足のむくみをとる5秒ストレッチとむくみ解消グッズ

May 03 [Tue], 2016, 1:45
夕方になるとふくらはぎがむくんでパンパンになると、
悩んでいる女性も大勢いるのではないかと思います。

ふくらはぎがむくむと、だるくなるだけでなく、
足が太く見えてしまうので、
気分的にもすっかり落ち込んでしまいますよね。

血管や肝臓・腎臓の障害といった病気を除いて、
ふくらはぎがむくむ主な原因のひとつが、足の筋力の低下です。

私たちのカラダでは、心臓から送り出された血液は
動脈を通って毛細血管にいきわたり、

その一部が血管外にしみだして、
皮下組織内の細胞に栄養分を届けます。

そうやって役目を終えた血液は、
今度は静脈に入って心臓に戻るという循環を
絶えず繰り返しています。

ふつう昼間は起きていることが多いので、
足までたどり着いた血管は、
こんどは重力に逆らって心臓まで戻らなければいけません。

そのときに重要なポンプの役目を果たすのが、
足の筋肉の収縮なのです。

午前中のうちは足の筋肉がこのポンプを役目を
しっかりこなしていても、

時間が経つほどに負担が大きくなり、
次第に静脈の流れは滞るようになります。

そして血管からはみ出た水分が静脈に戻れなくなり、
皮膚の下に溜まる。これがむくみの正体です。

ですので、むくみ解消には、
余分な水分をちゃんと静脈に戻してあげられるよう、
足の筋肉を衰えさせないことが大切なのです。

日常生活ではできるだけ歩くことを意識するだけも、
きっと変化が現れてくるはずです。

足の筋力アップを図るとともに、
むくみを誘発する水分を取り除くのに効果的で簡単なストレッチを
以下に紹介するので、

自宅や会社でも、
それぞれ出来そうなものを試してみてください。

ストレッチをやる時間は5秒〜10秒で十分です。
リラックスした気分で呼吸を止めずにやってみてください。


@床に仰向けに横たわり、両足を伸ばして上げ、
 壁にもたれかける。




A四つん這いから片ヒザを立てた状態にし、
 胸をヒザにつける。残った足はつま先を立て、
 カラダ全体の重心を前目に移動する。




B靴を脱いで椅子に座り、床に両足を投げ出したあと、
 足首を垂直にしたり水平にしたり動かす。




C靴を脱いで椅子に座り、
 片方の足をもう片方のヒザの上に乗せ、片手で足首を固定。
 もう片方の手で足首を回す。




足の筋肉アップに努め、上記ストレッチを日常生活に取り入れても、
まだ足のむくみから解放されないときは、
足のむくみ解消グッズに頼るのもいいかもしれません。

なかでも、ビサ入り足裏樹液シート「天使の休足」は、
天然の遠赤外線放射成分ビサが配合されていて、
足の裏からじわ〜っと温めてくれます。

使い方は夜寝る前に足の裏に貼るだけ。

朝起きると、足裏の汗腺からにじみ出て、
シートに吸収された
老廃物の混じった水分を見て驚くとともに、

スッキリとしたふくらはぎの感覚に
嬉しくなってしまうかもしれません。

定期コースなら特別価格で購入でき
全国一律300円の送料も無料。

そして電話一本でいつでも解約することもできるので、
安心して試してみることができます。

ひどい足のむくみをすぐになんとかしたい方は、
下記の画像をクリックして、詳細をご確認ください。
↓  ↓  ↓