田中聖子賞

2007年05月21日(月) 18時20分
「第7回田中聖子賞」授与式は、2007年5月11日、ウランバートル市#49学校(生徒数2,000人)にて、1−6年生から各3人、合計18人に賞状と一人、5,000TGSの副賞を授与しました。

当プログラムは10年計画です。千葉の婦人が交通事故でなくなり、その遺族の寄付と意思で「モンゴルの子どもの読書感想文コンクール」の後援者となってくれました。

賞状はモンゴル語です。田中聖子さまの顔写真付です。
ありがとうございます。

表彰しているのはハンダさん。

援助物資配布

2007年05月20日(日) 10時38分
アジア児童支援は42回目。累計合計350トン。受益者のべ23万人。
結果を生み出す大事なことは「賢者の批評家より遇者の行動力」だよねえ。

あなたも、そう、おもうでしょう???



2007年5月18日現在、ウランバートルのスラム街地区に住む、約800人の貧しい家庭の児童に配布しました。 協力してくれた方々に感謝です。

モンゴルでの配布はしばらく続きます。
これで、過去3回の40FTコンテナを含め、合計100トン余りをモンゴルに送ったことになります。
送料だけで、約300万円です。







一時帰国

2007年05月20日(日) 10時18分
2007.5.20.

高岡では、5月19日に一時帰国です。モンゴル滞在ビザ変更が不可になったためです。
ハンダさん個人の招待状に長期滞在ビザ取得を要請する役所、関係の学校など、数件の要請書を、
モンゴル移民局に提出しています。
モンゴル外務省経由で、在東京のモンゴル大使館に届いたら、「長期滞在ビザ取得後直ちにモンゴルにU-ターン」です。

今回の2ヶ月の滞在で、首都ウランバートル(UB)に押し寄せる地方からの移住者は増える一方を確認しました。 地方でも首都でも「仕事がない。生活できない」のです。

当会のモンゴル支部(法人登録申請中)があり、私も住んでいるUB北西部のタンボタール・ヒーチでは、月16日から「児童手当、全員に月300円」を求める長蛇の列が銀行の前に現れました。
仕事がない人がほとんどで、「唯一の収入が同収入」の人々です。
この光景は「世も終わりだ」です。

援助物資の配布は、「学校推薦と、当会のプログラムの里子対象に、すでに、約800人に配布終了」です。

2007年4月13日には、UB#83学校で、当会の「スーホーの白い馬」の里子には特別に、各人に靴2足、母親に一足と、里親からの贈り物のダンボール、乾パン、テニスボール3個、鉛筆50本、非常食(チョコレート栄養食)、鉛筆キャップ5個、衣類などを配布しました。
なお、同校推薦の50名の児童にも同じように物資の配布を同時に実行しました。

親子で、両手で持ちきれないほどを手にして、笑顔いっぱいでした。


モンゴル支援#4

2007年03月11日(日) 23時29分
42回目は約20トンだ。


靴も2,000足以上。
新品の子どもの靴だ。 無料配布する。

スラム街の子どもに炊き出しの大釜6個。
事務書を開くためにいすと机。
コンテナは一つは事務所兼、奥のほうは高岡のベッド。
もう一つのコンテナは、ボランテイアの無料宿舎だ。

栄養食(非常食)も3万食以上。衣服も無料配布予定だ。
お土産どっさり。モンゴルで輸入税を沢山取られるとまずい。心配だ。



2007年3月17日前後にモンゴルに行く予定。常駐である。
無職の母親にも仕事が必要だ。 現地ではすることがいっぱいだ。
アジアの会の「モンゴル支部」も法人登録する。
資金集めは欧米も対象にしなければならない。
がんばるぞ。

ボランテイア祭り

2007年03月09日(金) 14時30分
2007年3月10日(土)は中学生の出番だ!

神奈川県海老名市さつき町39−1で、当会は、昨年に続いて
「サポセンフェスタ’07」に参加します。
今回も中学生が「実行委員会」ですが、小学生が来てもボランテイア
出来ます。

参加35団体で、当会だけが、実行委員会が「青春ー未来型」です。

内容は、環境から、子育て、国際関係から、年寄りの問題まで、テーマが広です。

「ここは新鮮だねえ。えらいよ」と訪問者に励まされるのが良いです。

皆さんも、この子らに「えらいねえ。」の励ましの声を掛けてください。
食べ物は中庭で他の団体が出店する。

面白いよ。みんな、来てね。

モンゴルに絵本を送ろうー三輪小

2007年02月02日(金) 23時58分
高岡です。2月24日 10:55PM


各位に感謝です。

明日〔2月3日、土曜日)の三輪小の準備完了です。

本日午後、徳長さんと私がアースプラザからゲルを引き取りました。
軽4トラック2台に材料を載せています。


明日の朝、6時から活動開始、8時から、小学校にて、ゲルを組み立てします。

友岡さんが京都から今夜のうちにやってきて、手伝ってくれます。
アースプラザの担当者の速水さんも「組み立てを勉強したい」で、朝から一緒に組み
立てをしてくれます。

馬頭琴の演奏、モンゴルを乗馬で横断の海ちゃん&正雄君、それから「スーホの白い
馬」などの現地報告もあります。

これで、「絵本をモンゴルに送ろう」打ち上げは楽しい一日になります。
参加者は「上履き持参」を願います。

以上、お知らせです。

「オドちゃんを救え!」に援軍

2006年12月09日(土) 10時14分
「WE21ジャパン厚木1号店」が2007年2月14、15、16日の3日間、「半額セール」を実施して、「オドチャンを救え!」の資金集めに応援してくれます。

詳細はこちらへ

南戸塚中学校福祉委員会が募金開始

2006年12月03日(日) 11時09分
横浜市戸塚区立南戸塚中学校の「福祉委員会」が募金をします。
日本では助かる子どもが、モンゴルでは死ななければならないなんて、いてもたってもいられなくなったそうです。

関連記事はこちらへ

モンゴルの大自然

2006年11月19日(日) 22時45分
モンゴルの大自然の写真はこちらへ。

あなたも、360度の平原で思いっきり、馬を走らせませんか?

草原で楽しい交流です。

アジア児童支援#42

2006年11月08日(水) 0時52分

モンゴル児童の支援


絵本1万冊を送ろう。詳細はこちらへ。