GOD BLESS YOU〜One Night Dejavu〜 

November 03 [Mon], 2008, 18:48
昨日、ONDのDVDを2枚、観ました。

DVDを手にしてから、ドキュメントは一度観ていたんだけど

LIVE本編は観ずに、ずっと棚の中に有りました。

何故昨日だったのか、自分でも不思議だけれど、

「STORM」を聴いて、「STORM」のLIVEバージョンを聴いてたら、

はっとして、DVDに辿り着きました。


20071224、この日、私は確かにあの場所に居た。

けれど、DVDを観て、あの日、ステージと客席が遠く感じて

観えなかったものが、こんなにもあったんだなって思いました。

遠く感じていたのは、私の心が「そう決めつけていたから」だったんだ。

東京ドームの会場の中で、みんなは、LUNA SEAは、こんなにもひとつになって

混ざり合っていたんだ、と。


それに、みんなの表情がこんなにも輝いていたなんて。

モニターでは観ていたけれど、客席もステージも関係なく

「LUNA SEA」としてこんなに空気が澄んでいる中に居たなんて。

そう感じました。

あの日、みんなで創り上げたLIVEは、「奇跡」以外の何物でもない。

そしてあの日を、心の中に「日常」を歩いてゆく。

だからずっと終わらない。

生まれた時から、ずっと永遠なんだって思いました。


そして、心の底から思いました。

神様、私に、私たちに、

LUNA SEAを、ありがとう。って。

同じ時代に生まれて来れて、ほんとうによかった。

そう思います。



そしてこれからも、ずっと一緒に生きて行くんだって

思いました。

HAPPY BIRT DAY DEAR SUGIZO☆ 

July 08 [Sun], 2007, 12:53
2070708、今日は杉ちゃんのお誕生日。

この一年が、杉ちゃんにとって、素敵な一年になりますように。

この一年も、素晴らしい音楽の洪水と
ヒカリに溢れてますように。

生まれてきてくれて有難う

生まれてきてくれて有難う


ココロから
感謝をこめて


そして、出逢いに感謝を込めて。


HAPPY BIRTH DAY 杉ちゃんvvvv

楽しみなこと☆ 

June 20 [Wed], 2007, 14:06
楽しみなことをたくさん書いてみよう!

今一番の楽しみは
S.K.I.N.の活動です★
6/29もきっと凄いことになるんだろーな♪
音源もすっっっごく聴きたい!!!!
物凄い楽しみ!!!!

それから、BUCK-TICKの新しい音源とこれからのLIVE。
7/7七夕は、土屋さんと一緒の出演☆
土屋さんを生で観たのは恵比寿のトークショー以来。
JとBUCK-TICKもすっごい一生モンのLIVEだったと思う。
(2階席に今井さんが居てJを皆と一緒に観ていたなんて
嬉しすぎる☆パイロマニアでも着火☆も綺麗だったな〜♪)
7/7も凄いことになるだろう〜な。
そして9/8のイベントも一生もののイベントだぁ〜〜!!
そしてこれからのBUCK-TICKサウンド。
たまらなく楽しみ★


YUNA+RUIも、すっごく楽しみ。
ROCKサウンド…どんななんだろう…。
アコースティックでスピリチュアルで心が洗われるような今までの世界観と、また一味違うのかな?
7/21は、実は、弟がドラムをやってるBANDの初のワンマンLIVEに母と参戦(笑)なので行けないけど(>_<)
これからの活動がとっても楽しみ。
笑顔が素敵なソン君、YUNAとどんな音を生んでくれるのかな☆

7/1のHeartも今までと違う場所だし、きっとパワーUPしてるんだろうな。

それからまだまだ沢山あって書ききれない位あるけど
ALvinoメジャーデビュー&アルバム発売決定、おめでたい!!
アルバム買わなきゃ!!翔太くんのボイスブログも毎日楽しみに聞いています。翔太くんの目を観ていると、ポジティブパワーに溢れてて眩しい。
AngeloのDVDも買わなきゃ!内容、一体どんななんだろう。
Angelo、キリトのチケットはいつも争奪戦だなぁ〜!熱気も凄いんだろうな(^-^)FOOL'SのオマケDVDを観ただけでも凄かった★
LM.C。アイジもまあやも、FANと一緒に音楽をめっちゃ楽しんでるのがビッシビシ伝わってきてほんとに楽しいBANDだって思う。LIVEも最高☆
8/22、取れていればまたあのステキワールドに遭遇できるんだろうなぁ。LIVEのテンション半端ない。それに、LM.Cって、CD出す度、LIVE重ねる度、私が感じるのは進化してるすっげぇ!ってこと。
それもFANと一緒に。それがLM.Cの魅力でもあるな〜って私は思う。


密かに楽しみにしていることは、SUGIZO参加の六ケ所本。どうなったかな。先日のDIE-INでも、魂で繋がった感があって、とっても興味深かった。

六ケ所の問題も地球温暖化の問題もいろいろ含めて、
星にとって、私たちが出来ること、一人一人が出来ること、ほんとにささいなことでも、何かアクションを起こそう、そうゆうパワーを
やっぱり、ここ数年、私は今までになく感じて来たなぁ。

最近、コンビニやスーパーで、マイバッグをたまーに忘れてしまうと、その度に地球の温度が一度上がってしまう不安に駆られるようになって、今は、どんどん温暖化に対してのアンテナがメディアでも高くなってきて重要視されてきてて、みんなが力を合わせて、少しでも地球に環境に、未来にいいエネルギーを与えられるといいな、と思う。


話は飛んで(笑)ゲーム。
最近ゲームからかなり離れていたけど、FF7のCRISIS CORE!!!
めちゃ楽しみです!!!
CGもどんどんキレイになって、ホントに凄い。
ゲームだけじゃなくて、またDVD化とかされればいいのに(笑)なんて思ったりしちゃいます。セフィロス大好き。クラウド大好き。GENESISは、ゲームでどんな感じなんだろう。
OFFICIALのPVかっこよすぎる…。→http://www.square-enix.co.jp/ccff7/

なんか今日は熱く語りまくったゾ!
もう23:00だぞ。まだ23時、かな(笑)最近22時には寝床についていたので、今日は夜更かしな感じ(23時で…/笑)

HPもそろそろ改装します。
MENU画面だけかもだけど。

本も出したいなぁ。
そして、ココロも体も健康で在りたい。
楽しみがあるってことは、いいことなんだ。

おやすみなさい。

Merry X’mas!! 

December 25 [Mon], 2006, 1:52
SHIBUYA BOXXにSUPER LOVES限定イベントに行ってきました。

毎回LIVEの日記を書くときはそうなんですけど、言葉にしちゃうと、なんか勿体無いような、追いついてこないような(言葉がこころに)気がして、でも、残しておきたいって思うので、書きます(笑)

今日のLIVEはで感じたこと…、杉ちゃんの唄って、魂に直に触れてくるんだなー…。
なんだか心臓の奥の方、…記憶の彼方の方、しみこむような感じでした。
DEAR LIFEのでだしのやわらかい歌声で、まるで魂を抱きしめて貰えたような感覚でした(涙)
唄だけじゃなくて、ヴァイオリンもギターも、…もしかしたら、杉ちゃん自身が、魂で奏でているから、私はそう感じたのかな?


今日のセットリストは、凄く豪華でした♪
そして、その曲ごとに、ステージからあふれる世界が、パーっと変わる感じがしました。

懐かしい曲も嬉しかったな(>_<)<「LUCIFER」
カバー曲も、昔ある方に提供したという曲も、どの曲も凄くよかったです(>_<)
今後、このイベントみたいな形でのLIVEを、またたくさんやりたいっていってくれて凄く嬉しかったな〜!楽しみです!!!


来年の活動も、ホントに楽しみです!
LIVEで少しお話していた、ジュノ・リアクター氏のギタリスト、すっごいですね!!!!!(*^^*)
海外でのTOURには参加できないけど、TOURの様子がどんなだったか、WEBなどで知れるといいな〜☆…いつかまた来日公演があったら、いきたいな(>_<)

今年もだけど、来年も、そのときそのときの、輝いてる杉ちゃんを私は、感じていけたらいいなって思います。

今日は、凄くスペシャルなクリスマスでした(^^)
会場限定のCDも、かっこよかったです!!!

宝物です(>_<)☆



…やっぱり、言葉では表現しきれてないや(^^)
今日は素敵なLIVEを見れて嬉しかったです。
ステージのみんなも輝いていて素敵でした(^^)

音楽って、不思議だな。

距離とか隔たりとか、なんかそうゆう「形」のようなものが、消えてなくなって、もの凄く近くなって、ああ、全部がつながってゆく。。。って感じるから(^^)



今日のすてきな時間に感謝です。

メリークリスマス!!




20061021。 

October 21 [Sat], 2006, 1:48
約半年以上も、ここは更新してなかったです。
ここの日記に関して、自分自身でいろいろ思うことがあって、なんだか、「等身大ではなかった」ような気がします。それでも、ここの記した気持ちは本物であって、わたしなんだと思います。
えー、いつも通り、意味不明なんですけど相変わらず(苦笑)

ここの日記で、「書きたいな」と思うことは、胸の中に、ぼんやりと、最近あって、…でも、輪郭があまりにぼんやりしてたので、書かなかったんですが…。(って、誰か読む人が居るのかは謎なんですけど;)


今日は、今井さんのお誕生日です。
だから、ここに辿り着きました。

私が書きたかったことは、ありのままの想いです。



改めまして(笑)
10/21、今井さん、お誕生日、おめでとう(>_<)!!
私にとっては、カリスマで、そして…天才ギタリスト、です。

これからも、今井さんの世界を奏でていってほしいなと思います。


HAPPY BIRTH DAY!です♪




私が、バクチクに出会ったのが、約16年前です。
昔も、今も、そしてこれからも、私は、ずっと変わらずに「FANでいたい」と思います。
私が、BUCK-TICKと同じ時代に生まれてきて、そして、音で繋がった出逢いをしたことも、きっと、何か意味があるのだと、思います。
十代を一緒に駆け抜けたこと、二十代も、心に在ったこと、そして今も、私は、その存在に救われているなぁーって、ファンの戯言だけど、そう思います。

百人いれば百通りの、一万人いれば、一万通りの、アーティストへの想いがあると思うのですが、私も、そのなかの、ひとかけらであれることが、嬉しいです。

これからも、ずっとずっと、…BUCK-TICKにしか生めない世界を、創っていって、奏でていってほしいなと思います。新しいアルバムも楽しみだなぁ〜(遠い目…)。


ただ、一緒に、音楽を共有できること
一緒の時代に生きることができること

そう巡り合わせてくれた、この世界に、感謝です。



そして、私は、…この16年間の間に、出逢い、別れ、そして出逢いを繰り返しました。


電撃的で衝撃的で、まるで、摩擦がどこかで起こっているような、LUNA SEAとの出逢い。
BUCK-TICKが導いてくれた、もうひとつのバンドとの出逢い、PIERROT。

今、思い返しても…、どの時代にも息吹が、あって…。
簡単な言葉で表現してしまうと、あとから、言葉や想いがドーっと溢れてきてしまうので、こわいですが(苦笑)…。
なんとなく、ここ最近考えてたんですけど…(ハイ、アクマでまた自己満足な想いですけど;)
BUCK-TICKが母なる存在、LUNA SEAは…、私の体の一部分だったと思います(ハイ、ルナシーは、ルナシーのものですけど、なんというか…難しいなぁ…)、そして、PIERROTは、弟だったんだと、思います。(はいもう、FANって勝手ですね言いたい放題ですけど/汗)
…って、今文章にしてみて、「そっか、」と改めて、しみじみ(<え…;)


想いが大きければ大きいほど、深ければ深いほど、傷つくその傷も大きく深いです、
そして、幸せだと感じることも、とても大きいです。


音楽って、何かなと、思うことが、ふと、有ります。
音楽に、国境はなくて、言葉ですれ違うことも、傷つけあうこともない。

少し前に、心のすごーく奥の方で、勝手に、自分的発見をしました。
世界がなんといおうと、誰かになにかを言われようと、
私のなかで、絶対的な「そうなんだ」という確信は、
音楽は、この地球上で、総てを、超えるもの。
そして総てだと、思ったのです。
人間の心臓−リズム-と一緒に、永久に生き続けていくものなんだろうな、と思います。

命があるから音楽がある。
人がいるから音楽が在るのだと、思います。

…それはほんとーに私の自己完結な哲学ですが、それでもいいんです。
…言いたかっただけ…(笑)。

出逢いの先に音楽が、音楽が音楽を繋ぎ、笑い泣き、闘いがあるから音楽が生まれ、
人と人は、音に還ってゆくのだと、思います。
次の時代も、私は音に出会うと思います。
根拠はないですが、絶対です(笑)。

…私にとっては、…きっと、だから…
EARTH=MUSIC。
なんだと思います。

あー、なんか書いていてスッキリしました。



昨日は、マイ父のお誕生日でした。
今井さんと一日違いの、てんびん座のパパです(笑)
そして、Jと10日違いの、しし座の母から、私は生まれました(笑)
そんな私も、もうすぐ、お誕生日です。
年はとりたくないです。
でも、どうせ年をとるなら、ステキな、お婆ちゃんになりたいですね(爆)。
しわしわになっても、ヨボヨボになっても(笑)
いつまでも、感性豊かに、空を見て、「きれいだー」って泣いちゃうような、そんなお婆ちゃんに。


あと50年位したら、そんな感じかな。

そして、音楽と生きていると思います。
子供にも、孫にも、音楽が流れているといいなと思います。


なんだか、こんな日記を書いていますが、
書きたいことが書けてよかったです。

まだまだ、言いたいこと、書きたいことは、書いているうちにも溢れて来るんですけど(^^;
それは、また、あとで書こう。

今と、これからと、その4。 

May 03 [Wed], 2006, 23:01
下の続きです。

私は、どうありたいんだろうと、ここ最近思っていました。

自分の感情…心に、素直にありたいと思いました。
泣きたいときに泣いて、なんか違うと思ったら、抑え付けず、
怒りたいときは怒って、じゃないと、笑いたいときに
笑っていない気がします。

笑顔が最高な人は、心に嘘をついてない証拠かも知れませんね…。



大切な世界に、大切な音楽に、感謝して、そして、いつまでも光が降り注ぐように、曇りなく祈れること、
これからも、大事なメッセージをキャッチして、一緒の時代を歩いていけるように、

そして、
また、同じ空間で、大切な人達と一緒に
心から笑い合えるように。

自由を、笑顔を、本来の輝きそのまま
を、願って。


そして、私自身、もっとでっかく成長しないと(笑)

以上、節目について(あれ/笑、そうだったかな:)
今と、これから、についてでした。

今と、これからと、その3。 

May 03 [Wed], 2006, 22:32
The FLAREは、これからDVDを申し込みますが、あの日の宝物のような瞬間が、カタチに残って、手にとれるのはとても嬉しいです。
PIKADON、初めて行ったアースデイで、とても強烈で、音楽、アートの重要性をガーンを教えられたLIVEで、そして、とても気持ちよかったLIVEです。野外も気持ちよかったです(*^^*)
それから杉ちゃん曰く「SUPER SHAG!」(笑)。まさにSUPERでした(笑)これからも、このエイジアの素敵なパーティは、素敵に進化していくんだろうなって思います。なんで、漠然とそう感じたのかなって思ったんですが、(これまた私の勝手な見方?ですが/汗)心底、「音楽を楽しんでいる」からなのかなって思います。ステージの皆が、そして会場の皆が、そして、私も一緒に、心地よい「気」に包まれて、…って書いてるウチに思ったんですが、エイジアのLIVEの名前、まさに、それだぁ!今感じたのは、と(^^ゞ
次は7月だそうです!すっごく!すっごく楽しみでなりません。
S.T.K、やっぱり好評だったみたいですね〜*すっごく良かったもんなぁ(^^)

それから、杉ちゃんの「唄」。
アストロで、聴いて、やっぱり、愛しい声をしてるんだなーって思いました。
ラジヲでも思ったことですけど、杉ちゃんは、凄く感情が、ブワーって外へ解放されてるように思えて、あ、声だけじゃなくて、目もでした(笑)
ラジヲとライブだけじゃなく、VOSもです(笑)

感情や想いが、滲み出てて、それが杉ちゃんなんだな、って、当たり前かも;ですが、想います。


文字数制限越えたので上につづく。。。

今と、これからと、その2。 

May 03 [Wed], 2006, 21:51
下からの続きです。

The FLARE、アストロでのアコースティックなライヴ、アースデイ、クラブエイジア。
どのシーンでも、その時の瞬間に生まれる大切なものと一緒に歩ける喜びがあるから、
これからも、きっと光っていくんだろうなって、思います。


去年の8月の、SUPER LOVES DAYで、杉ちゃんが言っていた「違いを超えて」の言葉の意味を、
日常やLIVEの様々なシーンで、私なりにですが、「こうゆうことなのかな?」と実感する時に遭遇します。

育った環境、今おかれている環境や状況、
見ているもの、感じ方、言葉の出方、時間の前後のズレ、
ほんとうに小さなことまでも、違って当たり前なのに、
その違いで、どんどん、遠くなったり、積み上げても積み上げても、また同じ所をグルグル回っているような感覚だったり、
100人いれば、100通りの世界。
けれど、だからこそ、つながるって、凄いことで、
でも本当はとても純粋な、元のカタチかもしれなくて、

うーん、書いているウチに、なんかややこしくなってきたような(汗)

だから、その「違いを乗り越える」ということの、物凄くピュアなのに、なんだかとても難しく険しい道のりに思えるのは、…それは、何故なのかは、私自身のココロにあるのかも知れません。

LIVEで、目が醒めるんですよね(^^ゞ

The FLAREのラストライブと、その少し後で、私は、何かを手放して、何か、押された気がして、振り返らず、今は前を行くことで、有難うを伝えたかったと思います。
それは、かなり自己満足かも知れないですけど(^^;

どの場面でも、私がここ最近で、足を運んだLIVEは、いつも大切「光」が溢れていて、救われて来ました。


で、まだ上に続きます。

今と、これからと 

May 03 [Wed], 2006, 21:21
こちら、久しぶりの更新です(^^ゞ
The FLAREのラストLIVEの日記以来ですね。
先日、SUPER LOVESの会報が届いて、
色々感じたことが、私なりにですがあるので
書き残したいなぁと思います。

2006年になって、今はもう5月です。
The FLAREを通して、教えて貰ったこと、経験、音、一緒に歩いた時間。
それは、私にとって、今の私にとって、とても大きいことの気がします。
以前、杉ちゃんが、ラジヲで「節目番長」と自分の事を言ってましたが(笑)
あの日のラジヲの杉ちゃんの声は、今でも憶えています。
とても、あったかくて優しい声で、そして「これから」を向いているんだなと実感させられるような、
声でした。あの日のラジヲも、私にとっては節目でした(^^ゞ
節目…別れを惜しむのではなく、その経験によって、とても豊かになるよね、と
教えてくれたラジヲで、私は、歩幅を合わせることが出来たと思います。

それが、アースデイです。
(おや…?か、会報からずれていますね/汗)

後ろばかりを振り向いて、あの時はよかった、あの日に帰りたい、ではなくて、
私は、今を一緒に歩いて行きたいと、
とても純粋な気持ちで、そして色んな情報を取り入れたり、何かちっちゃいことでも実践出来るのが嬉しくて、音楽だけじゃなくて、(うーん言葉がちょっと違うかも;)音楽を通して、そしてもっと広く、そしてとても大切でピュアなことでも、一緒の時代に生まれて同じ星で呼吸してる者同士、つながれる気がして、凄く嬉しかった「地球の日」。
あの日、とてもいいお天気に恵まれたのも、地球からのプレゼントだったのかもしれないなぁ…なんて(笑)

そして、アースデイをキッカケに、私が今まで知らなかったあまり触れていなかった地球の環境のこと、地球の為にできることは、私が、同じアンテナをもっていなくて、気付けなかったのだと思いますが、杉ちゃんは、ずっと前から、発信していたのだと思います。
丁度一年前のセフィロトの日記を読んで、今、深く頷けるんだ私は、かなり遅いゾ(^^;と。

先日のクラブエイジアのリユースのカップも、大切さを実感しながら、カウンターにカップを戻すのがなんか嬉しかったり(笑)

ハイ、会報からずれてますけど(汗)文字数超えそうなので上に続きます(^^ゞ

Living on the Guiding Light、その4。 

March 26 [Sun], 2006, 1:44
私は、先が見えないような感覚に陥って、音楽が、体に流れ込むのが、なんだか少し苦しかったです。

これで、このままLIVEに行って、私は、本当にこのままでいいんだろうか、って思ってました。
とても重要で、もう2度とない瞬間なのに。って。

でも、目の前の真実が、そうゆうモヤモヤしたものを取り払ってくれて、
私は、何を見間違えてるんだろうって思いました…。

音楽と杉ちゃんは、ひとつなのになって。
そして私も、その会場だけじゃなくて、これからも、杉ちゃんが奏でていく音楽と、一緒に歩いて、
皆と一緒に築いていくんだって。
切り離してじゃなくて、全部繋がってて、…全部繋がってるんだ。


そして、思ったことは、
私は音楽の鳴らない世界でなんか、生きていきたくない。

いつも、音楽を、心や、魂で感じながら、カタチを超えて、色んなものを超えて、
音楽を通して、いろんな出逢いも、色んな体験も、
いろんな勉強も、…全部に、音楽を感じながら
生きていけたらいいなって思いました。



そして、それを教えてくれたのが、杉ちゃんだと、思います。

音楽との出逢いって、
なんか、…私には、必然だったんだなって思います。


The FLAREに出逢えて、私は、まだまだ、未熟だけれど、
いっぱい学びました。
そしてかけがえのないものを沢山、ステージからだけじゃなくて、
一緒に時を歩いているっていう、実感と共に、
本当に色んなものを、貰ったんじゃないかなって思います。


出逢えて、とても嬉しかった。
そう思います。

この出逢いに感謝です。

3/24はDVDになるそうです。
今から、とても楽しみです。
会場で貰ったアンケートに書いた名前がクレジットに掲載されるそうなんですが、
そんな所も、FLAREの優しさだなって思いました。
凄く素敵な企画だと思います。

なんか、長くなっちゃったなぁ(笑)

上手く言葉に出来なかったですが、
本当に沢山の感謝が生まれたのでした。
2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ash007
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:10月28日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
    ・アート
読者になる
カテゴリアーカイブ
Yapme!一覧
読者になる