ブレーメンの音楽隊!? 

2006年03月05日(日) 12時36分
凄く久々に書かせていただきます。

今、欧州に凄く好きなチームがいます。ドイツ・ブンデスリーガのウェルダー・ブレーメンです。このチームは一昨年に下馬評を覆し、バイエルンの牙城を崩す優勝をして以来強豪チームの仲間入りを果たしました。

FWには日本がW杯で対戦するクロアチアのエースクラスニッチ。クロアチアにはプルソという選手もいるが俺はクラスニッチの方が危険な選手だと思っている。僕が大好きなタイプの嗅覚で点を取る派の選手で好きすぎて最近美容院に行ったときは友人のM氏のように「クラスニッチのような髪型にしてください」と言ってしまった。

もう一人のFWには前回大会で大活躍したクローゼもいる。MFには次代のドイツのエース・ボロウスキ、司令塔のミクー、不動のドイツ代表のフリンクスがいる。この前線が織り成すしなやかなパスワークには一見の価値ありですよ。

ただ今首位のバイエルンを猛追中!前日のチャンピオンズリーグではユベントスを撃破!
この後もブレーメンから目が離せません!!

写真はクラスニッチhttp://sakkaacom.fc2web.com/kurasunitti.jpg

もう一つの3兄弟。 

2006年01月18日(水) 11時10分
亀田3兄弟が今の日本を賑わしているが同じ大阪の地にこの冬を賑わしそうなもう一組の3兄弟がいる。成田3兄弟である。いや、正確に言えば成田・今井3兄弟か。

長男童夢、長女メロ、次男グリム。一見外国人かと思うような名前だがコテコテの大阪人。3人ともスノーボードの世界では超が付くほどの有名人である。長女のメロは昨年のW杯チャンピオン。長男の童夢もオリンピックのメダル候補である。

長女のメロは父親の練習方針に反発し、成田の性を捨て母方の今井に変更。童夢も今では絶縁状態だという。長女のメロはこの問題により精神的に疲れ、ボロボロの状態のまま試合に挑んでいた。それを見た父親はひどく心配し、「まだ17歳の女の子やで」と言ったという。

私は今年のトリノがこの兄弟、親子にとっての集結の場である事を願うとともに、関係修復の場であって欲しいと願う。

ラスト・スマイル 

2006年01月12日(木) 23時00分
岡崎朋美34歳。今年のトリノでは4回目のオリンピックを迎える。長野五輪の銅メダル、朋美スマイルで人気を博した選手も今やベテラン。大菅、吉井という若手の台頭に押されている部分がここ数年はあった。しかし最後の代表選考会、2人を抑えて彼女は大会記録を出して優勝。見事、五輪の切符を掴むと共にトリノ五輪選手団長に任命された。かかる期待と重圧。しかし彼女のスマイルはそれを跳ね除けそうな気が私にはする。

年齢的にはピークを過ぎていることは彼女も認めている。それでも競技を続ける姿には頭が下がる。34歳で迎える最後の五輪。ラストスマイルを見たいのは私だけだろうか?

優勝の立役者 

2005年12月17日(土) 13時31分
今年のJリーグは最終節でガンバ大阪がC大阪をとらえて逆転で優勝しました。その優勝の立役者だとあっしが思うのはシジクレイ。サッカー関係の番組を見ても得点王のアラウージョやボランチで献身的な動きをした遠藤をMVPに据えていましたが俺はシジクレイだと思います。

既に日本に来日してから4年がたち、2005年からは外国人ながらキャプテンを任されています。鬼神の如くゴール前に立ちはだかる姿は相手チームにとって脅威以外の何者でもなく、高いヘディング力を活かしロングボールを跳ね返し、セットプレイではゴールも奪うというセンターバックというポジション上理想的な動きをしました。

昨年は日本代表のキャプテンであり不動のCB宮本恒靖からセンターの真ん中のポジションを奪い、宮本はガンバでポジションを失い、ボランチをやらされるという屈辱を味わいました。それは西野監督がシジクレイの能力を単純に宮本以上のものとみたからでしょう。

以前からガンバは点を取れるチームでしたが守備がといった印象があります。今年の優勝も爆発的な得点力が原因であるといわれていますがその影には33歳の老練なCBの活躍があったことを忘れてはいけないでしょう。

小さな少女の大きな挑戦 

2005年12月15日(木) 21時54分
今、一人の中学生がルールを覆そうとしている。浅田真央15歳。

彼女は今年、シニア参戦初戦の中国GPで2位に入る大健闘を見せると先のフランスGPで優勝を勝ち取り、明日から開幕するファイナルGPの切符を掴んだ。GPではロシアの妖精スルツカヤ、日本の舞姫、安藤美姫と合間見えることになる。

現行のルールでは彼女はオリンピックには出場できない。それは規定に記される出場時に満15歳6ヶ月という規定を2ヶ月割っているからだ。今、世論ではこの規定を動かそうという流れがある。もしGPで優勝すれば…

しかし当の彼女は世間の騒ぎは嘘のようにマイペースを保っている。気負わず、焦らず。それがいつも彼女を成功へと導いてきた。そしてその先に待っているのがトリノのリンクであることを僕は切に願う。
画像:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7e/db/994e877d3b280981e5084f501d4444c4.jpg

挑み続ける30代 鈴井貴之 

2005年12月11日(日) 18時20分
みなさん。水曜どうでしょう!という番組をご存知でしょうか?プロデューサの鈴井氏と当時は地方芸人だった大泉洋が出演していた北海道ローカルで放送のバラエティ番組です。その面白さから全国各地のローカルで放送されるようになり大泉洋を一躍有名人にしてしまいました。

番組の内容はサイコロを振って全国各地、世界を旅するという内容。時々神が与えたとしか思えないような偶然やハプニングが起こります。地方だから出来ること。地方にしか出来ないこと。を中心に番組を考えただけあって彼の持つ個性が前面に出ています。大泉氏も「地方芸人のままでいたい」とインタビューで言っていました。

そんな番組のプロデューサである鈴井氏は現在はメガホンを取る仕事をしています。そうです映画監督です。映画監督としても非凡な才能を発揮し、映画「銀のエンゼル」は高い評価を得ました。
画像:http://www.aurora-net.or.jp/doshin/ad/hokkaidoben/no5/3top.jpg
右から鈴井氏、大泉氏、番組の司会

恐個人的にはまた地方で大泉・鈴井のタッグの復活を願っている次第であります。地方という枠を大切にする鈴井氏から今後も目が離せません。

あっし!の青田買い@中ノ森バンド 

2005年12月02日(金) 22時25分
最近日本ではガールズバンドは流行らないという傾向が続いていますね。ここ10年でまともに売れたのはzoneくらいなものでしょうね。俺が注目していたspeenaも今ひとつ伸び悩んでいるし。

さあここで注目して欲しいのが中ノ森バンドです!!ボーカル中野森文子を中心に結成されたバンドで今年の2月にラズベリーパイでデビュー。疾走感のある曲からガールズバンドらしいメロウな曲まで幅広く歌っています。中野森文子の世界を存分に楽しめます。その辺のアイドルバンドとは一線を越えている演奏技術には聞く価値十分です。

俺は来年ブレイク確実と読みます♪日本が中野森バンドに聞き入る日は近い。
画像:http://image.infoseek.co.jp/musik/pickup/nakanomori_band/pickup_photo.jpg

挑み続けるオヤジ@ 古田敦也 

2005年11月27日(日) 18時40分
古田敦也は今年、重大な決断を下した。それは兼任監督という茨の道。ただでさえ多大で神経を使う捕手というポジションをこなしながら来期は総指揮官としてスワローズを引っ張る。

今年のスワローズは連勝はするが連敗はするというチグハグな試合が多かった。絶対的な守護神として計算していた五十嵐が絶不調を経験し、古田、宮本といった主軸の選手のバットも湿りがち。しかし今年ヤクルトにはスターが生まれた。青木宣親だ。開幕後は期待に応えられない試合が続いたが夏になるにつれて猛打賞を連発。我慢の起用を続けた若松監督の期待に応えた。来期はマークに合うこと必至だが古田監督も一番期待をしている選手だと思う。大リーグから加入の木田投手の加入も大きい。

不安要素もある。今年の投手陣を引っ張った石井が退団濃厚。セ・リーグは原新監督を向かえ投手の積極補強を行っているジャイアンツ。今期王者の阪神。雪辱に燃える日本一の負けず嫌い監督落合が率いる中日。闘将ブラウン監督率いる新生カープ。来期は成熟を迎えるであろう牛島野球の横浜。

球団再編、合併時には選手団の旗手になり選手をリードした古田。捕手として日本最高選手の古田。そして何よりも来期は「監督」古田。こんな屈強な状況に追い込まれて尚且つ挑み続ける古田から来期は目が離せない。

今後 

2005年11月22日(火) 23時28分
Jリーグもさあ大詰め!優勝と降格をかけた争いが熾烈を極めています!

まずは優勝から恐らくガンバ、鹿島、C大阪の3チームに絞られたであろう。勢いでは確実にC大阪。先日見に行った東京V戦では攻撃の柱の西沢を欠いたメンバーで東京に後半42分のフリーキックで勝利。優勝するチームって1回くらいこういうミラクル的な勝ち方するんだよね。首位を行くガンバは不安定な状況を脱せず、鹿島も勝つべき試合を勝ちきれず足踏み状態。幾度となく涙をのんできた、若手とベテランの調和が上手く取れたC大阪が優勝すると読む。

降格争いは18位の神戸が決定。残る自動降格枠を柏、東京V、清水が争う。17位東京Vは明日が正念場で負ければ決定。勝てば望みは繋がる。14位の柏は玉田が今期怪我で絶望。外国人も怪我で欠き入れ替え戦に進んだとしても苦戦しそう。清水も安心して入られない。しかしこの3チームって全部Jのタイトルを取ったチームだよね。一寸先は闇ですね。

モーニング娘の本気 

2005年11月21日(月) 22時15分
昨日、たまたま深夜に放送していたモーニング娘のフットサルの特番を見た。

正直モーニング娘のフットサルなんて半分遊びの企画なのかと思っていた。全然違った。必死にボールを追いかけてゴールを目指す少女達の姿があった。1時間釘付けになってしまった。「本当に好きじゃなきゃあそこまで出来ないよな」と同じスポーツをやる人間をしたら思う。

特にチームを引っ張る吉沢ひとみの存在感は凄かった。ハングリー精神が凄い。優勝後のインタビューでも向上心を露にしていた。相手チームも常勝のモーニング娘を負かそうと必死。

テレビの企画。タレントという建前を置いてみんな走りまくっている。純粋に「スポーツ」として見ていて面白い。そう思わせるのは難しいことですが確実に成立している。

これがきっかけでフットサルが愛されれば素晴らしいことだと思う。

画像:http://d.hatena.ne.jp/images/diary/t/takajun/2004-08-16.jpg
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像url
» ブレーメンの音楽隊!? (2011年02月10日)
アイコン画像いいよいいよーーwwwww
» ブレーメンの音楽隊!? (2009年06月15日)
アイコン画像ふぁーーーっくwwwwww
» ブレーメンの音楽隊!? (2009年05月12日)
アイコン画像へ?
» ブレーメンの音楽隊!? (2009年05月07日)
アイコン画像こけし
» ブレーメンの音楽隊!? (2008年10月18日)
アイコン画像ぷるん
» ブレーメンの音楽隊!? (2008年10月04日)
アイコン画像新妻Y
» ブレーメンの音楽隊!? (2008年09月30日)
アイコン画像酢だこ
» ブレーメンの音楽隊!? (2008年09月27日)
アイコン画像まあむ
» ブレーメンの音楽隊!? (2008年09月25日)
アイコン画像まあむ
» ブレーメンの音楽隊!? (2008年09月23日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ashizawa
読者になる
Yapme!一覧
読者になる