東証が5日引け後に発表した、1日申し込み現在の3市場信

April 03 [Wed], 2013, 10:38
 東証が5日引け後に発表した、1日申し込み現在の3市場信用取引残高は、金額ベースで買い残が6週連続で増加し、前週比804億円増の1兆7237億円11年3月11日時点(1兆8855億円)以来、約1年11カ月ぶりの高水準となり、この6週間で5175億円積み上がったこの金額は、直近買い残の3割に相当する一方、売り残は2週ぶりに増加したが、同10億円増の6101億円にとどまり、買い方ペースの強さが読み取れる

 きのう5日は、日経平均株価が6営業日ぶりに大幅反落し、安値引けスペイン、イタリアの政局不安を背景にした4日の欧米株安や、円安一服感を受け、広範囲に利益確定売りが続いた同日の信用関連データには大きな変化はみられないが、松井証券が毎営業日公表する自社オンライントレード上の信用評価損益率によれば、買い方がマイナス0.077%(4日はプラス1.423%)と8営業日ぶりにマイナスに転じた売り方はマイナス18.187%(同マイナス19.684%)とやや改善依然として、買い方優勢、売り方劣勢のパターンながら、買い方の含み損が拡大するようだと先行きの戻り売り圧力として作用することになろう一方、売買代金に占めるカラ売り比率は、21.9%(同19.5%)に高まったが、相場が上昇基調にあった前週と同程度のレベル売買代金自体が増加しているため、総体的なカラ売り代金も増加しているといえ、それを消化するだけの買いエネルギーが存在しているともいえる

 ちなみに、直近の銘柄別信用取引残高をベースに信用倍率の改善度が比較的大きく、信用倍率1倍未満で、かつ売り残100万株以上の銘柄では、SUMCO<3436>、安川電機<6506>、エプソン<6724>などが挙げられる半面、信用倍率の悪化度が比較的大きく、買い長の銘柄では、アツギ<3529>、住友軽金属<5738>、あおぞら銀行<8304>など 1月23日にサンシャイン劇場で幕を開けた、俳優集団D2総出演の初舞台『Dステ12th「TRUMP」』が、2月3日に東京千秋楽を迎え、東京最終公演を前に、メンバー全員が会見に登場した

『Dステ12th「TRUMP」』の劇中シーン

 今作は、劇中に登場する親友やライバル同士や同僚など、対の立場となるふたつの配役を二人一組の役者が『TRUTH』バージョン、『REVERS』バージョンで、交互に演じる『リバースキャスト』方式で上演『繭期(人間でいうところの思春期)』を迎えた若き吸血種≪ヴァンプ≫たちを教育・矯正するギムナジウム≪クラン≫で繰り広げられる、儚くも美しいヴァンパイアストーリー

 主人公の『ソフィ』と『ウル』を演じる西井幸人は「『TRUTH』と『REVERS』で役を演じ分けるっていうことで、初日は不安でしかなかったけど、幕が開いて、お客さんの顔が見えた瞬間、安心感が湧いてきて、すごく楽しく演技ができた」と笑顔を見せ、今回が初舞台となる山田裕貴は「僕にとっては初舞台で、その舞台がD2の仲間たちとできるのは嬉しいとにかくお話がすごいイイので、それを自分がどう伝えるかっていう難しさを改めて感じましたでも、それが伝わったときの嬉しさや、生で返ってくるお客さんの反応が、自分にとって新鮮ですごくいい経験になった」とコメント

 リバースキャストについて、西井と同じく、『ソフィ』と『ウル』を演じる三津谷亮は「セリフ量が多いことが大変片方覚えても、もう片方覚えなきゃいけない自分の役を掴むまでに時間がかかっている中で、もう1つの役をやらなくちゃいけないっていう大変さがあった」と役作りの苦労を語ると、西井も「切り替えが大変稽古中も『TRUTH』やったり『REVERS』やったりするんですけど、自分がソフィを演じているのに、自分で自分の名前(ソフィ)を言っちゃったりすることが時々あって…本番ではないんですけど、稽古中はそれが一番不安だった」とコメント

 また、同じ役でもそれぞれ役のアプローチが異なるということで、山田と同じく、『ティーチャークラウス』と『アレン』を演じる陳内は「難しい点は、僕のアプローチの『アレン』を演じているんですけど、山田が演じる『アレン』に無意識に近づいていってしまうことがあって昼公演では、僕の目から山田『アレン』を見ているので、無意識に山田『アレン』を表現しようって思ってるのかもなので、終わったらいつも、すぐにセリフ合わせをやってました」と『リバースキャスト』ならではの苦労を話した

 『TRUTH』公演で、『ティーチャーミケランジェロ』を演じている近江陽一郎は、貴婦人のようなメイクと衣装のせいか、舞台の見どころを語っている最中も、どこかオネエ口調でコメント一方、売り残は2週ぶりに増加したが、同10億円増の6101億円にとどまり、買い方ペースの強さが読み取れるヴィトン 長財布 新作一方、売り残は2週ぶりに増加したが、同10億円増の6101億円にとどまり、買い方ペースの強さが読み取れるヴィトン 長財布一方、売り残は2週ぶりに増加したが、同10億円増の6101億円にとどまり、買い方ペースの強さが読み取れるルイヴィトン バッグ 新作
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/asnfowe68/index1_0.rdf