膝から足首のつらい冷えと痛みを体の内側から治す方法とは? 

September 30 [Fri], 2016, 16:35
気温が低くなると、
膝から足首までの冷えがひどくて
痛みが出るようになります。

普段パンツスタイルでいることが多く、
冷え対策にレギンスやレッグウォーマーをはいてみようと思っても
外側にひびいてしまうためそれもできません。

何か効果的な冷え対策はないのでしょうか。



寒くなって冷える部分を温めるにも、
温め方や着ている洋服によっては目だってしまい、
それすらもできないことがありますよね。

寒くなると手足が冷えやすくなるのは、
血管が収縮して頭や胸などの重要な臓器から優先的に温めるため、
血液が集中するようになるからです。

手足の冷えがひどい場合は冷えている手足を温めるよりも
内臓が密集しているお腹のあたりを温める方が冷え性改善に効果的です。

体を温める食べ物を摂ったり、
適度な運動をしたりするのも冷え性対策としておすすめです。

忙しいからとシャワーだけで済ませるのではなく、
しっかりと湯ぶねにつかって体全体を温めるようにしましょう。

でも、痛みがでるほどの冷え症状がある場合、
これらの方法だけでは不十分かもしれませんね。

そこでおすすめなのが、
本物の高麗人参に強いこだわりを持って作られた【紅参タブレット】です。

紅参タブレットには6年根の高麗ニンジンが使われており、
市場に多く出回っている4年根の高麗人参に比べると、
約2倍ものサポニンが含まれています。

このサポニンこそが健康の決め手であり、
血流を良くして冷えを改善するほか、
高血圧やアレルギーなど多くの症状の改善効果が期待できます。

高麗人参は加工法によっていくつかの種類があり、
その中でも紅参は最も高級で薬効が高いとされています。

末端の血流を促進する働きが高いため、
冷え性対策として特におすすめです。

自信を持って勧められる理由が
こちらのサイトよりご確認いただけます。
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓