脚やせはセルライト除去から始まるのです 

July 14 [Tue], 2009, 14:45



脚にセルライトができると脚やせに悪影響を及ぼします。従ってセルライトを除去すれば、脚やせができる、と言うことにもなります。セルライトは、太っている人にだけ見られるものではありません。程度の差こそあるものの、外見は非常に痩せていたり、スタイル抜群の人など、ほとんどの女性に見られるのです。このセルライトができてしまうと、肌の表面に凹凸ができ、見た目もあまり良くありませんし、血液やリンパの流れも停滞し、新陳代謝の低下を引き起こすため、脂肪の層はますます厚くなっていきます。


新陳代謝が悪くなると、脚やせしにくい大根足の原因になってしまうだけでなく、皮膚がかさついて潤いを失ってしまうのです。このセルライトを除去して脚やせするためには毎日のウォーキングや入浴後のマッサージをして、体内の代謝を高めなければなりません。このマッサージの方法はインターネットなどでも色々と紹介されていますが、共通しているのがふくらはぎを中心に行うマッサージだと言うことです。例を上げると、両手で足首から上方向に、膝の裏に血液を押し上げる感じで左右10回ずつ行います。


さらにふくらはぎを自己流で構いませんので下から上へとマッサージをします。最後にふくらはぎを両手でブルブルと10回ほど揺すって終わりです。このようなマッサージを毎日続けていけば、少しずつですがセルライトは除去されていき、脚やせへと繋がっていきます。続いて、生活面と食事面よりセルライト除去を考えてみようと思います。マッサージやウォーキングのような外からの刺激だけでなく身体の内面からセルライトを軽減させ、脚やせさせる方法もあります。栄養バランスを考えた食事もそうなのですが、ストレスをためないようにすることもセルライト除去には大切です。


ストレスは身体に悪影響を及ぼします。ストレス太り、と言う言葉もあるようにストレスが原因で自律神経の働きが乱れ、それがホルモンのアンバランスを引き起こし、結果としてセルライトを生み出し、そのセルライトが蓄積して脚やせしにくい身体を作ってしまうことになります。睡眠不足や休息不足はストレスがたまる大きな原因でもありますので、十分な休みや睡眠を取って、ストレスをためないようにしましょう。セルライトを作らないことが大切なのですが、もしもできてしまった場合、脚やせしようにもセルライトが障害となって痩せられない、と言うことも考えられます。脚やせはセルライトが軽減してからが顕著な効果を得ることができるのです。脚やせは、まずセルライトを除去することから第一歩が始まるのです。





エステティックサロンで脚や 

July 08 [Wed], 2009, 16:28


脚やせを自宅で行おうとした場合、経済的にはかなり楽になって来ますし、自分のペースで仕事や家事の合間にできる、と言う利点があります。逆に大変なのがモチベーションの保ち方です。毎日同じことの繰り返しですし、効果が即、目に見えて現れる、と言うわけでもありません。


途中で挫折してしまうこともあります。コツコツと地道に続けていく自信がない方の場合、専門の施設で施術してもらうと言う選択肢もあります。脚やせをするために通う施設としては、整骨院、カイロプラクティクスなどがありますが、これらは骨格の歪みを矯正して脚やせを行う場合であり、骨格矯正以外にもオールラウンドで相談に乗ってくれるのはやはり、エステティックサロンと言うことになります。


どこのエステティックサロンを選ぶかという基準ですが、まず、インターネットのエステティックサロンを紹介したサイトで、費用や期間、施術方法などを比較してみます。他にも期間限定で脚やせのコースのキャンペーンをやってるサロンなどもありますので、色々なサイトを覗いて見ましょう。エステティックサロンによっては、脚やせコースの無料体験を行っているところや、インターネットでの申込者に限っての割引クーポンを発行しているところもありますので、是非有効に活用しましょう。


エステティックサロンではまず、脚やせさせる前に太くなってしまった原因を探します。そしてそれぞれの状況に応じたエステを行って脚やせさせていきます。例えば、水太りや脂肪太りが原因の場合には、新陳代謝を活性化させる為にマシンを使って、脂肪の分解を行ったり、高・中・低周波の3つを組み合わせた周波を当てた後、エスティシャンがマッサージをする、と言うのが一般的なコースです。その他にもそのサロン独自の施術方法がありますので、無料体験を利用して自分に最適なサロンを探しましょう。


エスティックサロンの多くが、技術的な施術だけでなく栄養バランスを考えた食事指導や、生活面の改善、脚やせに成功した後のリバウンドを避ける方法などのアドバイスを同時に行ってくれますので、経済的に許すのであれば、積極的に利用しましょう。ただ注意しなければならないのは、中には悪質なサロンも存在する、と言うことです。効果を上げて維持するためにはと、どんどん高額なコースを組み込まれて断りきれずに高額な料金を請求されることもあります。


もちろんこれはごく一部のサロンに過ぎませんが、顧客側としても評判をしっかりと調べて、宣伝文句に踊らされず実績のあるサロンを選びましょう。ずっとその場所で営業しているであるとか、利用者の多い有名店である方が安心な面もあります。信頼できるサロンを探して、健康的な脚やせを目指しましょう。





ツボ押しで脚やせ 

July 03 [Fri], 2009, 9:39
クレンジングの価格比較ならここ!


ツボを刺激することで体調を整える、と言う健康法があります。脚やせに大きな効果を発揮するツボももちろん存在します。そして脚やせに効果的なツボのほとんどが、下半身に集中しています。では具体的に、脚やせのためのツボの位置と名前、さらに刺激の仕方を見ていきます。まず最も分かりやすいのが、臀部の一番膨らんだ部分の真下のツボです。これは承扶(しょうふ)と呼ばれるツボで、ここを刺激すれば太ももやヒップを引き締めることができます。次は血海(けっかい)と呼ばれるツボです。


これはひざの内側から指3本分延長線のところにあり、ふくらはぎのむくみを減らしたり、身体全体のホルモンのバランスを司っているツボです。足の親指と人差指の付け根から指2本分のところには、太衝(たいしょう)と言う、肝機能を高めて食欲を調整するツボがあります。風市(ふうし)と呼ばれるツボは誰にでも簡単に見つけることができます。まっすぐに立って両腕を自然に身体の脇に下ろします。その時に中指が太ももに触れますが、そこがツボです。


この風市を刺激すると胆汁の分泌が促進される為、体内の脂肪の分解の効率が上がります。それだけでなく、胃酸を抑える効果もありますので、食欲が抑制され、脚やせに繋がるのです。三陰交(さんいんこう)と言うツボは一般的にもよく耳にするツボですが、これはホルモンの分泌量を調整したり、内蔵機能を整えますので、むくみを取りますし、結果として脚やせすることができるのです。三陰交の場所は内くるぶしの6センチ程上にあります。他に脚やせできるツボとしては、足の裏の「つちふまず」の中心近くにある湧泉(ゆうせん)があります。


さて、ツボの押し方ですが、最初からツボ押し用の道具や先が丸くなったサインペンを使用する必要はありません。親指と人差し指の腹を使って、それぞれのツボを強めに20秒程圧迫した後、ゆっくりと離します。ツボを刺激したからと言って、その効果が瞬時に現れるものではありませんが、長い目で見れば新陳代謝を改善することで、太りにくい下半身を作ってくれて、脚やせをすることとなるのです。自分でツボを押して脚やせを目指す場合には、大切なことが3つあります。


力の加減をすることと、焦ってやり過ぎないことと、思い出した時に押すのではなく、わずかな時間でも構いませんので、可能な限り毎日刺激することを続けることです。特に足の裏は「第二の心臓」と呼ばれるように、多くの臓器に関係するツボが集中していますので、きちんとツボの位置を調べてから刺激するようにしましょう。