福地・知多旅行 Part.7

April 15 [Sun], 2012, 1:09
【3日目】No.1

お正月特典かなんかでチェックアウトが12時でした。
義父達は孫ちゃんを連れて近くにある水族館?遊園地?みたいなトコに行ってましたが、私達は12時までお部屋でダラダラ。
通常は11時なのかな?チェックアウト。
思いがけずゆっくり出来たので良かったです。

この日は帰るのみ。
しかし私の目的はまだ終わってないですわよ!


帰りは東名阪自動車道を使いました。
目的地はここ〜
御在所SAです。
リニューアルして複合商業施設「EXPASA(エクスパーサ)御在所」としてオープン。
まぁ〜SA全体としての興味もあったのですが。


目的はこれ〜♪
山本屋本店”の味噌煮込みうどんでございます。

これの前の旅行記の登場してますがwww
やっぱ愛知に行ったら食べなきゃねぇ〜


名古屋市内で行っても良かったんだけど、年末年始の営業状況が判らなかったのです。
いや、調べなかっただけなんですが・・・
でも流石にSAは絶対にやってるはず!おまけにフードコートだし。
って事で向かったのですが、いやぁ〜フードコートは本当に満席!
この施設のキャパであの席数は少なすぎるんじゃないだろうか・・・
でも満足だわ〜ホント。
帰りに持ち帰り用の冷凍味噌煮込みも購入しましたよ。

でも私以外は他のもの食べてましたけどねw

その他、御在所SAには三重や愛知の食やお土産が満載。
とっても楽しかったです。
余計なもん一杯買っちゃったw

ここで義父達とはお別れ。
私達は西名阪、そして伊賀上野から自宅へと帰路につきました。

伊賀上野に着いた時点で「あぁ〜帰ってきた〜!」と思っちゃう自分の感覚が怖いですw


味噌煮込みうどん(冷凍)ギフト【5食...

味噌煮込みうどん(冷凍)ギフト【5食...
価格:4,515円(税込、送料込)

福地・知多旅行 Part.6

April 14 [Sat], 2012, 2:32
【2日目】No.1


翌日は良い天気!快晴でした。

さて朝食。
夕食と同じく大広間で。
お写真のお料理は既に用意されてて、後からお味噌汁とか温かいお料理が運ばれてきました。
朴葉味噌もあって満足〜
朴葉味噌大好き♪

食後、すこしゆっくりしてお宿を後にしました。


向かったのは高山。
まぁ〜高山は何回も来てるので別によかったんだけど・・・w
でもやっぱここまで来たわけだし、ってな感じで観光です。

高山の町はホント雪が似合いますねぇ〜
そういや私は寒い時期しか来た記憶が無いな。
冬にばっかり訪れているようです。

別にいいや、とか思ってたくせに、初めて朝市に遭遇したり、前にはなかったお店が出来てたり。
結構楽しみました〜


そして昼食。
お決まり高山ラーメン。
おもむろに義父達が並びだしたので、義兄達と車内で決定していたのかも・・・

実は私達は夫婦揃って高山ラーメンに興味なしwww
基本、醤油ラーメンに興味が無いんだなぁ〜
でもまぁ〜名物だしね。

興味ない食べ物だったのでお店の名前とかは伏せますねw
結構なお客さんが並んでいたので有名店なのかな?
調べることもしてないけど・・・w

店員さんは素っ気ないけど良い人でした。ってのが感想ですw

高山散策も終え、次の目的地である知多へ向かいました。
途中、珍しく旦那が運転代わろうか?と言うので代わってもらったんですが、ものの5分もしないうちに眩しいから運転無理だと・・・
度の入ったサングラス買ってください、ホント。


知多のお宿は【かんぽの宿 知多美浜
かんぽ初体験っす。
和室が人気のようですが洋室でした。
ま、どっちでもいいけど。

温泉があるのでお風呂のないお部屋もあるようですが、私たちのお部屋にはありました。
先に大浴場に行った旦那が混んでるし古いし・・・行かん方がいいかもよ?と言うので、私は大浴場パスしたのでお風呂はありがたい。

しかし、ビックリハウスのように三半規管がヤラれる造りw
お風呂入り口から奥にかけて傾斜になってて、平衡感覚が保てない。
特に三半規管が弱い私はキツかったです。
まるで船のお風呂に入ってる感じ。
そうゆうのに強い旦那ですら何か気持ち悪いと申しておりました。

水漏れ対策なんでしょうけど、キツかったっす。



全体的には何とも言えませんがw
でも夕日は綺麗でした〜♪


福地・知多旅行 Part.5

April 01 [Sun], 2012, 2:34
【1日目】No.5


足湯なのですが立派な古民家。
一瞬、場所を間違えたかしら?とドキドキ。
扉を開けるとこれまた立派な土間が。
履物がなく、人の気配がしません。
これはもしや・・・?


土間から戸を開けると囲炉裏のある素敵な和風空間。
無人だけれど囲炉裏には火が入っていてお部屋は暖か。
燻した香りがなんだか懐かしく思いました。
まぁ、囲炉裏のあるオウチなんかに住んだことは無いけれど、どことなく懐かしい感じがたまりません。


足湯に入りに来たんだけれど、とりあえず囲炉裏の周りに座ってまったりしてしまいました。


少しまったりしてお目当ての足湯へ。
囲炉裏のあるお部屋の隣にはこのように足湯がありました。

もらい湯用に籠とタオルを貸し出していましたので、タオルはお宿で借りて行きましたが、忘れた場合は100円で購入可能。

てっきり屋外の足湯かと思ってたんですが、屋内。
窓は開けれるようにはなってましたが、閉まってました。
お昼間は外が眺められるのかな?

夜は真っ暗でしたが、しかし貸切の足湯は最高!
芯まで冷えていた身体、足だけ入っているだけなのに本当にポカポカしましたよぉ。
足湯でもまったりとさせて頂きました。

定期的にどなたかが見回りというか点検には来られるんでしょうが、基本的には利用者がマナーを守って、次の方の事を考え、整えて帰ります。
こうゆう使い方も小さな温泉地ならでしょうねぇ〜

ポカポカになり、急いでお宿に戻ってお布団に滑り込みました〜♪


福地・知多旅行 Part.4

March 29 [Thu], 2012, 23:21
【1日目】No.4


お食事の後、一服してお散歩へ♪

外は寒い!
でもなんだかキモチいい!
肌は一瞬でキュっとなって突っ張る感じ。
こっちじゃ体験できない温度だなぁ〜


道路もガッツリ凍ってます。
いやぁ〜何回かズルッと滑りましたw
でも地元の人は当たり前のように車乗ってるんだなぁ。
スゴイです。


歩いて向かったのは【青だる】

青だるとは、福地温泉上流に福地壁という絶壁があり、岩から滴り落ちる水が冬の寒さによって凍りついて、青い水の帯のように見える現象のことをいいます。実際には山奥でしか見られない自然の産物が、ここでは沢の水を温泉街の木々に噴霧し、青だるを表現しています。
※参照


要は人工で作った氷柱?みたいなものって事なのかな?

キンキンに冷えた中に青白く輝いて綺麗でしたよ〜
でもいかんせん寒い・・・w


お次、冷えた身体を温めに向かったのは足湯。
足湯「舎湯」です。

一応、福地温泉宿泊者に限り利用できる施設との事。
無料の足湯です。


福地・知多旅行 Part.3

March 27 [Tue], 2012, 19:55
【1日目】No.3


続いては露天風呂。
外履き用のスリッパに履き替えて。

男湯はもう少し手前にあったのですが、女湯は遠かったですよ。


脱衣所もあまり暖かくなかったので、急いで脱いでお風呂へ!

脱衣所には雪や雨の時ように菅笠が置いてありました〜


露天風呂は小さかったなぁ〜
風景も見えないし、やっぱりぬるい。
まぁヌルいの好きだけど、ここまで来るのに身体が冷えちゃうので、もう少し熱くてもよかったかな。

男湯はもう少し大きいみたいですよ。

身体を温めようとゆっくり入ろうと思ったんですが、もらい湯で2人が新たに来て、ちょっと狭いので早々に退散。
もう少し大きかったいいのになぁ〜
ちなみに洗い場というかシャンプー類は置いてますが、もちろん外。
おまけにこれまた湯船に大変近い場所なので使い辛いです。
身体や髪は内湯で洗うほうが無難ですよ〜
もらい湯に来ていた1人が洗ってたんですが、寒いからキャーキャー言ってましたw

ちなみにもらい湯とは。
宿泊者に限り、福地温泉全12軒のうち10軒どこかの露天風呂に入れます。
小さなお宿が固まっている温泉地ならではのサービスですかね。
私は残念ですが露天風呂オンリーなので利用しませんでした・・・


お次は夕食。
希望すれば囲炉裏のある場所でもお食事可能との事ですが、今回は小さな子供がいるので断られたそうです。
子供いたら火は危ないですもんねぇ〜
大きな広間にてのお食事。

普段は山の幸と飛騨牛がメインで、飛騨牛のたたきなんかが美味しかったと義父が申していたのですが。
牛肉、色々問題ありましたよねぇ〜
だから飛騨牛は陶板焼きだけでした、残念。


後から何品か。
鮎の塩焼き。


それとこれも美味しかったからお写真撮った記憶があるのですが・・・
うぅ〜ん、何だったかな・・・
美味しかったですよw

お品書きがなかったので覚えが悪い・・・スミマセン。


同じく福地温泉の草円さん
こちらは囲炉裏を囲んでのお食事ですよ〜

福地・知多旅行 Part.2

March 25 [Sun], 2012, 22:38
【1日目】No.2


白川郷を後にし、順調に福地温泉へ到着。
いや、私は順調だったけど、前を走る義父の車が軽くスリップした時には焦ったぜい!
義父の車に乗ってる義兄の家族も一気に起きたと申してましたw
ま、大事なくてよかったです。

お宿は【福地館】というお宿。
個人的には福地温泉と言えば【草円】とか【かつら木の郷】とか【長座】とか行ってみたかったんですが、【福地館】さんです。
以前、義父たちが利用して大変気に入ったそうで。
ここへのお泊りが目的の旅行でございました。



福地温泉全体としては特に温泉街がある訳でもなく、山の麓にある本当に落ち着いた雰囲気でした。


お部屋はごくごく普通、純和風なお部屋。
何年か前にリニューアルされてるようで、トイレはちゃんとありましたよ。
お風呂はありません。

しかし全12室ととっても小さなお宿。
静かなお宿なんで義父たちは気に入ったんでしょうね〜


お部屋から見える景色は個人的には非日常的。
雪を見てると本当に時間がゆっくり過ぎていく気がします。


続きましてお風呂〜
到着時、まだ私達しか居ないという事を聞いたので急いで行ってきました。
内湯と露天風呂があるのですが、場所は別。
とりあえ最初に内風呂へ。

おぉ〜!小さい。
脱衣所も他人がいたら不便なぐらいのスペース。
でも1人だったので快適。
まぁ〜なんというか親戚のオウチでお風呂に入る感じかなw

洗い場は3箇所ぐらいかな。
でも湯船に近いので気を使わなきゃ湯船に泡とか入りそうでドキドキでした。

お湯は少しヌメリのあるお湯でいい感じでした。
冷えた身体が温まります。


yaplog!広告
Google

WWW を検索
blog内を検索
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像saki
» 名古屋旅行 Part.9 (2012年02月05日)
アイコン画像turn
» 名古屋旅行 Part.9 (2012年02月03日)
アイコン画像saki
» いまさら・・・w (2012年01月26日)
アイコン画像saki
» いまさら・・・w (2012年01月26日)
アイコン画像sally
» いまさら・・・w (2012年01月23日)
月別アーカイブ

楽天で探す
楽天市場