燃えるシニア・ボランテイア募集

2006年11月01日(水) 21時27分
            
私たちは「燃えるシニア・ボランテイア募集中」です。定年後、
子どもたちに夢を持ってもらうのを応援する人を探しています。
神奈川県在住、性別は問いません。PC操作に習熟して、
子どもが大好きな、生活に余裕のある人を希望します。
詳細はこちらへ

2007年夏、来日児童の「仮受入申込書」

2006年10月26日(木) 22時57分
2007年夏(7.25.−8.6.)の「第16回国際平和こども交流大会」
に来日する小学生の仮受け入れ申請書」です。
今回は早めに希望者の「仮申込」を受け付けます。

2007年度は20名の来日招待を予定しています。
受入希望が少ないためです。
希望と申込が多い場合、招待する国を増やすことが出来ます。


また、2007年の夏には2カ国に20名を
日本からアジアに派遣を予定しています。
当会が招待して来日した児童の受入の
実績のある家庭が対象です。

街頭募金活動

2005年05月15日(日) 14時03分
街頭募金は、当初(1991-1992年)は、東京都の道路使用許可証を取って、上野駅、渋谷駅前のセンター街入り口、銀座、新宿で行った。 こどもたちもはるばる厚木から出かけてくれた。 都内は資金は集まるが、受け入れかて集めには不都合だった。やはり、『地元密着」でないとだめを痛感した。 カラーでこどもたちはJR渋谷駅前「センター街」入り口。 1時間1万円も集まった。



白黒は「変なおじさん。一人アフリカの太鼓」だ。 小田急線「本厚木駅北口広場」、1日4万人が利用する広場。 資金集めはむりだが、あきらめない。


PRの車。高岡の拡声器付き。10余年、現在は「証城寺の狸囃子」の音楽を流して、町を走っている。 よるは天の川のように、☆いっぱい、きらきらだ。

ホスト・フアミリー&キャンプ参加募集

2005年05月08日(日) 17時45分
各担当に連絡出来ない時は、本部に直接問い合わせ願います。


(本部)
243-0204
神奈川県厚木市鳶尾2−24−5−202
特定非営利活動法人 国際交流は子どもの時から・アジアの会
責任者: 高岡 良助
電話&FAX:046−242−0093・090−6107−7124(24時間)


(1)ホスト・フアミリー希望者へ

 2005年7月22日――8月2日(交通の状況で前後に多少ずれる可能性あり)
来日児童は中国、韓国,台湾、ロシア、パレスチナ、イスラエルの約40数名の児童と
引率女性です。基本的には、一人一人分かれ、小学生、または、中学生のいる家庭で、 
神奈川、町田、稲城周辺に住んでいる方を希望します。
東京都の場合は、玉川沿いです。

希望者は松本ハツヨTel:046-229-020338(FAX兼用) 243-0021 神奈川県厚木市岡田5-14-11.

に問い合わせと申し込み願います。
ホスト・フアミリー希望者に対するオリエンテーション(説明会)は7月10日(日)
14:00-17:00時


に開きます。 興味のある方も飛び入り歓迎。

海老名市さつき町39−1、「えびな市民活動支援センター」電話:046-235-6836.

無料駐車場あり。 電車の場合は、小田急線「厚木駅」(本厚木駅ではありません)
保健所のとなり。


前もって、案内状を郵送します。希望する国、性別はその時に決まります。
もちろん、受入希望に添うように致します。

(2)キャンプ参加児童の保護者へ
 2005年7月26日から二泊三日。県立愛川ふれあいの村にて。合計250名(
児童190名、障害を持った12歳以下25名含む。ボランテイア60名)
 申し込みは担当は上記の『松本ハツヨ」と同じ。


キャンプ・プログラムの問い合わせは渡邉悠子(5年目): まで。
参加料金は一人¥10,000.兄弟姉妹">
の参加は2人目から¥5,000.資金援助があった場合は、減額を予定しています。 
チャレンジ・チルドレンのキャンプ申し込み&質問は、菅井令子まで。



2005,5,26, 現在、全部で25名募集は、22名申し込みの受付け終了。



2006年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:asiakids
読者になる
Yapme!一覧
読者になる