寝ている時に足がつるというときの解決法って?

April 13 [Mon], 2015, 11:13

明け方近くなると、ピキッと足がつって目が覚めてしまうことがよくある…

なんとなく足がつりそうというのが感覚でも分かるけども

自分ではどうすることもできない…


寝ているときに足がつってしまうと、

その違和感がお昼くらいまでずっと続いて気持ち悪くて…


自分ではよく歩く方だと思うし、

足がつらないようにと思って足の曲げ伸ばしなどの

ストレッチもたまにやってるんだけど、一向に改善されないのはなんで?


こんなふうに睡眠中に足がつることで悩んでいませんか?

確かに足がつってしまうと、しばらく痛みがとれなくて嫌だし

また足がつるかもしれあいと思いながら寝るのは、なんとなく憂鬱ですよね?



なぜ睡眠中、特に明け方に足がつりやすのかと言うと、

明け方の3〜5時が体温が最も低くなる時間で、特に足先は冷えやすいので

筋肉が冷えて血行不良になり、収縮しやすくなって足がつるのです。



実際に睡眠中によく足がつるという人にアンケートをとってみると

9割以上の人が足が冷えていると答えているのです。


だから睡眠中に足がつらないようにするには、

足を温めて血流を良くするということがとても大事ということになります。


それなら靴下を履いて寝たらいいと思うかもしれませんが、

普通の靴下では足を締め付ける力が強いので、足が圧迫されてしまって

かえって血流が悪くなり冷えてしまいます。



だから睡眠中には寝ているとき用に作られた

ふくらはぎを温めるレッグウォーマーを履くといいのです。


おすすめは、足がつらないように

ふくらはぎを優しく温めるように考えられた

ミーテ・ライトロングという専用のレッグウォーマーです。




なぜ足先じゃなくふくらはぎだけでいいのかというと、

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれていて、新鮮な血液を足先まで送ったり

足先から心臓に汚れた血液を押し戻したりする役割をしています。


でもふくらはぎは、筋肉が少ない割に表面積が広くて

血液を冷やしやすく、冷えると収縮して血流量が少なくなります。


そうならないようにふくらはぎを温めて、ポンプ機能をアップさせると

血流量が増えて血液を足先まで暖かく保つことができるのです。


そして足が温まれば、寝ているときにつらなくなり、

ぐっすり眠れるようになります。


実際にミーテ・ライトロングを40分履いた結果、



このようになっています。


2時間試してみた人は、



このようになっています。


足先まで十分に温まっているのが分かりますね?


もう足がつるかも…とビクビクしながら眠りたくないという方は

ちょっと試してみるといいかもしれませんね!

      ↓    ↓    ↓

ふくらはぎを温める専用ウォーマー【ミーテ・ライトロング】