出来るサラリーマンは鞄の中まで気を配る事が大切

December 31 [Thu], 2015, 11:48
与党協議は当初、約4000億円の生鮮食品だけに限る案から始まったが公明党が対象拡大を主張。
独り身の高齢者がスーパーで総菜を買う状況などを想定し加工品全般に広げる一方、高級レストランでの飲食を含めない線引きで決着した。
第一生 命経済研究所の試算によると、年収の平均である約550万円の世帯では年1.3万円程度、税負担が減る。
消費増税による経済の落ち込みをカバーする一定の効果もありそうだ。
SMBC日興証券の宮前耕也シニアエコノミストは実質国内総生産を0.2ポイント押し上げる効果があると試算する。
宮前氏は駆け込み需要と反動がある程度ならされると指摘する。
ただ、対象品目の線引きは今後も火種となりそうだ。
外食と加工食品の境界線は曖昧なものが多い。
コンビニエンスストアのおでんは軽減税率になっても、屋台で食べるおでんは標準税率のままになる可能性がある。
そばの出前や宅配のピザが軽減対象になるかも判然としていない。
ハンバーガーチェーン、フレッシュネスの幹部は外食とイ ートインをどう切り分けていくのかが心配だと話す。
今回の合意で外食店が10%、コンビニなどのイートインが8%となれば、外食産業の利用客がコンビニに流れる可能性もある。
酒を巡る線引きではビールが10%の対象となるが、ノンアルコール飲料は8%。
本みりんは10%だが、みりん風調味料は8%となる。
ビールを飲む人が減る一方、ノンアルコール飲料を買う人が増えるとの見方もある。
税法などで線引きの定義をつくれても、欧州では適用範囲を巡る訴訟が後を絶たない。
財務省内にも外食を外せば、曖昧な線引きを巡って野党の追及にさらされるとの声が漏れる。
年明けの通常国会に軽減税率を含む税法の改正案が出されるが、国会の審議が紛糾する可能性がある。
今日の気になるキーワードのご紹介。
こちらは、ダチョウを利用したアタッシュケースで、クィルマークと呼ばれる美しい丸模様が規則正しく並んでいる事が特徴です。
綺麗なクィルマークが揃っている部分の革のみを利用しているため大変貴重で、高価な事が見て取れます。
アタッシュケースの中も、大変心配りがされており名刺やボールペン、カードなどのビジネスツールがしっかりと収まる仕組みになっています。
アタッシュケースの中も、すっきりと綺麗にまとめる事ができ目的の書類が見つからないという事は置きないので人気です。
出来るサラリーマンは鞄の中まで気を配る事が大切です。
アタッシュケース革人気
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アスカ
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる