中にサプライズでいただきました。
絵の仕事で出会えた人や場所が自分の中でどんどん特別になっていく。




ありがたや。がんばろう。



遠く離れて繋いでて 

2017年01月24日(火) 23時11分

日常がたのしい。
バイトはたまにいらいらする。
家に帰ってパートナーとDVDをみる



それだけの日々。


通り抜ける。
笑いながら。





「なつめちゃんははじめから受け入れすぎる」

たえちゃんがお酒を飲みながらよくそう言う。


たえちゃんの肌は透き通っていて、
いつも清潔な空気をまとっていて、
それで、おしゃれで、
保育士さんで、
子どもがすき。


わたしはたえちゃんと友達になれてよかったなあと思う。


たえちゃんが笑う声を聴くとうれしい。








わたしはたえちゃんがすきだ。









だけど、たえちゃんは「自分のことがあまり好きじゃない」と言う。


「お母さんはミーハーで、お父さんは社会不適合者でロマンチスト。
お姉ちゃんとお兄ちゃんとは10歳以上離れていて、それが嫌。
わたし以外の家族はみんな新興宗教信者で、それはいいけど、理解してるんだけど…」











大人になってから仲良くなる人は大体みんな家族環境になにかある。



今のパートナーは別居家庭で、

たえちゃんのご両親は離婚してる。











絵の仕事でお世話になっているお店のオーナーのご両親も離婚。


「子供時代は変化ばかりだったから、大きく変化しない、当たり前の日常を大事にできる場所が欲しくて、お店を始めたの」って。

























ブログを読んで、消していかないとな。




そんなことを最近よく考える。






そういえば先日、お打ち合わせをした時に、「本を出しませんか?」と言われたんだ。


打ち合わせのお相手はテキスタイル会社の方だったから、他愛ない一言なんだけれど。






「本」と聞くと、すぐにここのブログが浮かぶ。








絵を付ければすぐ形にできるから。






















でもあまりにも個人的な内容すぎて、気持ちがまとまらない。










形にしたら、






今までの自分を纏め上げることができるんだろうか。




それとも、






わたしみたいな顔した別人がひとつ、


出来上がるだけなんだろうか。



















必要な妄想 

2017年01月10日(火) 0時25分

パンズ・ラビリンス(原題: El laberinto del fauno, 英題: Pan's Labyrinth)という映画をDVDで見た。
スペイン、メキシコ、アメリカの合作映画である。

とても良かった。
容赦なくて、常に緊迫感があった。






妄想ってもんは客観視した時、急に切ないもんになるんだな。



この映画見た後に彼氏が帰ってきて、新しい曲を聴かせてくれた。


「気分次第で 夢の国」って歌詞を楽しく明るく歌っているんだけど、
全くその通りだ。





人間が一人である以上しょうがないもんなんだなあとか。

妄想ってものの存在について考えると無性にサミシイ気分になるのであった。













最近は日常が楽しくて、
いろんなことを落としているような気持ちになる。

東京は色々考えられなくなる(感じられなくなる?)街なのかもしれない。


実家に帰った時、夕焼けを見て毎日寂しい気持ちになったもんだけど、
今東京にいると夕焼けを見ても何にも思わない。



朝が朝である必要がなくて、
夜が夜である必要もない。

6時が6時であればよくて、
21時は21時であることの方が大事だ。




この感覚って誰かわかってくれる人がいるんだろうか。






東京の生活が好きだ。

でも、いつでも、失ってもいいと思っている。



メモ的な 

2016年12月29日(木) 16時50分

http://blog.tinect.jp/?p=33083









昨日髪の毛を切った。
苦手な女の子から笑顔で話しかけられた。
彼女に質問されるのが嫌だから、私から彼女に質問をたくさんした。
私は自分のことを話す時、どうやって相手と遠いままの距離で入られるかなとか考えてしまう。


夜はライブ納めだった。
いいライブだった。
なのに曲が心に入ってこなかった。
なんでなんだろう。
生活そのものが、
音楽を越えてるからなのか、
よくわからない。











彼と結婚できたらいいな。
収入を上げないと。


2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mai
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
感じたこと、 感じただけ。 無味覚の底無し穴に、スパイス。 090831
メッセージ

TITLE


MESSAGE

カテゴリアーカイブ