オドチャンを救え!

2007年05月28日(月) 10時25分
ついに動きがありました。
モンゴル航空が「母子を無料で日本往復の相談に応じる」と返事があったのです。
本日現在約10万円の募金が集まっています。

「オドちゃんを救え!実行委員会」は横浜の中学生主体です。
大人が後見人になります。

子どもでも、博士に負けないことができるのです。






とりあえず、「診察と資金集めキャンペーン」で2007年初夏に日本に来てもらいます。
滞在は数日間です。


資金集めの目標額は700万円です。
東海大学病院(神奈川県伊勢原市)での、手術費用は約500万円です。

手術時に約一ヶ月、そのあと、経過観察と治療のため、1−2度来日の必要があります。
費用は、すべて含め、700万円あれば大丈夫です。

資金集めと面倒をする「実行委員会」は当会の「中学生グループ」です。 えらいなあ!


「批評だけの」大人にはできないことです。

これらの写真は2006年春です。
服をあげているおじさんは高岡です。
現在モンゴル支部に常駐です。










  • URL:http://yaplog.jp/asiakids/archive/71