オオスズメバチがゆい

May 29 [Mon], 2017, 15:12
妊娠中だけでなく産後しばらくの間もホルモンバランスは不安定な状態となり肌質の変化が見られる事も少なくありません。妊娠前は普通肌だったのに乾燥肌になってしまった、あちこちにシミができるようになってしまった…。もしこんなことを感じたら、いつもよりも入念に肌の手入れをするようにしましょう。つわりなどでしんどくなかなか動けない…。肌ケアのためだけに無理は避けてほしいと思いますが、シミの数が増えたという場合には、家の中にいる時でも、また冬であっても日焼け止めを塗るようにするとシミは出来にくくなるので試してみてください。乾燥肌で気をつけたほうがいい日常習慣は、入浴です。



入浴は美容面でもお肌にとても良い影響を与えてくれますが、その方法を間違えてしまうと肌はたちまち乾燥肌になってしまいます。乾燥肌にならない為に、入浴時に気をつけるべきことは以下の3点です。



一つ目に、熱すぎる湯温での入浴やシャワー、長い時間湯船に浸かることはいけません。

お風呂やシャワーの温度は38〜39度に設定し、お湯につかる時は20分以上はつからないこと。
2.顔や体を洗う時、擦りすぎたり洗いすぎたりしないで下さい。
タオルなどでゴシゴシと洗うと洗った気にはなりますが、肌を痛めるだけなのでやめましょう。

石鹸はきちんと泡立てたものを手のひらを使って滑らせるようにして洗いましょう。3.お風呂上がりは皮膚から水蒸気として水分が失われていく状態にあるので、ボディミルクなどで早く保湿するようにして下さい。



スキンケアで私が何よりも大切に考えているのは、最初につけた化粧水が馴染んでから次の乳液や美容液を使うということです。まず洗顔後タオルで水分を拭き取ってから化粧水をつけます。すぐさま美容液を使わずに、初めの化粧水がきちんと肌に馴染むまで待つ必要があります。
化粧水が肌に馴染んだように感じたら美容液をつけます。


これも同じように美容液が肌に馴染むのを待ちます。


美容液が肌に浸透したら最後にクリームをつけます。
あわててケアするよりも肌の調子が良くなりますよ♪歳をとっていくにつれて、同じ季節でも肌の状態は変化していきます。

生理の前になると特に吹き出物が出来、カサカサになり鏡を見るのが嫌になってきます。



日頃からの洗顔や基礎化粧でこまめにケアしたり、果物や野菜ジュースを取り入れたりしていますが肌荒れになりそうだと感じたら、ビタミン剤で更に栄養を摂るようにとできる限りのケアはしています。
妊娠してお腹が大きくなるにつれて妊娠線ができないか心配になりますよね。しっかりと保湿ケアをすることが妊娠線対策に効果的です。


妊娠線予防のためのクリームは沢山ありますが、ホルモンバランスの崩れている肌でも使える低刺激なものになっていて含まれる成分も赤ちゃんにも使えるような成分なので安心して使用できます。

もっとも変化のあるお腹だけに塗るのではなく、お尻や太ももなど意外と妊娠線ができやすい場所もあるので、スポットではなく身体中を保湿ケアしてあげると妊娠線が広範囲でできてしまうのを防ぐことができます。スキンケアを日々行う中でも、保湿はもっとも重要視しています。

バスタイムの後は一番最初にお肌が化粧水を吸収するようにたっぷりつけます。



それからしっかりと、美容成分入り乳液を化粧水の上から塗り重ねます。
私が愛用してやまないのが、ヘチマ水です。手にしやすい価格帯なのでパシャパシャとどんなに使っても問題ありません。顔から首、鎖骨下までたっぷり潤わせます。このケアは何年も続けていますが毎日お肌の調子が良いです。
Uゾーンは乾燥してるけど、Tゾーンは脂が出てくる…私の悩みこそ、この混合肌でしたが、スキンケアの基本に則りしっかりと「洗顔はこすらずとにかく優しく、保水と保湿は洗顔直後に」とスキンケアの原則を忠実に、そして瞬時に行うことで理想的な肌になりました。

自分の肌の状態を理解した上で様々なスキンケア化粧品を収集することも大切かもしれませんが、それは「基本がしっかり出来ている」ことが前提なんだなぁ…と実感。



とはいえ面倒な時はその基礎を適当に済ませてしまうこともありますが、そうするとやっぱりカサカサベタベタミックスのお肌に逆戻り…基本を忘れずに!の心掛けが大事!基礎化粧品はエイジングケア専用のものを使用していますが、単純に塗るのではなく塗り方を工夫しています。


どうにかしてなくしたい頬から口にかけてのほうれい線は頬を膨らませて化粧品を塗り込み、お肌の手入れの終盤にはフェイスマッサージで顔をあご下から手の平で包むようにしてリフトアップしています。まぶたや目の下もたるみ始めたので、目元用の美容クリームを少しでもたるみが解消されるようにツボ押しやマッサージをしながら塗っています。

もう冬はすぐそこまで来てますね>_<寒い季節がやってくるのと同時に気になり始める乾燥肌。



潤ったお肌でこの冬を乗り越えるためにもこの栄養素を心得ておいて損はありません!人体が必要とする無機質の一つ「ミネラル」です!人体では微量な亜鉛ですが新陳代謝を活発にする成分を含み、お肌、髪の毛、爪といった細胞の生まれ変わりの早いところで必要とされる重要なものなのです。亜鉛は牡蠣やレバー、牛肉、たまご、チーズなどに豊富に含有されているので家族みんなの美容と健康の為に食卓へ出してみてはいかがでしょうか?30代に突入してから、目元のシワやたるみが目につくようになりました。妊娠、出産の時期がその頃と被っているので、ホルモンバランスとの関連性も否定できません。
ちりめんジワという細かいシワも目の下にはできていました。
対策としてはたるみ解消の目の体操と、夜のスキンケアを念入りに行っています。

目の周りの筋トレは、ぐくっと大きく見開いた目をぎゅぎゅーっと瞑り、また見開くを繰り返し行います。毎晩のお手入れは、美容フェイスマスクを使用した後に、少量のワセリンを目の下に塗って乾燥から保護するようにしています。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:So
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる