のだめSpecialLesson2 

2008年01月05日(土) 20時32分
とねりこ日記へようこそ!友人間のとあるバツゲームで、今回から(と、いうか今日から)ブログを始める羽目になりました、とねりこと申します。こういう類のモノにはうんと疎く、メールですら絵文字なんかは使った試しは一度もございません。しかも、生粋のアナログ人間なものなので、どうもイマイチ勝手がわかりませんが、まあ、お手柔らかにお相手お願い申し上げます。

初回一発目から何を書けばよいのやら…ああ、そうだ。自分は漫画家の二ノ宮知子さんの『のだめカンタービレ』の大ファンで、kissで連載が開始した間もない頃から読んでいるんですが、ちょうど一年前にドラマ開始化した時にはやみつきになって毎週月曜の夜が楽しみで仕方なかったほどでした。主演の上野樹里ちゃんの、あののだめのハマリ具合は文句無しだと思いましたし、千秋役の玉木宏氏も彼なりの千秋像を作り上げたので凄く良いイメージを抱きました。原作付きの映像作品の多くは正直駄作が目立つわけで、特に生粋の原作ファンは個々のイメージの領域を大切にする人が多いことから見る目はかなり辛口傾向にあると思います。もちろん自分自身も例に洩れずといった感じなんですが、ところがどっこい!ドラマ版のだめカンタービレは予想以上の出来で、話もほぼ原作通りに作られており(残念なことに、新潟の海水浴騒ぎと長野の音楽祭は割愛されてましたけど)、原作の良さを殺すこともあまりなく、それより何よりテンポが最高に良かったと思います。まあ、これを読んで共感する方もいれば「何言ってんの、あんた!?」と思う方も当然いらっしゃるでしょうが、これはあくまで個人的主観と感想なのでそこは平にご容赦願います。

そんなドラマ版『のだめカンタービレ』の続編たるスペシャル版が夕べと今日のニ夜連続で放送。この記事をカキコしている今まさにその後編の放送真っ最中なわけですが、ちょっと気になる点がチラホラと見受けられますね。原作では千秋の代振り(事実上のプロデビュー)の東京〜上海公演は描かれてないところをドラマではオリジナル部分で描かれてます。というか、なにゆえ孫Rui役が山田優なわけ…?ベッキーのターニャは結構納得する部分があるんですけど(フレンチからジャポネに変わった途端にバリバリの今時ギャルの日本人にしか見えなくなりましたけど)、山田優さんファンの皆さん、ごめんなさい!個人的にはRui=山田優の式はどうしても成立しません。もっとイメージに近い女優さんはいなかったものなんですかねえ……。

いまのところ、夕べ放送のSpecialLesson1のほうが数倍面白かったと思うのは自分だけでしょうか?
ドラマは現在進行してますけど、なんか見応えがいまひとつな感じが否めません。ただ、上野樹里嬢ののだめは相変わらず見事な演技で若いながらも役者の棚の豊富さには感服してしまいます。
ところで、このSpecialは一体何処でオチをつけるのか想像できません。少なくとも原作から逸れた的ハズレ(のだめ的発言)なものだけは勘弁してほしいところです。
ガボンな展開だけは無しデスよ?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:とねりこ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:石川県
  • アイコン画像 趣味:
    ・クッキング-作るのはもっぱら和食。最近だとぶり大根が旬ですね。
    ・ファッション-一番好きなのはレザー。現在ラムレザーのチェスターコートが欲しくてたまりません。
    ・テレビ-毎週欠かさず観るのは平成ライダーシリーズ。もうライフワークみたいな感じです。
読者になる
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる